ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

結局

 また少し遊んでしまった…。

 とはいっても、バビリム城門に行って麦農家クエを発生させて、シャドウウルフを4~5匹狩っただけなんだけど。
 せっかく両手装備用のスキルを取ったから、その試し斬りもしたかったことだし。
 しかし、このへんのモンスターを狩ってると、みるみるうちに経験値がたまるなぁ。レベル10のオオカミとレベル11のネズミじゃ、こんなにも違うものなんだろうか。これならもっと早いとここっちに来といておけばよかったか。

 ほんの30分ほど遊び、自分にとってのオープンβテストはここで終了。麦農家近くの風車の前で、テストを終えることにする。

オープンβ最後

 じゃ、また正式版で。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:2 | トラックバック:0 |

塔を巡る長い一日

 昨日は早朝までプレイしていたにも関わらず、今日は昼過ぎにはプレイ再開。
 とりあえず30分ほど狩りをして、レベルを13まで上げる。当面のカンストまであと一歩。他の人々となるべく同じぐらいのレベルには追いつきたいからなぁ。

 しかし、ここまでレベル上げを続けていると、何か変わったことをしたくなってくる。
 ふと、狩りをしている他の人を見ると、両手剣や両手斧を装備してる人を多く見かける。確かに、最近の戦闘で感じるのは、敵をズルズルと倒しきれないまま攻撃をもらい、無駄にダメージを受けているイメージ。なるほど、ならば盾(=防御力、Block)を犠牲にしても攻撃力を上げるというのもアリかもしれん。
 とりあえず街に戻り、攻撃力を重視して一番高い両手斧を購入。意気揚々と平原に戻り戦ってみるが…ヒートスラッシュが使えない。あれ?でも他の両手武器の人は、スキル使ってるのに。もう一度街に戻ってみて、書物(?)を売る店に行ってみても、両手武器用のスキルは売ってない。あれ、どこで手に入るんだ?

 そうこうしているうちに、いつもの冒険仲間である旅人さんから声をかけられる。そろそろ5階の鍵クエをクリアしようと持ちかけられ、今日はそれに挑むことに。また、ほぼ時を同じくして、このブログをよく見てくださっているKarinさんからも声をかけられる。レベル上げに誘われるが、先に旅人さんと約束したので、そちらを先にすることに。
 だが、今日は他の仲間が誰一人入って来ない。かといって、攻略方法もよく知らない我々二人が野良で3人を見つけて、5階に向かうのもどうだろう。
 思案した結果、Karinさんを鍵クエにお誘いすることにした。快諾していただき、まずは一安心。
 その後、野良でドルイドを一人、Karinさんの仲間である手練れのソルジャーを一人加え、いざ5階へ!


 さて、簡単に“鍵クエ”と言ってきたが、じつはその正体がよくわかってなかった。
 具体的に何があるのかというと、ラジャフの村で発生するクエ「解呪の宝」に必要なアイテム「解呪の天秤」。で、それを使うと鍵が手に入り、それをもってクエ「解呪の宝」がクリアできるとのこと。それをまとめて“鍵クエ”と呼んでるらしいのだ(つまり5階で鍵が手に入るわけではない)。さらに、さっきまで悩んでいた両手武器用のスキルも、最終的にはこのクエをクリアすると手に入ることになる。あー、そういうことか。
 で、ひとまず5階に行くために、ほかのことはいっさい無視。塔内は倒されても経験値が減るなどのペナルティが発生しないことを利用し、ともかく倒されるのを恐れず(時には倒されることも逆手に取り)先に進む。そして、鍵チームと扉チームに分かれ、鍵を取ると同時に扉を開けることで、時間のロスと余計なダメージを防ぐ。…というより、こちらのレベルが制限されるうえ、敵のレベルが高めに設定されてるので、勝負を挑むことがむしろ無駄足なのだ(経験値も入らないし)。

 こうして冒険者たちは、その知恵をもって塔を縦横無尽に駆け回る。
 …と書くと格好はいいが、実際にはこちらは手練れの方々の足を引っ張らないようにするので精一杯。とくに4階以降は自分としては未知の領域なので、内心おっかなびっくりの状態であった。

壁壊し

 これが噂の4階の壁壊し現場。とくに壁にターゲットを合わせられるわけでもないので、最初に見つけた人はスゴイと思う。

 そしていよいよ5階。
 ここは部屋の中にメイジ×4と、スライム ザ ジャイアントというアレな名前のボスがいるとのこと(いちいち書くのが面倒臭いので、以下“大スライム”に略)。
 ここの戦法は、まず一人が自分にメイジのターゲットを向けさせ、そのスキにもう一人が大スライムをおびき寄せる。そして、大スライムだけを部屋から引きずり出して、みんなで叩こうという算段だ。メイジはそのあとで、個別に対処していけば何てことはない(この階ではレベルも10になっているので)。
 しかし、これが案外難しく、先行する二人のコンビネーションも大事だしタイミングも大事。何度目かのチャレンジを経て、いよいよ大スライムとのバトル!

大スライム1 大スライム2

 サムネイルじゃわかりづらいかもしれないが、とにかくデカイ!
 そして一発の威力も大きく、稀に一撃死するほどのダメージを与えてくる。それだけに、前衛が必死になって攻撃を受け付け、後衛にダメージを行かせないようにしなくてはならない。
 一度倒されたものの、どうにかこの敵を退ける。疲れた…!

 この回はどうにか二周し、野良で誘ったドルイドの方と、そして自分が「解呪の天秤」をめでたくゲット。しかし、お手伝いくださったKarinさんたちが時間切れとのこと。もともと時間が来るまでの約束だったので、旅人さんのぶんの天秤はしばしお預けに。
 自分もいい頃合いだったので、いったんログアウトする。



 休息後、再度ログインすると、シエーレさんが来ていた。さらに遅れてバリアンさんもログインし、これであと一人誘えば再び塔の5階を伺える陣容に。
 野良でソルジャーの方を一人誘い(その方も天秤は未取得)、いざ5階へ!

 今度は先程の経験を活かし、我々が効率よく動く番。
 まあ失敗も多々あったけど(扉を開けておきながら昇り階段を調べるのを忘れたり)、順調とは行かないまでも塔を登り詰めていく。

グリーンブラックスライム

 2階に出現、謎のグリーンブラックスライム(注:レアモンとか別にそういうアレじゃありません)。

対メイジ

 4階以降で登場してくるメイジ。強敵だけど、歩いて移動するのは正直BCS的にどうかと思う。

 5階では自分とシエーレさんが釣り役になり、慣れないおかげで何度も失敗したけど、最終的にはどうにか釣り上げ、無事に大スライムを討伐。
 そして二周目も成功し、これでようやく旅人さんに天秤が回ってきたのだ。長いこと他の人が宝箱を開けるのを目の前にしてきただけに、時間はかかったけどようやく使命を終えた感じかな。

5階の鍵

 5階の鍵と、遠くに見えるのが「解呪の天秤」の入った宝箱。


 ともかく、これで長い一日が終わった。そして実質的に、オープンβテストも終了。
 明日は正午からメンテナンスで、4月1日16時からいよいよ正式版のオープンだ。
 目標のレベル14はならなかったが、4/1から新たなエリアも開放されるので、またいろいろと駆け巡っていきたいと思う。

 …これからもうちょっとだけ遊ぼうかな(笑)。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:4 | トラックバック:0 |

孤独のRunaway

 前日は風邪気味で頭痛がしてたので、結局プレイはせず。
 今日は昼過ぎから用事があったので、昼前に目が醒めたのをいいことに少しだけ経験値稼ぎ。この時間、知った人は誰もいない。孤独にラジャフ平原で狩り。

 ラジャフ平原は、前に比べたらモンスターの数がえらい増えたような気がする。
 まあ数少ない敵の取り合いでギスギスするよりかは全然いいのだが、そのぶん腰を落ち着けて休める場所も限られてくる(どこでもいいから壁ぎわにいれば、モンスターは近寄ってこれないみたいだけど)。
 あと、アクティブモンスターはレベル差が開いてても襲いかかってくるのが面倒。『FF11』とかなら、ある程度レベル差が開くと反応しなくなってくるんだけど。おかげで、単にドルアーガの塔周辺とバビリム城門を往復するだけの人が、頻繁に意味なくトレインを引き起こす。ある程度の強さになれば、倒しても大しておいしくないし、それに手間取るぐらいなら多少のダメージを受けても突っ走った方が時間のムダにならないのはわかるんだけどさ。でも、おかげで狩り場にいる人々や狩り場入口のまだレベルの低い人々はいい迷惑。せめてトレインを引き起こしたのなら、その責任くらい取って欲しいなぁ。

 やがてシエーレさんがログイン。ただ、こちらは昼過ぎには落ちるため、パーティーは組まずチャットのみ。
 そしてこちらもようやくレベル12に上がる。ついでにヒートスラッシュIのランクも5(上限)に。スキルはランクを一つあげると、それにともない消費MPもちょっと上がるけど、それ以降は消費MPも変わらなさそう。
 そうこうしているうちに時間が来たので、村に戻って落ちる。

★  ★  ★

 なんやかんやで、外出から戻ってきたのが日付も変わった頃。
 あわててログインしてみるものの、またもや知った人は誰もいなかった。まあ仕方ないと思い、そのままラジャフ平原で狩りの続き。

 …しかし、一人の狩りはとにかく単調だ。
 ちょうど土曜日のこの時間は、毎週聞いてるネットラジオがあるので、せっかくだからとゲームのBGMを切り、ネトラジを聞きながら狩りをする。ああ、これはいい塩梅に退屈が紛れる。SEさえ残しておけば、ゲームに支障が出ることもないし。
 2時過ぎにはそのネトラジも終わったので、さらにWinampを立ち上げて適当なBGMを流しつつ経験値稼ぎ。これだと、例えば今聴いてるアルバムが終わったら切り上げよう、とか自分の中で歯止めが利きやすくていい。
 経験値は、レベル13まで75%ほど稼いだ感じなのだが、ちょうどアルバムが終わったのと武器の耐久値がかなり低下していたので、村に戻って終了。
 …朝4時か。案外、歯止めになってくれなかったなぁ。


※オマケ

キモイ顔

 かなりキモイ角度。
 ちなみにシールドI発動直後にスクショを撮るとこうなる。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

ままならねぇ

 今日は夜中にちょこっとだけログインして経験値稼ぎ。

 しかし、そろそろ経験値稼ぎもキツくなってきた。
 ラジャフ平原で狼を中心に、レベル9~10のモンスターを狩ってるのだけど、正直実入りはあまり良くない。
 まだ城門方面には行ってないけど、パーティー組んで城門で稼いだ方が実入りはいいのかな。前に一人で城門に行ったところ、ヘビに全く攻撃が当たらなくて倒されたことがあったけど。まあ今度行ってみるか。

 あと、相変わらず武器がすぐに壊れてしまう。
 今日だけで2回もバトル中に壊してしまい、その後のフォローが大変だった。回復薬飲みながら、3前後のダメージを地道に与え続けるしかないからなぁ。面倒臭い。
 なので、

2本目

 2本目の武器を買ってしまった。
 元々ハーベストシックルを使っており、こちらの方が攻撃力も高いし、さらに器用さも+4される。ただし、耐久値は66。
 一方のブロンズコピシュは、攻撃力こそ少し劣るものの、耐久値は82。

 …16しか耐久値が違わないんだけど、どんなものなのかねぇ。
 とりあえず一度ブロンズコピシュのほうを使ってみて、今後購入する武器の方向性も考えてみようかな。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

3階踏破

 今日はいろいろと公式な情報の更新があった。
 正式サービス開始日が4/1 16時~に決定したり、今後のロードマップが発表されたり、“怒塔の”イベントとかキャンペーンがあるそうだし。しかもアイテムショップでお洒落装備「ギルなりきりセット」が出るらしいし(カイはリアルマネー3990円なのに…)、いろいろと情報が盛りだくさんだ。
 そんな中、自分はレベル上限が14であることすら知らずにのほほんと遊んでいる次第。でもまあ4/1までにはレベル上限に達するんだろうなぁ、きっと。


 さて、今日は最近ちょっと夜遅くまでやりすぎなので、ほんの少しだけ遊んで落ちようと画策。
 ちょうどいつもの方々も塔に登ろうという話になっていたそうで、ちとワガママをきいてもらい、とあるクエを達成しに3階へ行こう、と言う話でまとまる。同じく3階目当てと言うことで塔周辺で初対面の方(Mさん)に声を掛け、万全の5人パーティーでいざ登頂!

 2階では、ブラックスライム2匹を倒すとグマって宝箱が出るが、今回これの中身が
【フェザームーブの古文書】
 …またかよ!これで俺が関わったパーティーで3連続だよ!Mさんも驚いてたよ!
 これはもはやイシター様のご加護どころか、ドルアーガ様の思し召しかもしれんね。ちなみに古文書は、友人が欲しがってたというMさんに進呈。

 そして3階。3階というと、アレだ。

ブルーナイト

 あいかわらず無駄にやられポーズに力がみなぎっているブルーナイト。3階のクエはこいつが鍵を握っているということで。
 クエを達成するためには、部屋の奥にいる魔素の管理人・バーキルに話しかけて、クエを発生させてからブルーナイトを倒す必要がある。作戦としては、一人がモンスターを引きつけている間にクエ未発生者がバーキルに話しかけ、クエが発生したら急いでモンスターを倒す、というもの。自分含め5人中3人が、まだクエ未発生だったので、すでにクエを終えたシエーレさん・旅人さんが引きつけ役に。
 …ところが、てっきりブルーナイト×2~3だと思っていたモンスターが、なぜかブルーナイト1体にグリーンスライム×2という編成に。状況的にはラッキーなのだが、予想と違う事態に面食らってしまう。それでもバーキルに話しかけてからモンスターを全滅させ、無事目標達成。もらうものももらい、揃ってクエストクリアとなる。

お前のせいだ!

 …あんたさえもっと階段近くにいてくれれば、ねぇ。


 ともあれ、今回の作戦は無事完遂したので、4階にたどり着いてすぐに塔を脱出。
 次は5階にあるという鍵クエストをみんなで狙うそうだけど、これの下準備が色々と大変らしい。パーティー全員がある条件を満たしてないといけないとか何とか。
 まあそれは時間があるときにしかできないので、週末あたりが狙い目かな…。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:2 | トラックバック:0 |

お礼も言えない世の中

 今日も昨日の続き、ラジャフ平原でちまちまと狩り。
 なんとか武器を壊さずにレベルアップできるかな、と思いきや、見事なまでにヘビ退治中に耐久値がゼロに。おまけにその最中に別のヘビに絡まれてしまい、不本意ながら逃げることに。壊れた武器だと、1発で1しかダメージ与えられないから、どう考えても時間がムダにかかりすぎるしなぁ。救っていただいた方、その節はありがとうございました。
 それでも、いったん村に戻って武器を修理し(非常用の武器を倉庫から引っ張り出すのも忘れず)、さらに狩りを続けたおかげで、どうにかレベル11に。しかしソロだとかなり上がりにくいな。


 で、平原で狩りをしてると、たまに辻バフだの辻ヒールだのをいただく。
 大変有難い。
 有難いのだが、お礼が言えない。
 なぜなら、

システムメッセージ

 こんな感じで、誰がスキルを自分に使ってくれたのか表示されないのだ。
 設定いかんで誰がスキルを使ったのかも表示されるみたいだけど、それって多分、周囲の使ったスキルが全部表示されちゃうんだろうし。
 平原にはバリアンさんもいて、バリアンさんからもバフをかけてもらったんだけど、当の本人と会話するまでそれをかけてくれたのが誰かわからなかったし。
 これ、要望も出したんだけどなぁ。さすがにこの仕様はどうにかして欲しい。せめてお礼はしたいし、ねぇ。


 そんなこんなで日付が変わる頃に狩りを終え、村に戻ったところで塔の緊急メンテのため、0時20分までにログアウトしろとのこと。丁度いいタイミングで今日はお終い。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:2 | トラックバック:0 |

小一時間の冒険

 買い物だゲーセンだで、結局帰宅してログインしたのは23時30分。
 とりあえず新調した武器をひっさげて、ラジャフ平原のクエでもこなすことに。

 それにしても、2回攻撃は本当に魅惑だ。
 買い換えたばかりの武器の強さも相まって、フィールドランナーだろうがジャイアントスパイダーだろうがズバズバと斬りまくる。気持ちいいねぇ。
 ただ、当然ながら2回攻撃しているだけの話なので、結局それがどこに跳ね返ってくるのかというと、武器の耐久力だ。今日も大蜘蛛の殻を集めるクエを2ループこなしただけで、新調したばかりの武器の66あった耐久力が残り1になってたほど。
 自分はあえて耐久力は低いが、性能の一番高い武器を買っている。これは耐久力の違いもそんなに大きなものではないからなのだが、しかし小一時間ほどの狩りでダメになるのも考えものだ。まあ今回は金も貯まったので、防具を買いに村まで戻るついでに修理したけど、これが例えば塔に何度も何度も挑んでいる最中だったりしたら、なんだかいらんところで足を引っ張りそうな気もする。

 で、本日は1時間半ほどで退散。知った人も誰もいないしね。今後も平日にプレイするときは、このくらいのペースになると思う。
 レベルはまだ10のまま。あと小一時間ほど稼げば上がるかな。


※オマケ

限界に迫る

 fc2ブログの容量の限界に迫ったギリギリショット(fc2ブログは500kまで。これは483k)。
 開くとかなり精神的に鬱陶しいことになるので注意(このままでも十分鬱陶しいけど)。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

狩って登ってレベル上げて

 昨日は結局プレイできなかったのと、今日は特に用事もなかったので、珍しく真っ昼間からチャレンジしてみる。

 とりあえず、当面はレベルを上げないことにはお話にならない。
 なので、ラジャフ街道の東端でウルフ狩りに勤しむ。意外と簡単にレベル8に。ヤングウルフならあまり取り合いにならないし、サクサク倒せるので経験値稼ぎにはもってこいかもしれない。
 …しかし、そのうちウルフ狩りにも飽きてくる。また、前回ラジャフ平原に出てくる敵を狩るクエストを頼まれたので(ヘビ狩りとネズミ肉狩り)、そっちに行くことに。

 平原にくると、さすがにレベル的に初心者はいないのだが(来たところで瞬殺されそうだし)、そのかわりちょっとイヤなプレイヤーも目についてくる。
 名前は伏せるが、あるドルイドの人があきらかに他人が交戦中の敵の横取りを狙っていたのだ。
 最初は自分がやられて、間違いかな?とも思ったのだが、よく見ると他の人に対しても、誰かが剣を交えているモンスターに対して攻撃魔法を遠くから放っている。少なくとも3回は連続で目にしたので、ああこれは意図的にやってるんだな、と思った。チートとかなら有無を言わさず通報するけど、こういうのってあくまでゲームのシステム上、できちゃう行為だからなぁ。でも、俺の近くにはあんまり寄って欲しくないと思った。


 そうこうしているうちに、他の方々もログインしてきて、塔に行こうという話になる。
 メンバーはシエーレさん、旅人さん、そして自サイトの掲示板にいらしていたバリアンさん。みんなレベルが2ケタだ。まあ自分がサボってるだけなんだけどさ。
 目標は2階の宝箱から手に入る“フェザームーブの古文書”。これを使えば、デフォルトで移動速度が少しアップするという便利なアイテムだ。プレオープンβテストで俺が使ったところ、俺一人だけ足が速くなってしまい、移動ペースが狂って大変になってしまった代物であった。
 すでにシエーレさん、旅人さんは所持済みだそうで、じゃあ二人分取りに行こうという話に。なんでも宝箱を出したとて、フェザームーブの古文書が出る確率は低いそう。ともかく速攻でチャレンジしてみることに。

酒池肉林

 休憩中のワンショット。なぜか両手に花(もしくは通販の幸運のペンダント風)。

 速攻で2階の宝箱を取る手立てとして、「1階は宝箱を出さない」「1階の扉の前に一人配置し、残りの人員が鍵を取りに特攻して、鍵を取ると同時に上の階に行く」「2階で宝箱を出したら、すぐに塔パーティーを解散して強制的に塔を出る」といった手立てを利用するとのこと。なるほど、確率が低いのなら、何度も挑戦するしかないしなぁ。
 ところが不慣れな俺が足を引っ張ったりしつつ挑戦したところ、

  【1回目】フェザームーブの古文書
  【2回目】フェザームーブの古文書

 …なにこの幸運。まさにイシター様の思し召し!
 そんなこんなで、わずか2回で目標達成。折しも18時からメンテナンスが入るとのことで、丁度良いタイミングなのでパーティーを解散させることに。
 自分はその足でまた平原に向かい、ちょこちょこ敵を倒しつつメンテ5分前の段階でレベル9に昇格。そのままいったん落ちる。


 メンテは珍しく予告通りの時間に終了。
 そういえば平原の山小屋(?)でクエが発生したなぁと思い、クエを発生させつつクモ&コウモリ狩りを行う。
 その最中、

プレデターウェブ

 こんなモンスターが。いわゆるレアモンスターってやつ?

 さらに食事中断を挟みつつ、再開後はビール片手にちまちまとモンスターを狩り続け、ようやっとレベル10に到達!
 レベル10になると、ソルジャー(戦士)は通常攻撃が2回攻撃になり、単純に考えても攻撃力が倍増するのだ。これはいい。ヤングウルフなんかもバッサバッサとなぎ倒せ、もはや敵じゃないぜ!(レベル差が開きすぎて倒しても経験値が入らなくなったので、本当に敵じゃなくなりました
 さっそく村に戻って、レベル10謹製装備であるハーベストシックルと盾とアイアンロリカを購入。…しかしアイアンロリカは、なんで鉄なのに青いんだろう。おかげでパッと見、全然変わってないように見えてしまう。


 こうして長い一日は終了。けっこう気分が乗ってきたなぁ。
 あと、スクリーンショットはjpgだとかなり画像が劣化するので、今度からbmpで保存することにします。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

辺境警備隊

 3月21日17時より、いよいよ本格的にオープンβテストが再開されたのだが、今日は仕事したりゲームしたり酒呑んだりテレビ見たりと忙しかったのだ。
 なので、夜中にこっそりとログインする。

 それにしても、今回の変更点でラジャフの村とラジャフ街道が二重化されて、それにともない-1と-2があって、アイテムモールに「ラジャフ街道-2」への移動アイテム「跳躍の書(ラジャフ-2)」を追加したので、購入して待ち合わせに使え、とのこと。
 …言ってる意味がよくわからん。
 まず1と2は同じマップだけど世界が分かれてるってこと?んで、1と2は自由に行き来できないってこと?さらに、「跳躍の書」は2へ行くのしかないけど、2の人は1に行くことができないってこと?
 …酔っぱらってる頭では理解不能なので、ともあれ狩りに出かける。


 前回の終わりにブロンズ防具を揃えて準備万端なので、とりあえずレベルを7に上げるべく、街道に出てモンスターを狩ることに。ウェブメーカー、スモールウィング、ヤングウルフあたりは弱いわりには経験値がもらえる方なので、サクサクっと倒しつつ順調に経験値を貯めていく。

 しかし、この街道にはやっかいなモンスターがいる。
 それがアダルトウルフ。この街道では最強のモンスターだ。
 もちろん強さもさることながら、一番厄介なのがアクティブモンスター(モンスター側がPCを察知すると攻撃を仕掛けてくる敵)である点。普通のプレイヤーが初めて最初に出くわすタイプなので、何も知らない初心者が絡まれては、這々の体で逃げていくという光景が、そこかしこで展開されるのだ。

 で、我々のような少しでも慣れた者が、その光景を目撃したときにすべきこと。

vsアダルトウルフ

 アダルトウルフを引きはがし、倒すことだ。幸い、ソルジャーはプロボークで簡単に引きはがすことが出来るため、その役目を果たすのはそんなに難しいことではない。
 しかし、今日は前述のマップ二重化のせいか時間のせいかPCが少なく、そのわりにアダルトウルフはよく湧き出ていたので、なんかいつもよりも追いかけられてる人を多く見た気がする。そのたびに引きはがしては倒し…を繰り返していると、なんだか辺境警備隊にでもなった気分だ。まあ経験値もアイテムも手に入るから、苦ではないんだけどさ。

 そんなこんなで、小一時間ほどでレベル7になったので、あとは少しうろついてからログアウト。
 明日は…夜に入れれば、いいなぁ。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

ようやくオープンβテスト参加

●初日:何度かメンテののち、25時~翌日17時までの16時間メンテを敢行。
●二日目:結局状況は改善されず、週明けまで閉鎖。
●週明け:3/19(水)17時~25時にとりあえずオープンβテストを敢行、とのこと。それまで引き続き閉鎖。


 そんなこんなで長いこと待たされたのち、ようやくオープンβテストに参加することができた。
 …しかし、明らかにプレオープンβの時よりも人が多い。んー、プレオープンだってID取れば誰でも参加できたんだけどなぁ。やっぱり今のデータが正式オープン時以降も残るって点で、いままで参加してなかった人を参加させたんだろうか。

 かくしてレベル1から黙々とやり直し。

すっぴん

 意味もなくすっぴん状態(装備全部解除)で武器をかかげてみる。武器は持たない、カラテだ!

 まあもう機能テストの時から数えて1からやり直しは3回目なので、序盤どうすればいいのかはわかりきってる。
 クエを発生させてはモンスターを倒し、ちまちまと小銭を稼いでいく。ラジャフ街道は北の丘の方に行けば、スモールウィングやウェブメーカーもあまり取り合いにならないし。
 途中、TAKA☆さんと少しだけ話をするも、お互い1からやり直しなのでレベル上げ&クエ消化を優先させるべく、軽い会話のみで終了。あとは黙々とすべきことをこなしていく。


観戦モード

 …まあ、そのわりにこんなスクショなんか撮ってたりするけど(中央で観戦してるのが俺)。

 今日のところはボウケンのクエを二つともクリアし、レベルも6まで上がったところで時間も押し迫ったので終了。あと、金をためて銅300の武器(名前忘れた)を購入、さらにボウケンのクエ消化でブロンズ防具一式もそろえられた。
 それと、なんかスキルのランクが上げられるというので、ヒートスラッシュをランク2に上げてみたが…ゲッ、威力も上がるけど消費MPも上がるんじゃんか!これ序盤だと結構ツライね…塔の中でも同じらしいし(低い階層だとレベルが下がり、MPも少なくなるので、必然的に乱発できない)。


 次回は3/21、また17時頃から開始とのこと(終了時間が書かれてないので、いつ閉じられるかは不明)。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

オープンβテスト初日

 さていよいよ本日よりオープンβテストが始まりましたが!

メンテ中

 またかよorz
 なんとかキャラだけは作ったものの、今日はついぞ一度もプレイできず。
 しかも1時からロングランメンテ開始で、終了が早くても17時以降。

 まあ明日夜は九分九厘泥酔してるので、自分自身はマトモにプレイできないと思うけど。
 でも他の楽しみにしているプレイヤーのためにも、早いとこなんとかしてもらわないとなぁ。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

Special Previewレポート

 本日は『ドルアーガの塔』Special Previewに参加してきた。
 これはアニメとネトゲの一連のプロジェクトが題材のイベントで、完全抽選制。申込方法はいくつかあって、そのうちネトゲで無料IDを取ると応募できるやつを利用。見事当選し、今日のイベント参加と相成ったわけだ。

 …周囲で落ちたという話を全然聞かなかったんだけどさ。そんなにエントリーした人いなかったんじゃないかしら、と邪推。

 で、会場の杉並区ヴァーシティホールへと向かう。最寄り駅は地下鉄丸ノ内線の東高円寺駅。
 地下鉄を降り、公園の中を通って会場に到着。

会場入口

 わかってても、何となくドキドキしてしまう。
 中に入って、さっそく旅人さんと会う。なんでも地下で座席抽選を行っているとのこと。
 行ってみると、けっこう人が並んでいた。それにしても女性が多い。事前に調べて知ったのだが、今回主役のジルの声優さんがKENNさんという人で、『遊☆戯☆王』などもやってる他、ミュージカル「テニスの王子様」にも出ている方とのこと。なるほど、こりゃ女性観覧者も多いわけだ。

座席券

 抽選結果はこんな感じ。しかし会場の中が見えないので、どのへんかよくわからず。まあ前から8列目なんだろうけどさ。
 しかし、14時開場・14時半開演なのに、12時から抽選開始ってちと早すぎないか?
 ともあれ、抽選終了後にシエーレさんとも落ち合い(直に対面するのはこの時が初めて)、とりあえず開演まで時間を潰すことにする。


 それにしても、この会場のまわりが、本当に何もない。
 事前に調べたけど、ゲーセンはナシ。どころか、食事するところもなんかあまり見あたらない。ほとんど住宅街のど真ん中だからなぁ。

かに道楽

 …こんな看板が出てるぐらいだし。4キロなんて歩いていけないよ!(すぐ近くが環七だから、そこを走る車向けの看板なんだろうけど)
 ともあれ、近くにあるファミレスで昼食を取りつつ、14時までなんとかヒマをつぶし、会場まで引き返す。

 そしてイベント開始。
 司会は吉本興業のお笑い芸人、はりけ~んずの前田登。こういうイベントでお笑い芸人が司会をやったら、得てして微妙な温度差が生じがちなんだけど、この人は司会うまいと思った。いろいろな部分で敏感なヲタの神経を全然逆撫でしなかったし。
 でもって、早速KENNさん、折笠富美子さん(ヒロインのカーヤ役)、監督の登場。監督のキャラ紹介を中心に、アニメの説明をする。
 その後、今度はネトゲの方の説明。ここで、今回のメインイベント「ジルとカーヤがROBに参加して遊ぶ」が行われることに。このために今日は14時から、プレオープンβテスト参加者にサーバを解放。また抽選で選ばれた3人は、KENNさんとパーティーを組んで塔に登るとのこと。
 さっそく現地にログイン(ちなみに二人のキャラはレベル60近くあった)…と、なんか塔周辺に巨大な赤スライムが大量発生!どうやらジルは塔に入り、カーヤは外でこのスライムを相手することになるっぽい。もちろん、外は惜しくも抽選に漏れてしまった人々でいっぱいなので、その人達と協力して倒すらしい。

 KENNさんも折笠さんもネトゲはやったことない、とのことだが、事前にエモートをショートカットに登録してたりしたこともあってか、次々にいろんなポーズを取ったりと楽しそう。ただ、KENNさんは敵に攻撃するときにボタンをクリックしすぎて、攻撃→解除→攻撃→解除→…をずっと繰り返してたけど。やっぱ普通の人だとそうなるよなぁ。
 でもって、ジルが無事にスライム×3を倒すと、外に黄色い巨大スライムが出現。これを倒すべく、ジルが塔の外に出て、カーヤたちと力を合わせてスライムを討伐…というか、まあほとんど他の人が攻撃してたんだけどさ。でも、思ったよりは上手くいったんじゃなかろうか。今回、自分はイベントに当選したからこっちに来たけど、これならゲーム側の参加でもアリだったかもなぁ。
 その後、アニメ版のオープニングテーマを歌うグループのビデオレターのあと、KENNさんが歌うエンディングテーマを生で熱唱。あとでプロフィール調べて知ったんだけど、元々バンドのボーカルやってた人だったのね。さらに俳優もやって、声優もやってると。
 あと、KENNさんは何気におもしろい人だった。抽選会でクジを引いたとき(だったっけ?)、「たんたららら~ん♪」と、何気なく『ドルアーガの塔』のクレジット音を口ずさんでたし。トークでは「子供の頃ファミコン版をやってた」とのことだけど、ファミコン版だとポーズ音で、そんなに目立たない音だったからなぁ。隠してるけど、じつはそこそこ濃い人なのかもしれない。


 ともあれ、当初は16時終了予定だったのが、なんか30分も早く終了。あっという間過ぎるけど、まあ500円分のネットキャッシュももらえたし、KENNさんが面白そうなので良しとしよう。

 …あれ?そういえば「アニメのOPを初公開」とか途中で言ってたような気がしたんだけど。結局流されなかったし。段取りすっ飛ばされた?

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

番外編 | コメント:1 | トラックバック:0 |

おまけ

 さっきのブログを書き終え、とりあえず寝る前にチラッとだけでも様子を見ようとログインしてみた。

 …シエーレさんに見つかった。

 かくして、

座して待つ

 またも座して待つ。25時のプレオープンβテスト終了まで。


 前回の機能テストは、終盤にシルバーファングを大量発生させるわ、最後の1時間を座談会にしてGMに直接要望を叩きつけるわで、それなりに盛り上がった。
 しかし、今回はとくに何もない模様。ラジャフ村の中央広場で、“何か”が起きるのを待ちわびてる人も多数いるが、機能テストの時と比べたら数は比較にならない。

 そうこうしているうちに、日が暮れてきた。
 残り10分を切ったところで、字幕による機能メッセージが。それを機に、みんな中央広場に集まり始めた。

ごろごろinプレオープンβ最後

 予想通り、そこかしこでごろごろ大会開催。

 そんな中、機能メッセージで次回の予告が。
 なんと次は3/14(金)16時より、オープンβテスト開催!
 …早ェ!来週末じゃないかよ!
 たぶんこのまま3/28頃に正式オープンになるんだろうな…。


 まあ、最後なのでこちらも一暴れしておく。

光の翼を生やす

 …つっても、やったのはこんなのと、あとはそこらじゅうに投げキッスしまくったぐらいか。


また来週

 じゃ、また来週(笑)。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

プレオープンβテスト最終日

 というわけで、一日勘違いしていたが今日が最終日となる。
 本当はちょっと別用ができるかもしれなかったのだが、結局そっちはなくなってしまった。

塔詣で

 騎士たる者、毎日の塔詣では欠かせない。ウソ。単に座して待ってるだけ。
 んで、行動を開始したのが21時。プレオープンβテストのクローズは25時なのだが、ここ最近寝不足気味で今朝も寝坊してしまったので、今日は早いうちに落ちることにする。

 そしていつもの皆さんと合流。
 …あれ、気がついたら自分以外みんなレベル10以上だ。なんでも、塔の5Fには中ボスがいるらしく、レベル10以上のパーティーならそこまでたどり着けるとのこと。
 しかし自分はレベル9。今から鍛えても、さすがに塔を5Fまで登りきるのは難しそうだ。
 なので、今日はラジャフ平原の開拓使から頼まれたクエをこなすことに。ソロでちまちまやろうかと思いきや、皆さんつきあってくれるという。有難く手伝ってもらうことに。


 ラジャフ平原は、ラジャフ街道の強化版といった感じ。
 強いバットに強いクモに強いオオカミ。その辺がひたすら出てくる。あとヘビも。
 特にヘビとオオカミはアクティブモンスターなので、気がついたら襲われてるという事態もしばしば。今日も何度か、襲われて必死に逃げる冒険者を見かけた。何度かは救うことができたが、いったんタイミングを外すと、走るスピードが同じなのでほぼ救えなかったりする。そういう場合はイシター様に無事を祈るしかない。

 で、クエの達成に必要なアイテムを落とす敵をひたすら狩り続けたわけだが、これパーティーの誰が倒しても手に入るものだから、ある程度の実力があればパーティーを組んだ上で散らばって、個人個人で勝手に倒してれば、あっという間に目標達成できるっぽい。まあ、そんなレベルの頃にはクエ達成で受け取る報酬も、物足りなくなるんだろうけど。
 ともあれ、おおあばれしたおかげでクエ3つを立て続けにクリア。じつに楽勝だった。しかし、やっぱり自分の経験値はそうそう貯まってくれない模様。

 そして、メンバーのひとり、TAKA☆さんが時間切れで落ちたのを切っ掛けに、自分も頃合いだったのでそろそろ落ちることに。

夕陽の四人

 夕陽に照らされる祭壇の前で、今回はお開き(一応、名前は伏せておきました)。
 その後、残った3人で塔の前まで向かい、塔で自分が抜ける。


 さて、今回のテストで言いたいことは山ほど見つかったし、うちいくつかはこのブログにも書いた。それをあとでまとめて送らんと…。
 恐らく、ファンブックが4月2日に出るので、その前には正式オープンを迎えるはず。となると、今月下旬にはオープンβテストが始まって、そのままなし崩し的に一直線に正式オープン、かな?
 またそう遠くない先に、ここに来ることになるのだろう。そのときまで、しばしのお別れ。

bye

 じゃ、また。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

一日勘違いしてた

 今日はプレオープンβテストの最終日!
 …と思いきや、公式サイトをよく見たところ、どうやら「3/4の25時」、つまり「3/5の午前1時」までやるらしい。思いっきり勘違いしてた。


 とりあえずログイン後、昨日やり残したクエをちょっとだけ片付ける。
 その過程で、今度はバビリムまで行ってこいという話になる。スタート地点のラジャフ、そこからラジャフ街道を経てドルアーガの塔・周辺に行き、塔を横目に先へ抜けるとラジャフ平原がある。バビリムはどうやらその先にあるらしい。
 平原では昨日のんきに毒蛇を狩っていたので、道中は比較的楽かも…と思っていた。しかし、どうやら昨日相手にしていたのは弱い方で、別の道(バビリムまでのショートカットになる側)を進むと、強いオオカミだの強いヘビだの強いコウモリだの強いネズミだの。1対1なら何とかなりそうだが、オオカミもヘビもリンクするうえアクティブなので、おいそれとは手が出せない。細心の注意を払いつつ先に進む。

 そうこうしているうちに、いつもの皆さんからささやきが。とりあえず城門で合流しようという話に。
 一足先に城門にたどり着いたのだが…

 毒蛇に倒された _| ̄|○

 いやー、向こうの攻撃を喰らうのはまだしも、こっちの攻撃がちっとも当たってくれないのはきついわぁ。ヘビは回避率が高いのかもしれん。
 結局、そのまま塔周辺に戻されてしまい、逆に自分が皆さんとの合流地点に走ることに。


 合流後、じゃあヘビにリベンジしましょう、ということで城門付近へ。
 …のつもりが、城門の先には「エルブルズの岩穴」があるとのこと。これ、『ザ ブルークリスタルロッド』にも出てきた地点なのだ。先に訪れていたシエーレさん((c)NBGI)から、中には高レベルのスライムがいると聞かされる。どうせプレオープンβテストも明日で終わることだし、あまり躊躇せずに突入してみることに。

エルブルズの岩穴

 でけえ!顔でけえ!

 中に入ってみると、話通り中には黒いスライムが蠢いていた。
 カーソルを合わせてレベルを見てみたところ、

 レベル20

 ((((( ;゚Д゚)))))

 …こりゃパーティー組んだとて、ちょっとやそっとじゃ太刀打ちできまい。奥にはレベル16のスライムもいるけど、いるのが奥過ぎて単体で引っ張り出すのは無理そう。
 しかし、どうせプレオープンβテストなんだ。出口近くで戦って、ヤバそうならとっとと逃げれば…ということで、4人パーティー(平均レベル11前後?)で、無謀にもレベル20のスライムに挑んでみることに。いざ!


 …無理。絶対無理。
 ていうか一人倒されてしまい、残りのメンバーも這々の体で逃亡。スクリーンショット撮るのも無理なくらい無理。

 結局、その後はまったりと狩りをして一日を終えたのでした。
 個人的には、とりあえず明日までにはレベル10に到達したいなぁ。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

塔を攻める

 今日も夜になってからログイン。ちなみに日曜日だけど、プレオープンβテストの終了日は明日25時(火曜日の午前1時)なので、まだあわてる時間じゃない。

 入ってみると、「ガインポイント」なるものが振り込まれていた。なんでも、メニュー画面から開けるショップで使えるポイントらしい。そういえば、そのへんは一度も見たことがなかったので見てみたところ、なんか特殊な武器が買えたりミニゲーム(というよりクジ引き?)でアクセサリーがもらえたり、あとここでしか買えない特殊なアイテムが買えたり。「イシターの慈愛」という、丸一日(24時間)入手する経験値が50%アップするというアイテムもあった。これはけっこう便利かな。

 そうこうしているうちに、前回の機能テストでもご一緒させていただいた皆さんと合流。意外にも、今回のプレオープンβでは初接触だった。
 さてどうしよう、となったが、自分は今回まだ塔に入っていないので、お願いして塔に挑むことにする。レベル7のドルイドの方を誘い、5人フルパーティーでいざ塔へ!


 塔の難易度は、機能テストの時と比べると確実に簡単になっていた。
 …というより、機能テストの方が異常だったと言えるだろう。モンスターのターゲットは全然剥がせないし(一度誰かを狙い始めると、ほかの人に狙いを向けさせることができなかった)、復活は早いし。しかし、今回はちゃんとソルジャー職のプロボークでターゲットを自分に向けさせられるようになったし、効果的なプレイができるようになった。
 さすがに5人パーティーだと、1階はかなり楽勝。宝箱も出すことができ、カギも回収して、無事に上の階への扉を開けた。

塔の上へ

 上の階への螺旋階段。じつはこれを見るのは初めてだったりする。
 自キャラが突然雄叫びをあげて(もちろんプレイヤーの意志は無関係に)ビックリしたが、ともあれ2階へ。

 2階はブラックスライムがそこそこ手強い敵。ていうか、なんか攻撃が効きにくい印象があった。5人パーティーでなんとか倒せる感じかな?(ちなみに今回の編成は、ソルジャー×2、スカウト×1、ドルイド×2)
 ともあれ、こちらも宝箱を出し、無事クリア。

 そして3階。今回の最終フロアだ。
 3階といえば、オリジナルの『ドルアーガの塔』ではおなじみの敵・ブルーナイト。もちろんこっちにも出てくる。さっきまでブラックスライムに苦戦していたこともあり、ちょっとイヤーな感じがしていたが、逆にこちらもレベル制限が一段階緩和され、全員レベル2になったので、ちょっとはラクになった。
 かくして、ブルーナイトと幾度となく剣を交える。

vsブルーナイト1


vsブルーナイト2

 …すみません、時々動きが悪かったのは、スクリーンショットを撮りまくっていたからでした。ごめんなさい。ブルーナイトは倒したあとの倒れるリアクションが、やたら派手というか大袈裟で、ちょっと笑ってしまった。
 だがしかし、3階では宝箱が出なかった。なんでも、ただブルーナイトを倒すだけではなく、一定時間内に倒さなければダメ、とのこと。このへん、今後情報交換が重要になってくるんだろうなぁ。


 ともあれ、なんとか無事に塔を踏破。塔から脱出し(すごく事務的な追い出され方だったけど)、今日はお開き。
 塔は純粋にチームプレーが要求されることもあり、緊張感があってけっこう楽しいかもしれない。ただ、時間がかかるんだよなぁ。まあレベルが高くなったら、いちいち1階から登らなくてもいいようになるという話も聞くけど。
 少なくとも機能テスト時点よりは遊べるようになったので、今後はもっともっとバランス調整をしてほしいところ。個人的には面白いと思ったよ。


※オマケ

スライム視点

 スライムの立場になってみる。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

需要と供給

 本日はプレオープンβの2日目。
 しかし、日中はいろいろと外出しており、帰宅したのは日が変わる直前。そこからちょこっとだけプレイした。

 本日やったことと言えば、ラジャフ街道の探索。前のマップにはなかった、北と南の奥まったところに行ってみた。
 北の方は何か石碑があったほか、スモールウィングとウェブメーカーが多数うろついているので、そのへんのクエ達成を目指す人にはいい場所かも。南の方は、ヤングウルフとアダルトウルフが湧き出る場所。あと謎の焚き火の跡とか。

 今のところ、ラジャフ街道で一番の強敵がアダルトウルフなんだけど、案の定出てきたら取り合いになってしまう。ポップしそうな場所に数人がいて、うまいとこ近くに出てきたらゲット、という感じ。
 ところが、どうもこのゲーム、仕様として“横取りアリ”となっているらしい。公式サイトのFAQによると、「モンスターは特定個人や団体の所有物ではありません。あなたが最初に攻撃したと言っても、自分の所有物であると権利を主張する事はできません。同様に、最初に攻撃したと言っても、そのモンスターからのルート権を主張する事もできません。」とのこと。…いや、今日何度かそういう状況があったからさ。自分は狙ったモンスターがあんまり競合しそうなら、一歩引くことにしている(自分のすぐ近くにいて、なおかつ他に誰も狙ってないモンスターなら倒すけど)。でも、それでも挑発と魔法がかち合っちゃったとか、あったからなぁ。このへん、本番ではどうなるんだか。

 あと、今回から「耐久値」という要素が出てきた。
 これは装備品すべてにあり、ゼロになると性能が著しく低下する感じ。武器にも防具にもあって、防具はほとんど低下しないからいいのだが、武器の耐久値がけっこうすぐに尽きやすい。耐久値がゼロになった武器は、攻撃力がものすごく落ちるので、ほとんど戦力にならない。
 もちろん、耐久値は街とかで修理することで回復させられるのだが、たとえば塔の中で武器の耐久値が尽き、かつ武器のスペアもない状態なら、もはや詰みと言うしかない。このへんはけっこう計算しなくちゃならないのではなかろうか。てか、ヘタしたらレベルひとつ上げただけで使い物にならなくなるかもだしなぁ。

 ほかにもいろいろと目に付いたところはあるので(フレンド機能とか、誰かに助けられたのに誰に助けられたのかわからないとか)、このへんはまとめつつ、おいおい提出しようっと。
 あと、3/9のイベントに当選してしまったので、当日はとりあえず行きます。


※オマケ

びっくりしすぎ

 村長の娘、ビックリしすぎ。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

βテスト | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。