ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

目を見ちゃいけません!

 昨日がどれぐらい眠かったのかというのは、うっかり記事のタイトルを付け忘れたところにそれが現れている。
 てか他のブログだと、タイトル付け忘れたら警告されたりするところもあるんだけど、fc2はOKなのね。


 昼過ぎにログイン。昨日はバビ西で落ちたので、クエをクリアするならこのまま村に戻ればいい。
 でも、エルブルズの岩穴でスケルトンを倒して骨を集めるクエを請け負っており、骨も半分くらいは集まっていたので、いっそのことクエクリアに必要な分だけ集めてみよう、と決定。よってそのまま岩穴へ。

 …岩穴でばったりシエーレさん、旅人さんと出会う(フレンドリストで岩穴にいたのはわかってたけど、もっと奥にいるものだと思ってた)。急きょ3人でパーティーを組むことにし、とっとと自分の骨を集めた後、経験値を稼ぎに3人で奥の方へ。
 とはいえ、さすが土曜の昼間、どこに行っても人だらけ。マップで言うところの右上に行っても左上に行っても、人が多くてとても稼ぎにはならない。ならばと下の方へ向かう。そう、以前連れてってもらい、ランドアーチン様遠巻きに眺めたあの場所だ。

 そこに向かう最中、とある情報がもたらされる。
 あの触れただけで昇天確実というランドアーチン様、なんでもアクティブではないらしい。まあイメージだけでしか決めてないけど、いかにもアクティブそうだからなぁ、ランドアーチン様
 しかし、それを実験するには、掛け値無しに死を覚悟する必要がある。もしその情報がガセだったら…もう目も当てられない結果になるわけだ。だけど、この先にもマップがある以上、どこかのタイミングで横をすり抜けなきゃ先には進めないしなぁ。とりあえず、各自跳躍の書(or帰還の書)を手に握りしめて、先へ進む。

対ランドアーチン1

 しかし、この道がランドアーチン様だけだったらまだいいのだが、それ以外にもたくさんモンスターはいるのである。
 とりあえずランドアーチン様の機嫌を損ねないよう、慎重に慎重に近づきながら一匹ずつモンスターを引き剥がし、遠くまで引き連れてきてからタコ殴り。この繰り返しで、遅いながらも掃除は順調に進む。

対ランドアーチン2

 それでも沸いてくる敵達。しつっこいなぁ…と、掃除していたところ、なんか遠くにいたはずのランドアーチン様が、もうかなり近くまで接近してきている! いかん、ここで絡まれたら昇天確実!
 あわててバンパイヤを速攻で片付け、やがてゆっくりと近づいてくるランドアーチン様を尻目に、全員壁に張り付いて息を潜める――

対ランドアーチン3
ビ キ ィ ! !

 すごい睨みを利かせながらも、ランドアーチン様は何事もなくそばを通り過ぎていった。あわてて奥に走り抜ける一行。思わず息を止めてたというシエーレさん、生きた心地がしなかったという旅人さん。かくいう自分も、口から心臓が飛び出そうな思いでランドアーチン様の動きを見守っていた。ああ恐かった…でもこの緊張感、さすがランドアーチン様といったところか。

 その後、謎の石碑などを見つつ奥に進み、最奥部に到達。

謎の像

 何かのネタバレになるといけないので、暗くて見づらい画像をチョイスしてみたが、最奥部には何やら像がある。
 この像は果たして何のためにあるのか、その正体は――それがわかるのは、たぶん相当先の話なのだろう。
 んで軽く狩りをし(レベル22のグレーターエルブンバンパイヤが出現し、それを狩りに来てる人もたくさんいた)、そろそろ夕食時だったので戻って解散することに。

 あ、もちろん帰り道でも、

対ランドアーチン4
ビ キ ィ ! !

 どーでもいいけど、時々動きを止めたりピクッとしたりするのは勘弁してくださいランドアーチン様。そのたびに脳内で効果音が鳴ります。マジで心臓に悪い…。


 その後いろいろやってから落ち、夜に再度ログイン。
 ここでKarinさんにお誘いを受け、迷いの森のフンババクエを手伝ってもらうことに。しかし、さすが土曜の(略)、POPするモンスターの奪い合いという状況に。
 2時間ほど狩りをして、クエアイテムも半分ほどたまる。パーティーが隅々に注意を払いつつ、誰かがフンババを見つけたらみんなでそれを叩きに行く、という戦法は面白かったなぁ。フォーメーションを切り替えつつ(実際にはそんなもんないんだけど)、状況に応じて柔軟に自分の立ち位置を変えていくというのは、頭を使うので非常に楽しい。塔の中なんかは、とくに頭を使っていかないと太刀打ちできないし。それが塔の楽しさの秘密、かな。
 …ただ、自分がパーティーの一員としてお役に立てたかどうかは、果てしなく微妙だけど。もっとソルジャーとして腕を磨かなくちゃなぁ、とは常々思う。

 あと、この過程でソロでは到底行けない、迷いの森(聖域)に行ってみた。

聖域でやる気を見せる

 入口でやる気を見せる俺。
 しかし、すでに主立った場所にはPCが張り付いていて、とてもじゃないけど稼ぎは無理そうだったので早々に退場。無念。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

 真夜中にログイン…するが、正直なところやる気が出ない。ていうか、かなり眠い。
 そういやここ最近、ずっと森でログイン→森でログアウトを繰り返しており、アイテムもだいぶ貯まってきた。とりあえず、アイテム整理に一度ラジャフ村に戻ろう。

 村に戻ってみると、なんか異様なまでの混雑。
 そういえば、ラジャフ村とラジャフ街道が1と2の区別が無くなって再統合されたんだった。おそらくバビリム西にけっこう人が増えてきたから解除したんだと思うが、それでも結構な重さだ。まあバビ西に入った直後に比べたらマシだけどさ。

 で、アイテム整理も一段落付いたので、さあどうしようかと考える。


 …気がついたら、エルブルズの岩穴にいた。
 いや、もちろん道中の記憶はあるし、当然ながら自分で操作してここに来たのはわかってる。でも、何でここに来ようと思ったのかが、自分でもいまいちピンと来ない。特に目的もあったわけじゃないのに、なぜだろう。
 まあともかく中へ。

悩めるヴァンパイヤ

 見ると、入口近くにいる悩めるヴァンパイヤが、こちらにクエを出している状態だった。今までは話しかけても相手にされなかったのに、やっと打ち解けてくれたか…。聞くと、要は奥にいるクマーを倒して、クエアイテムのカギを取ってこい、というものらしい。

 ひさびさの岩穴は、やはりこちらがレベル20になり、なおかつレベル20装備に身を固めていると、かなりラクになる。エルブンバンパイヤやクマー、骨程度ならソロでも余裕だし。
 とはいえ、ここの面倒なところは、道が細くて敵を避けづらい(これは迷いの森と同じ)うえに、敵がわりと同じ場所に固まって沸いてくる点。2~4匹の敵が団子になっているので、ソロだと一匹ずつ引き剥がしては片付け、というのが面倒臭くて仕方がない。
 んで、カギは一番最初に出逢ったクマーを倒したらあっさり獲得。

 このまま戻ってもつまらないので、ちと奥の方まで探索してみることにした。
 以前、Karinさん達に連れて行ってもらった時とは反対方向へ。こっちもエルブンバンパイヤがレベル19になってること以外は、それほど面倒はない。色々なアイテムをもらいつつ、なんかの刀身ももらいつつ、奥へ。
 …と、ついうっかりからまれてしまった。仕方ねぇなぁ、と振り向いてみると…なんかグレーターエルブンバンパイヤとかいう名前でいらっしゃる。レベルを見たら、21。おいおい! 急にレベル21が来たので、こちらも眠いなりに頑張ることに。まあでも、わりと何とかなっちゃったけど。


 そのうちいよいよ本格的に眠くなってきたので、帰ることに。
 帰り際、悩めるヴァンパイヤにカギを渡すと、無事クエクリア。続けざまにクエが発生するので、それを受ける。
 …おお、そういう話だったのか。ネタバレになるので書かないが、こういうところでつながっていたとは予想外。まあそのクエは明日達成してやることにしよう。

 しかし今日はゲーム内の敵よりも、むしろ睡魔との戦いの方が重要なウェートを占めていた。そのせいか、なんかプレイも惰性だったなぁ。日記としてまとめてみても、なんか平凡だし。
 やっぱりゲームは頭が冴えてるときにやらないと、面白くならないね。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新しき世界

 あー。
 なんか大規模バージョンアップで生産とか長時間メンテとかアカウント停止とか、世間はいろいろ大変だったり大変じゃなかったりするみたいで。

パッチ中(アップ)

 全部で1ギガ超のパッチ。これでクライアントがスリム化したというのだから驚き(確かめてないけど)。

 で、細かすぎてアップデート詳細に載っていないアップデート情報。

●アイテムでHP・MPの回復やデバフをしたときにエフェクトが表示されるようになった
 これはまあ本来ならば最初から付いているべきだったんだけど、今どんな状況にあるのかが周囲にもわかって良い。最初は誰かにタイミング良く辻ヒールかけられたのかと思って、すごくあわてて周りを見渡しちゃったけどな。

●迷いの森の郷愁の石碑、星海の管理人の場所が変わった
 ま、これももともと石碑&管理人の場所とワープ先の場所がズレてたせいでもあるんだけど。
 ちなみに、迷いの森にある木の根っこが動く怪現象は、直ってない。どころか、あの後いろいろ見たら他にも動く木はたくさんあったので(石碑&管理人の近くにある大木なんか、根っこどころか木全体が左右に動いている)、これはもう仕様ということで納得することにしました。

●大規模アップデートを記念して、夜9時~午前1時まで毎日イシターゾーン!
 だそうですよ奥様!
 それを聞いて先日またも9000GPほどブッこんでみたよ!
 なんかタブレットがいっぱい当たったよ!
 アイテムリスト見たら7等って書いてあったけど便利なアイテムだからいいよね!!ね!!!(←念押し)


 まあそんな変更点はたっぷりあるらしいけど、いかんせん俺のリアルが非常に忙しくなってきた…orz
 今日もアニメ連動クエ第3弾のお誘いを受けたけど、そんなに時間が取れないことがわかっていたので、断腸の思いでお断りした次第。
 週末くらいに時間を作って、のんびり塔でも登りますか…。まだ生産どころじゃないし俺。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

約束の果て

長かった。


ガクブル
岩陰でじっと息を潜めて、時が過ぎるのを待ったときもあった。

ヘブン状態!
ヘブン状態!!にされたこともあった。
(赤いのは単なるエフェクトです。返り血とかではありません。)

すごいトレインのあと
ものすごいトレインに巻き込まれそうになったこともあった。
(画像はトレイン起こした張本人がワープで逃げやがった後、敵が退却する様)


そしてついに、約束を果たすときがきた。

レベル20到達
(急にレベル20マントラップが来たので、シャッターチャンスを逸してしまったが)
レベル20に到達!!


 いや~、約二週間前に宣言した張本人が言うのもなんだが、よく間に合ったもんだ。途中、意外とサボったりしてたんだけどなぁ。
 これも慈愛パワーと、狩りにお付き合いいただいた皆さんと、バフをくれたり応援してくださった方々のおかげです。ホントにありがとうございました。
 …あとは、俺の編み出した超カッコイイ必殺技「ヒートスラッシュタイフーン」のおかげでもあるな。いやでも実際命拾いしたし。


 目標を達成した後は、レベル20装備一式の購入とクエ(森にいる人に手紙を届けるヤツ)のクリアのために、バビリム西に行かなければならない。ついでなので、跳躍の書は使わずウィニングランがてら走って各地を巡ってみる。

 黒のオベリスク…レベル16のうちは、お花畑のスライムとよく遊んでた。そのあと、ヘビとかをちまちまと相手にして、ようやくレベル18まで上げたのが5月13日。約二週間前の出来事だ。
 ラジャフ村…スタートを切ったのはここだ。機能テストでごろごろしたのも、もうずっと昔のことに感じられる。
 ラジャフ街道…序盤の自分を鍛えてくれた場所。アダルトウルフのアクティブっぷりに手を焼いたけど、今やそんな時期を知る人もみんな成長していった。あと、序盤のお金稼ぎに何度となくコウモリを倒したっけ。
 ドルアーガの塔周辺…塔に行くための大事な場所。“邪神”こと遠藤雅伸★が降臨したのも、この地だった。
 ラジャフ平原…ここはレベルアップのために、ずいぶん長いことお世話になったなぁ。クモやコウモリを倒しまくって、お金を稼いだり。アクティブなヘビやオオカミに手を焼きながら、戦士として大きく成長していった場所だ。そうそう、ネズミの干し肉のためにネズミ狩りをして、いい社会勉強になったっけ…。
 バビリム城門…βテストの時は、ヘビに手も足も出なかったなぁ。その後も、牛をずっと狩ってたりハードワーカーを必死に待ったり、いろいろ大変だった。一番長く戦ってたところじゃないかな?

 …そして文字通りのロングランの果てに、バビリム西に到着。クエストを済ませ、有り金をはたいてレベル20から装備できる武器・防具一式を揃える。
 明日の定期メンテナンスが終わったら、レベルの上限が30まで解放される他、新しいマップが加わったり、そしてついに生産が実装されたりするんだ。
 ぼくたちの知らない世界は、まだまだ広がっているんだ! さあ、ともに手をとって戦おう!


ぼくたちの冒険はこれからだ!
ぼくたちの冒険はこれからだ!


ご声援ありがとうございました!
MIRROR/G先生の次回記事にご期待下さい!!










 …あ、言っとくけど、ゲームもブログもやめませんよ? 一応死亡フラグ立っちゃってたので、それを回収してみただけです。すなわち単なるシャレ。
 それに只今、レベル20装備の恐ろしいまでの威力に酔いしれ中なので。すごいなー、レベル19までとここまで変わるとは…!

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 |

森でモテモテ

ヘブン状態!!
ヘブン状態!!

 こんばんは、マントラップに超モテモテのMIRROR/Gです。いやー今日何度言い寄られたことか。レベル20のに挟み撃ちされたときは、生きた心地がしませんでした。


 とりあえず、慈愛の力と必死のリカバリーのおかげで、紫の領域は脱し、経験値も順調に蓄積。
 そうこうしているうちに、森でシエーレさんとバリアンさんと遭遇。しばし歓談に耽ったのち、シエーレさんは夕食で落ちるというので、バリアンさんにお付き合いいただくことにした。その内容は、マントラップを倒すともらえるクエアイテム「花の蜜」を、15個集めるというもの。
 マントラップはしばしこちらを行動不能にする攻撃を使ってくるので、今の自分と同レベルの敵とはいえ、ソロで挑むのにはちょっと勇気(というより無謀さ)が必要なところ。なので、バリアンさんとともに花を狩る旅に出向く。

 約2時間ほどかけて、ようやく花の蜜を15個揃える。てか、まさかこんなに落とさないとは思わなかった。テーブル的に、沸く確率がリーフスパイダーと五分五分くらいなので、なかなか戦えなかったせいもあるけど。やっと沸いたと思ったら、クエアイテムを落とさないレベル20のだったとか。
 ともあれ目的は達したので、ホントは村に戻りたかったのだが、晩飯の都合で森の出口で落ちることに。バリアンさんからは「これだけ苦労したんですから、きっといいものがもらえますよ~」と聞かされたのだが、聞けば聞くほどだんだん不安になっていったのは内緒だ!


 晩飯を食い、ついでにGyaOでアニメを見てから、再度ログイン。
 …しようとするも、「メッセージ送信に失敗しました」というメッセージが出て、ログインできない。また臨時メンテナンスか?
 そうこうしているうちに、公式に不具合改善の告知が出てきたり。さらにその後、急にログインできるようになったので、そのまま森から村へ帰還し、アイテム整理&クエクリア。花の蜜を15個集めて引き替えにもらったのが、「強化精神回復剤 ×10」だったけど泣かないよ!…せめて強化体力回復剤だったらなぁorz

 さらにそうこうしているうちに、ついに来るべきものが来た。

サーバ切断まで@10分

 ちなみにこの時、22時15分。つまりメンテ突入10分前。
 前々から噂は聞いていたけど、これはスゴイね。フレンド登録してる人の中には、岩穴の中にいた人とかもいたんだけど…。まあ、できるだけ早くメンテしなくちゃならないという事情もあるんだろうけど、どうにかならないもんかねぇ。


 と、この記事を書いてる最中にメンテが終わったらしいので、また戻ります ノシ

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

the Mind of IKRA

Mind of IKRA

 先週いくら丼を注文したのだが、そのプレゼントである「いくらのきもち」が、ようやく届いた。
 装備箇所が防御力とかに関係のない指で、しかも片手に1個ずつ計2個同時に装備でき、なおかつ1個装備につき最大MPが+30、という凄まじいドーピングアイテムだ。

 もっとも、マジックユーザーであるメイジやドルイドならまだしも、果たしてソルジャーにとってもこのアイテムが有用なのか? という点については、些か懐疑的でもあった。事実、今までも戦闘で使うスキルは「プロヴォーグ」と「ヒートスラッシュ1」ぐらいなので、そうそうMPに困るという事態はなかったのだ(ちなみに「ヒートスラッシュ1」のランク5と「ヒートスラッシュ2」のランク1は、攻撃力がほぼ同等でMPが倍違うので、「~2」はほとんど使っていない)。

 そこで、実際に「いくらのきもち」を装着し、ならばと「ヒートスラッシュ2」も併用してみる。
 すると、「ヒートスラッシュ」の1と2を交互に繰り出していると、通常攻撃→ヒートスラッシュよりも攻撃間隔がやや短くなることに気づいた。これは些細なことだが、けっこう使えるかもしれない。例えば敵に囲まれたとき、精神回復剤をガブ飲みしながら「ヒートスラッシュ」の1と2を交互に繰り返しているだけでも、意外と打開策になるかもだ。
 そうだ、この「ヒートスラッシュ」1と2を交互に繰り出すのを、ヒートスラッシュタイフーンと名付けよう! みんながそう呼ぶかどうかは知らないが、俺だけは呼ぶぞ! …心の中だけで!

 ただ、いずれにせよこのアイテムが、宅配範囲が関東近郊のみの店で出前を取らなければ手に入らないというのは、いかがなもんだろうか。いくらタイアップとはいえ、アイテムの有用度を考えると、これじゃ運営が一番忌み嫌うところのRMTを推奨するようなもんだけどなぁ。キャンペーン終了後にドルガチャに紛れるとかなら、まだ救いもあるかもしれないけど。
 アイテムとしての有用度はわかったが、結局「いくらのきもち」とやらは、今もってわからないままだ。


※オマケ

橋の上の妖精さん

 迷いの森にある橋の欄干の上に、妖精さんが!?

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

紫の領域

 俺はレベル19ソルジャー様だ!恐いものなんか無いぜ!
 恐いものなんかないから、迷いの森も一人でガンガン奥まで行くぜ!
 10分以内にメイズハンターを狩れ、だって?そんなのお茶の子さいさいだぜ!実際あっさり成功したぜ!
 そういやこの奥にいるNPCに手紙を届けなくちゃならないんだったな!なあに、パッと行ってパッと帰ってくれば大丈夫さ!
 ほうらパッと行って手紙渡して、ついでにクエも発生させたぜ!あとはパッと帰るだけだな!
 …あれ?なんか紫色の煙を吹き出しながらフラフラしてるぜ?なあに、へっちゃらさ!
 なんかレベル20の敵が襲ってきたけど、きっとなんとかなるさ!
 あれ?なんかまたフラフラしてるよ?でも


紫の領域
あなたは しにました


 …まあ、今日の行動をかいつまんで書くとこんな感じ。
 フンババに絡まれたときは周囲に人がけっこういて、逆に放置して逃げるのもどうかという状況だったのだが、結局倒されてしまえば同じ事なんだよなぁ。あの時周囲にいた方、もしかしたら自分が倒されたあとに絡まれてしまった人がいるかもしれない。この場を借りて、反省。

 ちなみに、経験値が紫というのはじつは初体験だったりする。前に何度も倒されたけど、いくばくか経験値を稼いだあとだったので、もしかして紫の領域に踏み込んでいたかもしれないけど、ここまではっきりと紫の領域が現れたのは初めてだ。
 3DMMORPGは前にFF11をやっていたけど、あの時は倒されて経験値が今のレベルを下回ると、レベルが下がってたからなぁ。アレに比べると、レベルが下がらないというのはかなりの救いだ。
 ともあれ、ちょっと借金を背負ってしまったので、果たして次回の定期メンテまでにレベル20に到達できるかどうか、非常に怪しくなってきてしまった。まあ頑張らなきゃ…あと無茶も控えるようにします。

 それと、今日はなんだかやたらと重かった気がする。
 森もいつも以上に人を見かけた気がするし、何かあったんだろうか?公式でナイトオンラインの話が出ていたけど、そのせいなのかなぁ。


※オマケ
 今日、クモを相手にしていたときのこと。

クモを応援する人

 すみません俺への応援だなんて贅沢は言いません、でもモンスター側に心を売り渡すのはよした方がいいと思います…。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

目標の半分達成

 もはや微妙に恒例となりつつある、レベルアップの記念写真。

レベル19

 次の定期メンテまでにレベル20達成…の半分、レベル19に到達。
 定期メンテ前までに達成できなかったけど、まあ自分にしてはハイペースだから良しとしよう。

 それにしても、「度重なるメンテナンスの補償としてアイテム振込」の直後にまた緊急メンテが入って、夜10時過ぎまで何もできないというのも、なんだかなぁ。
 まあいただいたものは有効活用させていただくけど。慈愛は今週末にでも使って、なるべくなら来週火曜日の夜までにレベル20到達といきたいところだ。


 そんなんで、確認の意味も込めてもう一度宣言しておく。
 「俺、二週間でレベル20まで到達できたら結婚するんだ…」

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

恐怖!生きている森

 まったくもって、今日はおぞましい体験をしちまった。
 あの森のことだ。そう、人呼んで“迷いの森”。ラジャフ村の北の北にある、鬱蒼とした森よ。
 ま、実際のところ全然迷うこともないところなんだけど、始終薄暗くって、ヘビやクモもウジャウジャいやがるし、まったくもって薄っ気味悪いったらありゃしねぇ。

 で、だ。ホラ、森の西南に物好きなおっさんがいるだろ?
 ムルシド、つったっけな。「森の案内人」を気取ってるらしいが、どのみちあんなところに突っ立ってるなんざ、正気の沙汰とは思えないがね。
 まあおっさんはこの際どうでもいい。俺がそいつのすぐ南側で、ヘビをぶった斬った時のことさ。
 だいぶ俺もへばっちまったから、他のバケモンに見つかるといけねぇってんで、近くの木の陰に身を潜めることにしたんだ。
 そういうときって、けっこう周りに敏感になるだろ? 風が吹いて木々がざわざわってしただけで、ちょっとそっちの方を見ちまうだろ? そういうもんさ。
 その時も、な~んか妙な感じでね…周りにゃバケモンの気配がまるでないのに、すごい不自然な気がしてたんだよ。


 …気づいちまったんだ。
 すぐ近くで、何かが蠢いている。
 ふっと脇を見ると、だな。


根1
根2
根3


 動いてるんだよ、木の根っこが。
 これじゃわかりづらいだろ?そう思って、知り合いのメイジに魔法を掛けてもらったんだ。“あにめーしょん・じふ”つったかな? まあいいや、とにかく見てくれ。



根アニメ

 この魔法じゃだいぶ端折ってるが、実際にムルシドのおっさんの南に立ってる木、T字路の真ん中に立ってる木の根っこを見てみな。…身の毛もよだつってのは、このことだぜ。まるで呼吸してるみてぇだ。
 どうやら、木が風に揺れるのと同じように、根っこも動いてるってことらしい。
 ま、今俺がここでこうして話してるってことは、何もなかったってことなんだが…わかんねぇぞ、いつあの木が動き出して、そばを通りかかった冒険者共をパクっていっちまうか…。お前もゆめゆめ気をつけるこったな。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

オシャレ戦士 ギルandジルー

 ジルの音引きは単なるおまけなので気にしない。


 で、本日正午から日曜日24時まではイシターゾーンとなっている。どうやら毎週末はイシターゾーンになるらしく、事前にメルマガで告知されていたようだが、ほとんど読んでなかったので気がつかなかった。
 先日BitCashも1000円分購入していたので、それをGPに変換したのち、3回回してみる。
 結果は跳躍の書、エモーション第八巻、そして…

ジルなりきりアーマー

 ジルなりきりアーマーキタ━━(゚∀゚)━━!!!!
 ジルのなりきり装備では一番欲しかったものなので(ちなみに一番ほしくないのがレギンス)、これは素直に嬉しい。


 早速アイテムボックスから引っ張り出し、装着してみるが…

コーディネート1

 おいコーディネート難しいな('A`)
 ひとつのセットを全部装備すると見栄えはいいんだけど、異なるセットを組み合わせようと考えると、途端に厳しくなるなぁ。
 こうなったら、例のキャンペーンでもらった「ジルなりきりセット(3日間)」を引っ張り出してみよう。この週末だけしか着飾ることができないが、とりあえずどの組み合わせがいいのかを調べられるうちに調べておきたい。

コーディネート2

 中にはこんな組み合わせもあるし。レギンスが思いっきり腰巻(正式名称失念)を突き破ってる。このくらいちゃんとモデリング調整してくれればいいのに…。

 で、紆余曲折の結果、

コーディネート3

 コレで行くことにした。腕と脚がギルなりきり、胴と腰がジルなりきり。ジル装備の宇宙っぽさと、ギル装備の腕と足を包む銀色部分(もともとは鎖帷子部分をデフォルメして描いたもの、だったと思う)が、なんとなく妙に未来っぽくて良いかな、と。

 ところで、ドルガチャのアイテム一覧を見たら、ジルなりきりアーマーって4等なのね…。
 まあ1~3等はどれも特別な存在なので、普通の賞品の中では一番いい賞品って感じかな。あと、ジルなりきりフォールドは3日間で消えるので、できればドルガチャで∞版を当てたいところ。


 余談だけど、ジルなりきりアーマーのアイコンが↓なんだけど

牛?

 これがね、パッと見

牛!

 牛の顔に見えたんだけど、俺だけだろうか…。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

緊急邪神速報

 えー、いろいろと聞きたいこともあるだろうが、今回は緊急なので全省略。
 ともかく、この写真を見てほしい。


遠藤雅伸★

!?


遠藤顔アップ

!!??

 まあ要は、前々から本人だとは思うが確証が持てなかった方も多いと思うあのPCが、やはり遠藤氏ご本人だということだったわけだ。

 ついでなので撮影しまくり。

遠藤ポーズ
なまじ顔がリアルなだけに、このポーズが異様なまでにミスマッチです。
笑えるからいいけど。


ツーショット
こっそりツーショット。


遠藤キック
ツーショットがバレて遠藤キックを食らいました(うそ)。


 で、まあいろいろと回りの方々と会話もしていたのだけど、その最中に3Fのエニグマを解明したという人が登場して、もはやカオス状態に。
 そんな中、もうムチャクチャ眠かったので、後ろ髪を引かれながらも途中でおいとましてしまいました。


 まあでも、普段から普通に狩りしてたりするし、その時はこの格好を見られるかもだからいいか。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

二週間後を見据えて

 ここ最近ひどく寝不足で、今日も朝目覚めたものの、ものすごく眠かった。
 今日はこのまま仕事をサボっちゃおうか…10時頃までゆっくり寝て、そこから少しRoBやって、昼頃から出社しようかな…という考えが寝ぼけた頭に思い浮かぶ。
 …あ、よく考えたら今日RoBの定期メンテじゃん!サボっても遊べないんじゃ仕方ない、普通に会社行くか…。

 そんなわけで、今日もマジメに会社に行けたのは、ひとえにRoBが今日定期メンテだったおかげです。
 ありがとう、運営さん!


 帰宅後、今日のメンテの詳細を見るべく公式サイトを見てみる。当初のロードマップだと、今日は塔が15階まで開放(=レベル30まで開放)の予定。
 しかし、サイトで見たものは…
―――――――――――――――
なお、5月中旬を予定しておりました、生産システムの実装、及び新マップ追加、塔の拡張等のアップデートですが、クオリティアップの為、誠に勝手ながら5月28日に延期させていただきます。
―――――――――――――――
 ひどいよ、運営さん!

 とはいえ、その実これで新しい目標ができた。
 5月28日まではあと二週間あるので、その間にレベル20まで上げてみようかなぁ、と。レベル17→18に8日間を要しているので、単純計算で言えば二週間でレベルをふたつ上げるのもできない話ではない。…まあもちろん無理は禁物だけど。また発熱したり咳き込んだり寝不足になっちゃったりしたらアレだから。


 で、今日は旅人さんと迷いの森で狩り。
 ほんの1時間ほどの狩りだったので、そんなに稼げたわけではないが、だいたいの流れはつかめた気がする。相変わらずレベルがひとつ高い敵には、あんまり攻撃が当たらないけど。
 あとソルジャーがレベル18から使うことのできるスキル「ガッツ」も、本日初投入。攻撃力が上がるスキルなんだけど、さすがに初期状態だと効果は微々たるものという感じがする。でも、あればあったでいいかな。クール時間かなり短いし。


 そんなんで、今日のまとめの一言。
 「俺、二週間でレベル20まで到達できたら結婚するんだ…」

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

取り急ぎ報告のみ

 今日は珍しく、ただの報告でしかない記事。

レベル18

 ようやくレベル18になり申した。
 各方面から「早くレベル20に」「せめてレベル18になって塔の9階へ」といった暖かいご声援(もしくはプレッシャー)を受け、このたびようやく到達。
 これでもレベル16→17よりは早いんだけどね。まああの時はひとえに死にすぎたから遅くなっただけだけど。

 さて、明日からは森に行く予定。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

なりきれない

 ちまちまと狩りに勤しむ最中、旅人さんから教えてもらったのだが、なんでもギルなりきりセットが今週の定例メンテナンスをもって販売停止&ドルガチャ賞品から引き揚げるらしい。
 その文面を転載してみると、

―――――――――――――――
4月1日の正式サービス開始時より、ご好評いただいております「ギルなりきりシリーズ」ですが、
5月14日の定期メンテナンスをもちまして、アイテムショップでの「ギルなりきりセット(1週間)」、
及びガチャでの部位毎カプセルを一時販売停止いたします。
販売再開時期は未定となっております。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
―――――――――――――――

 …とのこと。
 何か不具合が起きたのなら、まずアイテムそのものが使用できなくなるはずだし、それがないのならバグの類ではないのだろう。
 ならば何だろうか?各部位の配布はやめて、セットの期限∞版のみドルガチャの景品に残すのか?(「部位ごとカプセルを販売停止」と書いてあるので)それとも他の思惑が何かあるのだろうか?
 いずれにせよ目玉商品のひとつではあるんだし、これではちょっと説明不足じゃないかなぁ。
 GyaOのキャンペーンの応募が受け付けられなかったりとか(これは運営のせいじゃないけど)、いくらのきもちのシリアル番号配送ミスとか(これも運営のせいじゃないけど)、正式稼働からまだ一ヶ月半経ってないのに、けっこういろんなマズイ点が目立つからなぁ。もっとユーザーサイドに立ってもらいたいところ。

 そういえば、「混沌の血祭り~CHAOS BLOOD FESTIVAL~」は延期したままだけど、いつ始めるんだろうか…?

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

クエの大掃除

 ピザーラ、お届け!

ピザーラ、お届け!

 そんなわけで、本日メールが届いたので「ピザーラの盾」を無事獲得。
 これ、防御力は当然ながら物足りないけど、最大HPが+20されるので、塔の序盤とかにはけっこう有用なアイテムだったりするらしい。できればギルなりきり盾を手に入れて、見た目だけでも普通の盾にしたいけど、まあいいか。


 さて、今日は塔に登り、ためこんでいたクエを一気に片付けようと目論む。具体的には、4Fの魔性の杖と、6Fのソーサラーを倒すともらえる辞書(?)だ。このふたつのアイテムを入手すれば、クエも一気に片付くというもの。
 夕方に一度ログインし、バリアンさんとしばらく狩りをしたものの、とりあえず食事を終えてから塔を登った方がいいと思ったので、狩りも40分ほどで切り上げ。何人かとささやきあって、今日の夜に塔に登ることにする。

 夕食後ログイン。すでに旅人さん、シエーレさん、バリアンさんは塔の周囲にいた。
 Karinさんにも話はしていたのだが、いつ集まるかをお伝えするのを忘れていたので(申し訳ないです)、残りの一人は野良でメイジの方を加える。そんなわけで塔の中にピザーラ、お届け!

【1階】
 グリーンスライムにピザーラをお届け。マトックが出たので、メイジの方に差し上げる。
【2階】
 ブラックスライムにピザーラをお届け。自分が加わったパーティーで、初めてフェザー以外のアイテムを獲得。
【3階】
 メイジの方が「魔素クエをクリアしたい」とのことだったので、それも達成することに。自分が先頭を切ってブルーナイトやグリーンスライムを引きつけておき、NPCに話しかけたあとブルーナイトにピザーラをお届け。無事にクエをクリアする。

【4階】
 さて、問題の4階。ここのメイジを倒すと、たまに落とす「魔性の杖」が目的のひとつだ。
 とりあえずスタートしてすぐメイジが見つかったので、とりあえずピザーラをお届けしてみる。

対メイジ

 メイジと熱戦中の我々。
 で、このメイジを倒したら、「魔性の杖」手に入っちゃった。なんと一発で達成!これも2階でフェザーが出なかったぶん、運がこっちに回ってきたのかな。
 そのまま、例によって二手に分かれてクリアする。
【5階】
 ここはまたいつものように、大スライムを先に倒してからメイジを叩くことに。だがここからはピザーラをお届けできない(訳:レベルが10になるので、いつものシールドに付け替えた方が無難)。
 今回は大スライムの釣りが初めて一発で成功し、いい気分で退治に成功。メイジも難なく倒し、意気揚々と6階へと向かう。

【6階】
 さて、ここからが山場。
 6階は「巡回の敵」と「要所にある小部屋に沸く敵」とがおり、前者がレベル13と手強く、後者がレベル12と手頃。そして、肝心のクエアイテムはレベル12のほうのソーサラーしか落とさないのだ。
 巡回する敵はブラックナイトとソーサラーの2種類で、それぞれ逆方向に外周をひたすら歩き続ける模様。またシエーレさん曰く、扉の前は安全地帯で、巡回する敵はそばの通路を回り道していくとのこと。つまり、扉の前にさえいれば敵に襲いかかられることはないわけだ。ちょっと長いが、一番近くの小部屋で敵を釣って、扉の前まで引っ張ってきて戦う、というのもアリだろう。

 しかし、小部屋にいるのはたいていがブラックナイトで、やっとレベル12のソーサラーを見つけても、中々アイテムを落としてくれない。また、巡回する敵に通路で挟み撃ちにされることも多く、何度も何度も倒されて、そのたびに攻略のやり直しになってしまう。この階に来て、ついに事態が降着してしまった。
 何度目かの全滅の後、もう6階に来て時間もだいぶ経過したので、最後の一体を倒してもクエアイテムを落とさない場合は一旦解散しよう、と自分から提案。最後のレベル12ソーサラーを捜し出し、剣に運を託してみる。

対ソーサラー

 結果…落とした!最後の最後でやっと落とした!
 そんなわけで、長いこと放置していたクエをようやく消化できた。疲れたけど、塔も久々に堪能したし、楽しかった。


 その後、塔周辺にたむろっていると、ブログを読んで下さっているアルミさんに話しかけられる。
 会話の流れで、ドルガチャのギルなりきりセットの話になる。アルミさんはセットがダブってしまったそうで、倉庫を圧迫してるからと自分に譲ってくださるというのだが、何せリアルマネーを払って引いたクジの景品なので、自分としては無償でもらうのも気が引ける。
 そこで話し合いの結果、ゲーム内通貨(ギルダ)でお支払いすることに。


 かくして、


ゴールドナイト

 ピザーラ、お届け!

 …まあ、我ながら何やってんだという気にもなってくるが、この頃にはすでに酒を呑みながらプレイしていたので、その辺はまあ気にするな。


 で、今日の仕上げとして、各クエを実際にクリアしに、あちこち飛び回る。
 バビ西で辞書を渡し、岩穴の管理人に話しかけ、ジウスドラに魔性の杖を渡し、村に戻ってフェリエに話しかける。
 その後、「ルウアに話しかけろ」と言われたのだが、そのルウアが誰のことかをすっかり忘れてしまい、また村からバビ西まで行ってしまったのは内緒だ!
 そして、ルウアがイシターの巫女見習いで武器屋の横に立ってる人だったことをバビ西で思い出し、また村に戻りって話しかけてみる。

8分以内に持って行け

 噂には聞いていた、「8分以内に持って行け指令」。普通に走って持って行くと、かなりギリギリらしい(塔周辺の人の多さで重くなる危険もあるし)。
 じつは事前にここの要点を聞いており、先に塔のすぐ近くの石碑をホームポイントにするよう設定していたので、ドルガチャで引いた「帰還の書」で一気に塔周辺に向かい、ほんの2~3分でジウスドラの元へ。
 それでようやく、噂のねこのしっぽ的なものをいただく。
 …でも、正直野郎が装備するにはかなり微妙だ。ギルなりきりとも併用できないし。せめてアニメでニーバに生えてた尻尾みたいなのだったら、まだ男でも良かったかもしれないんだけどなぁ。まあいいか。

 これで今抱えてるクエは、どれも岩穴か迷いの森が目的地となっている。
 まずはレベル18に上がって、そしてそのへんのクエを攻略、かなぁ。


 あと、ここ最近何人かの方から、「ブログ見てます」とのささやきをいただきました。ありがとうございます。
 お役に立てるブログかどうかは不明ですが、なるべく単なる日記以上の内容にしていくべく頑張りますので、引き続きご愛顧ください。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

夜回り戦士

 最近、夜遅くにログインして一人で狩りをすることが多い。
 夜遅くにログインするのは、帰りが遅いとか見たいテレビがあるとか、だいたいそんな理由。そして、自分が入る頃には大抵の人はもう一日のプレイのシメに入っている時間なのだ。
 なので、相変わらず黒オベでちまちまとソロプレイ。いろいろな人の支援を受けながら(バフをかけてもらったりアイテムをもらったり)、地道に狩る。

 ソロで狩りをしていると、たまに深入りしすぎて危険な目に合うのだが、その時の回避法に「跳躍の書」が役立つのがわかった。そう、ドルガチャにおけるハズレアイテムとも呼べるアレだ。
 「跳躍の書」は、使用してからほぼ時間をかけずに対象の場所まで一気に跳躍する。ので、ピンチを脱する最終手段と言ってもいいだろう(もちろん、道のど真ん中に凶悪なモンスターを置き去りにするとかいう事態は招かないように)。トレインなんか起こすより、よっぽど生き延びる確率は高いし周りにも迷惑は掛けない。
 あと、クエに必要な黒オベにある「ニンカルラクの実」を採ってくるのにも、「跳躍の書」は役立つ。あの実がある周辺はモンスターがウヨウヨいるのだが、採ってすぐ「跳躍の書」を使えば無傷で済むのだ。

 まあそれはさておき、狩りにも飽きた頃そういえばアニメ連動の新クエが起きていたことを思い出したので、塔周辺に行ってみる。
 塔周辺にいる魔術師・ジウスドラに話しかけると、まずはラジャフ平原にある「魔岩石」を取ってこい、とのこと。

ジウスドラ

 これがジウスドラ。なんか色黒・銀髪・コートって、すっごく特定の層を狙ったような…。
 平原に行きマップを見ると、奥に紫色のポイントが記された場所があるので、そこに直行。

魔岩石

 これがその魔岩石。なんだかすごくシュールな絵だ。
 てか、こういうポリゴンのアラが見えちゃうと結構現実に引き戻されちゃうよね…。

 で、魔岩石を持ってきたら、今度は塔の4階でメイジの杖を奪ってこい、とのこと。これは独力ではさすがに無理なのと、事前にお誘いを受けていたので、明日以降にでも挑戦する予定。


 そうこうしているうちに、レベル18まで残り経験値が約1/3ぐらいのところまで来た。
 来週中にはレベル18になれればいいなぁ。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17歳とエピック進展とウミヘビ

 先日の日記に書いたように、ドルガチャで「プレミアムチケット3種セット(3日)」というものが当選した。
 これは「イシターの慈愛」「ハーサグの知恵」「ハタリの道具袋」の3つについて、それぞれ有効期限が3日間のものがセットになっているという内容。そういえば以前、ファンブックを買ったときにシリアルコードでもらった「イシターの慈愛(3日)」がまだ手つかずのまま残っていたので、ダブったなら丁度いいとばかりに使用。ついでに「ハーサグの知恵」も使ってみた。

 で、とにかく朝といわず夜といわず、黒オベのスライムお花畑でひたすら狩りに明け暮れる。
 慈愛の効果もあって、みるみるうちに(というほどでもないけど、今までから比べたら速いペースで)蓄積される経験値。
 そしてこの日、昼過ぎから狩りを続けていると、シエーレさんより「迷いの森に来てみませんか?」というお誘いを受ける。そういやまだ行ったことがなかったので、ご案内してもらうことに。


 迷いの森は、時間を問わずいつでも鬱蒼としている。

迷いの森

 どこで空を見上げても、ほとんど変わりない(朝になると一応空は明るくなるけど)。夕方になると、地面だけがオレンジ色になるので、それがまた不気味だ。

おはな

 マンイーター的なアレと格闘中(名前忘れた)。
 しかし、レベル16の自分は、このエリアの敵にはほとんど攻撃が当たらない。相手がレベル18で3回に1回くらい、レベル19だとほとんど空振りしっぱなしだ。よって戦力としてはほとんど役立たず。でも、そこそこ上のレベルの敵と戦え、さらに慈愛効果もあって、経験値はわりと稼ぐことができた。
 いろいろ巡っているうちに(レベル20の敵が出るという森の北側には行けなかったけど)、リアルで夜になったので一旦お開き。ちなみに、この日のリアル夕食はピザでした。


 夜、また一人で黒オベお花畑で狩りをしていると、旅人さんからレベル上げを手伝うという申し入れが。渡りに船とばかりにお願いし、お花畑で二人でひたすら狩り。
 途中、人が多くなってきたので奥の方のオベリオンを相手にしたり、それすら枯渇して困ってたら誰かがスライムを引っ張ってやってきて「天の恵み」と感謝するなど、いろいろあった挙げ句ようやくレベル17に。長かった…過去の記事を見たらレベル16に達したのが4月19日だから、足かけ2週間ちょいか。まあ、これだけ長くかかったのは序盤に何回か倒されてしまって、何度か経験値をフイにしてるせいなんだけどさ。あー、もっと早く黒オベ来てれば良かった。


 その後も少し稼ぎつつ、村に戻ってみると、村で新しいクエが発生していた(迷いの森でマンイーター的なアレをたくさん倒してこい、といういつものお使いクエ)。
 そういえば、自分のレベルによって発生するクエがあるということを思い出したので、他のクエをチェックしに、走ってバビリム西まで行ってみることに。案の定、城門で新たにクエが二つ発生してて、うちひとつは例の牛クエでもらえる「黒い箱」に絡んだクエ。しかし、その結末のショボさに脱力。

 で、その「黒い箱」に絡んだクエを依頼してきたのが、城門の北東にあるエリアの麦農家。
 そして、ここのエリアはパワードモンスター「ハードワーカー」の出現場所である。
 元々、ハードワーカーは一介のパワードモンスターに過ぎず、またエピックの進展のため倒さねばならない敵という意味合いしかなかった。ところが、レアアイテムで盾を落とすことが判明するや、それ狙いに昼夜人が張り付く異常事態に。そのため、エピック進展のためハードワーカーを倒そうにも、なかなか倒しづらい状況になってしまったのだ。
 この時(ちなみに朝4時過ぎ)、ふと見るとたまたま人がほとんどいなかった。ので、ここはハードワーカーを出現させる絶好のチャンス、と意を決して臨むことにした。

 パワードモンスターの出現については、事前に色々と話を聞いていた。
 要はエリアごとに出現するモンスターのテーブルがあり、モンスターが倒されると、そのテーブルの中から次に出現するモンスターが決められPOPする、というもの。そのテーブルの中にパワードモンスターがおり、低確率でそれが選ばれると出現するわけだ。
 自分がいたのは基本的にネズミしかいない場所なのだが、ネズミを倒し続けているとたまにスケアクロウが出現することがあり、なるほどその説も合ってるなぁ、と思いながら時間を過ごす。
 しかし、リアルな自分がそろそろ眠くなってきたこともあり、5時までにハードワーカーが来なきゃ退却しよう…と思っていた4時55分。
ハードワーカー出現。

対ハードワーカー

 やっときたああああぁぁぁぁ!
 周囲を見ても人はいないので、横取りされる心配はナシ。落ち着いてHPに気を配りつつ、やばくなったら薬もガブガブ飲んで…よし、倒した!さすがに自分はレベル17、相手はレベル16だから、普通に考えればそんなに危ない相手でもないのだが(さすがに攻撃力は高かったけど)、でもやっぱり緊張した。
 ちなみに、落としたアイテムは残念ながら「骨」。ハーサグの知恵も及ばなかったということか。でも、これでようやく話が進展する…。


 その後、クエを終わらせたり受けたりして終了。長い一日だった。


※オマケ
 謎のモンスター“ウミヘビ”発見!?

ウミヘビ1

ウミヘビ2 ウミヘビ3

 …ま、これは先日書いたターゲットを見失ったモンスターが元いた場所に戻るとき、地形を乗りこえていくという現象と同じ事なんだけど。
 ただヘビの移動モーションが本当に水の中を泳いでるように見えたので、思わず撮影してしまった。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

イシターゾーン

 厳密には今朝の話だけど、整理の都合上昨日の日付で。

 とりあえずネタには乗っておこうと思い、「BitCash20%ポイントバックキャンペーン」に参加することにした。
 とはいっても、魅力的なのは20%ポイントバックの方ではなく、「対象者には癒しのタブレット・集中のタブレットを10個ずつプレゼント」という方だ。タブレットは今後必需品になっていくだろうから、手に入れられる機会があるなら手に入れておきたい。
 そんなわけで、BitCashをセブンイレブン支払いで1000円分購入。ちなみに、2000円分以上購入すると20円お得になる(例えば2000円分のBitCashが1980円で買える)んだけど、10万円分買っても20円しか引かれないんだよな、コレ。

 で、せっかくだからコレを全部GPに変換し、ゴールデンウィーク中はドルガチャがイシターゾーン中だというので、回してみることにした。

イシターゾーン

 しかし、何度見てもパチンコみたいな演出だよなぁ。
 そして3回ほど回してみた結果…

結果

 「マエストロの研磨剤(30日)」
 「プレミアムチケット3種セット(3日)」
 が当たった。どちらも4等だが、実用性を考えるとなかなか良いものが引けたと言えよう。

 …ちなみに、もうひとつは非常に欲しくない部類に入る「跳躍の書(バビリム平原・南)×3」だった。ので小さく書く。

 GW中はイシターゾーンが続くらしいから、もう1000円分くらい買って回すかな…
 あ、でも今1000GPが余ってる状態だから、2000円分買って21000GPにすれば、ちょうど7回回せていいかな…
 …ということを考え始めると身を滅ぼすので、注意しましょう。でも、あと1000円分くらいは回すんだろうな、きっと。


 ちなみに、ブラウザからではなくゲーム中のドルガチャをキャプチャーしたところ、

キャプチャ失敗?

 こんなことになった。前からこんなんだっけ?

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

黒オベでのよしなしごと

 最近はちまちまとレベル上げくらいしかしてないので、2~3日分まとめて。

●油断できない場所・黒のオベリスク
 現在は黒のオベリスクを主戦場にしている。
 ここは地形の起伏が激しく、しかもあちこちにコウモリ(アクティブではないが、バトルにはリンクしてくる)がウヨウヨ飛んでいるという場所で、個人的には火薬庫の中みたいな油断できないマップなのだ。というのも、他にアクティブなヘビだのスライムだのも紛れているので、それに絡まれる→コウモリがリンクする→複数のモンスターに囲まれる…という地獄のようなコンボの危険性を、常にはらんでいるからだ。
 さらに、微妙な起伏の多いこの場所は、その起伏を乗りこえてモンスターが襲ってくることがある。崖っぷちで戦っていたところ、その崖の向こう側を飛来していたコウモリに絡まれるとか、崖下からヘビが登ってきて絡んでくるとか。

崖下からヘビ

 崖下から絡んできたヘビ。もう何度殺されかけたかわからないくらい苦労した。
 そういう意味では、マップとしてはわりと出来がいいと思う。少なくとも平坦な場所よりは、よっぽど退屈しないし。

●バグ(?)利用のPK
 黒のオベリスクでヘビだのコウモリだのを相手にしている最中、「PKに注意」という喚起のシャウトが流れた。
 手口としては、バトル中の相手をパーティーに勧誘すると、「パーティーに入りますか?」といった選択肢が出て、その間は操作ができなくなるらしい。そのシステム上の不備(と言ってもいいだろう)を突き、連続でパーティーに誘うことで身動きを取れなくし、そのままモンスターの攻撃を受け続けさせる、というもの。しかし、そういう方法によるPKが発覚したのもつい数日前の話だから、意外と盲点だったってことなんだろう。
 しかし、気になったのはPKをするキャラ名が、誰かの本名らしかったこと。「みんな、○○○○には気をつけて!」みたいな感じでシャウトにも流れていたけど、結局は誰かが他人の名前を悪意を持って膾炙するために、PKをしてるんだろうと思う。
 じつはそのPKが自分の近くにも来て、ちょっと肝を冷やしたんだけど(そういう意味ではPKの名前をシャウトしてくれたことは助かった)、レベルを見たら案の定レベル1だったので、スクショも撮らなかったし日記にも書かなかった。明らかに捨てキャラの名前を晒すだなんて、それこそ思うつぼだしなぁ。

 その後、運営側が修正してその手のPKはできなくなった模様。さすがに苦情が殺到したのかな。


●振り返らない人々
 最近は主に、スライムお花畑を狩り場にしている。黒のオベリスクのマップ中央下あたり、迷いの森に続く道の途中にある場所だ。
 ここは一本道の左右にお花畑があり、左右それぞれに7~8体のオベリスクスライムが蠢いている。道の細さと、オベリスクスライムのせわしない動きのおかげで、普通に道を通るだけでもスライムに絡まれるという恐ろしい場所と言えよう。
 で、ここは奥のさらにレベルの高いモンスターがいる狩り場、さらに次のマップ「迷いの森」に通じる道ということもあってか、そこそこ高レベルの人々が通っていく。そして、そのほとんどが、絡まれたモンスターを無視して走り去っていくのだ。
 これって、じつはそこを狩り場にしている人にとっては、迷惑だったりする。それは別に「経験値稼ぎのためのモンスターを持って行かれるから」「モンスターを引き連れたままマップ移動をし、ターゲットを見失ったモンスターがマップ切り替え地点そばにいるキャラを無差別に襲うから」というだけが理由ではない。一番困るのは、「ターゲットを見失ったモンスターが元いた場所まで戻る際、通常なら通ることのできないコースを通るから」だ。

崖を這うヘビ

 このように、普段通ることのない崖をぬめーっと這い降りていく。これがいつ来るか(そもそも来るかどうかも)わからないので、確認するまではうかつに休憩やバトルもできないわけだ。

 前々から思っていたんだけど、倒すのに苦労するモンスターじゃないからといって、いつまでも絡んできたモンスターを引き連れるのはやめてほしいし、ましてやそれを放置してマップ移動するのはもってのほかだ。絡まれたのはプレイヤーの責任なんだから、絡んできたモンスターは横着せず自分で後始末をしなさい、と言いたい。
 まあ、もっとも「アクティブなモンスターでもPCとのレベル差がある程度開いていれば絡んでこない」という設定をしていれば、とくにラジャフ平原なんかはこんな事態にならずに済むんだけどね…。いつぞやのパッチで「ラジャフ街道のアダルトウルフを一律絡まないようにしました」というのがあったけど、あれが初心者が最初に出くわすアクティブモンスターだったんだし、その対処法を学ぶという意味でもアダルトウルフを一律絡まないようにしたのは、本当はあまりいいことではないと思うんだけど。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。