ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

宝珠は人を惑わせる

 ログインする前にまず、昨日届いたばかりのアニメ『ドルアーガの塔』DVDを開封し、シリアル番号を入力してアイテムを獲得。お面はアーメイでした。
 そしてログインして、サンキューセット+ハタリの宝箱を早速使用。これで約1ヶ月間、もろもろの特典のほか生産の成功率も上がるわけだ。

 なので、その足ですぐ生産作業に移る。なるほど、スウェードや骨粉ならほとんど失敗しない。

生産レベル3

 そんなんで、またも地味に生産レベルが3に。すごいや、スクショ撮っても生産の経験値が入るんだね!(うそ)

土のオーブ

 レベル3になったので、土のオーブも生産できるようになった(製作図はあらかじめシエーレさんからいただいていた。多謝)。なるほど、こっちはエメラルドで作るんだな。昨日エメラルド稼いどいてよかった…。


 さて、そろそろオーブでも作ってみようかいな、という気分にもなってるのだが、そのための障害がひとつ。じつは研磨剤がまだ足りていなかったのだ。
 こないだの記事にも書いたが、研磨剤は骨から骨粉を作り、その骨粉から作られる。骨粉は骨×3、研磨剤は骨粉×5から作られるので、研磨剤をひとつ作るのに骨が15個、最低でも必要なのだ(もちろん失敗したらもっと必要になる)。
 ちょうどその折、旅人さんからお誘いを受け、森でハンババを倒して骨を稼ごう、という話で合意。約2時間、バリバリとハンババを倒し、骨を稼ぐ。

 その骨の山(とついでにレザーの山)を抱え、バビ東へ。東は倉庫と生産拠点が離れているんだけど、西はひたすら重いから、今のうちは東で生産するつもり。
 大量の骨から何とか研磨剤を生み出し、ノルマの20個は達成できた。クリスタルも50個すでにあるし、あとは店でお買い物。ちなみに、今回は炎のオーブの生産を実行してみる。レベル1だから、一番失敗しにくいだろうし。

炎のオーブ原石×20+鉄製の鋳型×10

 しかし材料高ェなオイ('A`) 合計約10銀も下準備にかかってしまった…。
 ともあれ、これで材料は全部揃ったので、いざ生産!

炎のオーブ完成

 無事完成した…が、何だろうこの脅し文句は。まあロスト関連は武器・防具の強化ですでに前例があったから、驚かなかったけどさ。
 効果はオーブを装着した時点で、いくつかの種類の中から決まるらしい。なるほど、だから取り外し用の道具が店売りされてるのか(効果が気に入らなければ、いい効果に巡り会えるまで装着→取り外しを繰り返せ、ってことなんだろう)。

 さて、いざ武器に装着…なのだが、やはり「消失の可能性がある」というのは、どこまでも恐い。
 なので、かなり前からGPが1000ちょっと余っていたので、「オーブの依代」を買ってみる。まあ念には念を入れて、だ。
 しかも、装着する武器は以前マサキさんから譲っていただいた、レア武器のトルクフルブレード。強い武器にオーブを装着すれば、まさに百人力だ(もちろん良い効果を引き当てれば、の話だけど)。
 アイテムボックスからオーブの依代をインベントリに入れ、いざ装着!

炎のオーブ装着失敗

 …おっかねええええぇぇぇぇぇぇぇ((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
 一番最初の装着から何たる仕打ちだろうかこれは。
 しかし、もはやここまできたら後戻りはできない。次は依代のない状態で装着を試みる。ええい、止めてくれるな! 宝珠に惑わされてしまった人間は、もはや後戻りができんのだ!

トルクフルブレード×炎のオーブ

炎のトルクフルブレード

 今度はつつがなく成功。見た目も炎に包まれていてカッコイイし、効果も攻撃力が増すような感じなので、申し分ない。

 こうして、初のオーブ生産&装着は(なんとか)成功。
 さーて、これで要領は大体わかったので、あとは研磨剤を工面すべく骨を砕きまくるか…。なるべくお金は掛けたくないし、ねぇ。原石だけでかなり飛んじゃうんだし。


※オマケ
 今回のオマケは、下ネタじゃないけどなんとなく折りたたんでみる。

宝珠は人を惑わせる…の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

SSコンテスト/ウルフハンター

SSコンテスト

 いよいよSSコンテストの一次選考が終了。自分のSSも無事20作品中に残った。
 とはいえ、明らかに負けたと思ったSSが何点かあるので、まあ正直最優秀賞は望み薄かな。
 ちなみに、本当は画像とタイトル、そして応募要項にはあったコメントで1セットのネタだったのだが、画像とタイトルが別々に掲載された上、コメントが載せられなかったので、その目論見も水泡に帰してしまった。ああ無念。


 でもって、本日はとりあえずクリスタルを50個集めよう、というのが目標。
 今朝ポストを見たら、通販で注文したアニメ『ドルアーガの塔』のDVDが入っていたので、サンキューセットはもう手中にある。だが今日は色々と疲れており、パッケージを開けるのも面倒臭い。息をするのも(ry
 だもんで、バビリム城門で周囲を伺いつつ、こそこそと狼を狩りまくる。

 …クリスタルが50個集まったのが、狩りを始めて2時間後。
 しかも、成果はご覧の通り。

素材

 エメラルドがほぼ倍、レザーに至っては3倍近く獲得したのだ。こんなにクリスタルって出にくい素材だったかなぁ…。
 ともかく今日は素材集めだけで疲れ切ってしまったので、バビ西で落ちる。
 明日はログインしてすぐサンキューセットとハタリの宝箱を使い、オーブの生産にチャレンジしてみよう。炎と水、どっちにしようかな…?

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

職人への道

 勘違いしてたのだが、クエ「森の人食い花」を終わらすには、森の軽率兵じゃなくラジャフ街道のボウケンに話しかければ良かったんだな。
 かくして、わざわざ森に戻って遠回りはしたものの、その後無事ボウケンに話しかけてクエは終了。これにて今度こそ完結、と。

 で、そろそろ骨と皮が貯まってきたので、本日は合成をしに一路バビリム西へ。
 もちろん、目的はそれだけじゃない。ようやくマップが解放されたバビリム東、そしてユーフレイト東岸を一目見るという大事なミッションがあったのだ。
 合成もそこそこに、まずはバビリム東へ。

バビリム東

 …人いねー。西の賑わいに比べると、この閑散っぷりはあまりにギャップが大きい。ま、今後東岸方面に人が流れてくれば、もっと賑わってくるんだろうけど。
 あと生産拠点はこちらにもあるので、マシンパワーがあまり高くない人とかはこっちで合成するのもいいかもしれない。
 個人的には、写真にある波止場前のゴチャゴチャした雑多な雰囲気が、すごい好み。なんかこれこそ街というか、人々が生活する場という気がする。こういう場所がスタート地点でも良かったんじゃないかなぁ。

 その足で、ユーフレイト東岸にももちろん向かう。船に乗っていくので、片道100銅かかるけど。

ユーフレイト東岸

 こちらは一気に荒涼とした感じの荒野。周囲にはレベル27の敵がウヨウヨと蠢いており、こりゃとても物見遊山どころじゃない。ので、早々に退散。でも、ここは曲が結構いい感じだった。ただ、BGMに向くかどうかはちょいと微妙かな。


 …と、観光もいいのだが、大事なのは生産である。
 というのも、装飾はオーブが生産できるというのは既報の通りだが、そのオーブも炎と水のなら、製作図が普通に店で売られているのだ。もうちょっとレアに勿体付けるのかなー、と思っていただけに、これは予想外。ちなみに炎のオーブは生産レベル1、水のオーブはレベル2で作れるので、それこそ材料さえあればすぐにでも作れることは作れる。
 …ところが、その材料こそが個人的には問題だった。それぞれのレシピは、このとおり。

炎のオーブ 水のオーブ

 オーブの原石と鉄製の鋳型は、それぞれ店で売られている。ただし、これらは1個でもけっこう値が張るのだ。それを10個とか20個とか…。あと、研磨剤は骨→骨粉から生産できるので、まあ多少仕込みは必要だが、調達はできる。
 問題はクリスタル。オーブと聞いたときからイヤな予感はしていたのだが…以前倉庫がいっぱいになったとき、ある程度ストックしていたクリスタルを全部処分してしまったのだorz そりゃ序盤は気がついたらイヤというほど集まってた素材だし、だからいつでも集められると思ってたんだよな…。
 しかし、今からクリスタルを集めるとなると、自分よりレベルが低いプレイヤーが経験値稼ぎをしている狩り場で、狼系のモンスターを何体も倒す必要がある。クリスタルが欲しいためだけに狩り場を荒らすのも、非常にしのびない。
 城門で少しだけ狼狩りをしてみたのだが、まわりに人がいない狩り場を探すのも骨が折れる。それこそ同じ狼を同時に反対側から狙ってる人がいて、しかもその人が自分を目にして立ち止まっちゃったりすると、とても気まずいのだ。

 ま、そんなこんなでオーブ生産までにはもうちょい時間がかかる模様。どのみち、アニメ(AoU)のDVDが届いて、中に入ってるサンキューセットを使ってからかな。
 あと、ずぅっと前に獲得したハタリの宝箱を未だに取っといているので、それも併用して生産の成功率をさらに上げるつもり。
 ようやく装飾職人としてみんなの役に立てそうだし、頑張るけど時間はかかるので大目に見て下さい。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

迷宮入り目前(完結編)+本日のアップデート関連

 …えー、完結しました。いや厳密には完結してないけど。

 本日ログインして、マンイーターの出現区画に行ってみると、先客は誰もおらず、かつマンイーターが居座っているという様相。これは天の思し召し、とばかりに周りを片付けてからマンイーターに挑む。
 …これがまた、掛け値無しに死にそうだった(;´Д`)
 相次ぐ気絶につぐ気絶、毒につぐ毒。なにせ気絶中に毒ダメージとか喰らうと、本気でヤバイ。タブレットを食い散らかしつつ、なんとか死なずに倒すことができたが、今までで一番苦労したマンイーター討伐であった。
 そして、無事に“大きな種子”も獲得。

証拠写真?

 …証拠となるのが、この画像しかないんだよなぁ、今のところ。
 マンイーターを倒した足で、軽率兵のところまで行ってこようかと思ったんだけど、山のようなアイテムを抱えてる状態だったのと武器の耐久値が不安だったので、今日のところはいったん引き返すことに。
 クエのクリアは明日以降かな。そういう意味で、厳密には完結していないのであったけど、まあ面倒臭いから完結編でいいやー。おしまい。


 それと、本日のアップデートを見て思ったことを少々。

●レベル上限が36まで拡大とのことで、いっそレベル26までの必要経験値を引き下げてくれればいいにゃーと思っていたが、そんなことはなかったぜ!
 てか、今のPCのレベル帯って26以下の人の方が断然多いだろうだから、そこまで甘くはできないか、いくらなんでも。
●ショップでアニメ『ドルアーガの塔 the Aegis of URUK』の第1巻DVDが売られていたのを見て吹いたが、さらにドルガチャの景品にまでなっていたのは、首をひねってしまった。
 いやさ、内部的にいくらでも確率は調整できるだろうけど、景品にまで出されるとな~んか安売りされてる気がして。ゴンゾ的にこれでいいんだろうか、本当に。
●武器にオーブを装着する「エンチャントシステム」が実装され、それに必要なオーブは装飾の生産で作ることに。これでロクに生産できるものがなかった装飾にも、いよいよ光が!?
 …と思ったけど、これって装備の強化と同じく、失敗したら武器もオーブもなくなるのな。いや武器までなくなるのはちょっと…。しかもオーブを外すのにも特別なアイテムがいるとか、なーんか理由を付けてはアイテムを使わせるように仕向けてるのが、鼻につくというか。
●ゲーム内の夜明けが2時間早くなり、トータルで昼が夜よりも長くなった。
 前に記事でも書いたけど、今までは夜の方が長かったんだよなぁ。だから、全体的に暗いゲームというイメージが強い人もいたかもしれない。
 ちなみに自分はたぶん意見として運営に送ったワケじゃないので、同じようなことを考えていた人がちゃんと意見を送ったのかな。それか、夏は昼が長いからそれに合わせたとか…。
●アップデートとは直接関係ないけど、ファンサイトリンクが実装される模様。
 で、レギュレーションなんぞを軽く見てみたところ、
―――――――――――――――
『ドルアーガの塔』以外の著作物とのコラージュや性的な内容、その他公序良俗に反するものなど、ゲームのイメージを著しく損なう行為は、禁止いたします。
―――――――――――――――
 うはwww絶対領域とかクリティカルヒットとか載せてるよ俺www修正されるねwww

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

迷宮入り目前(激闘編)

 夜、ログインすると旅人さんに声を掛けられ、短時間ながらハンババ狩りをすることに。
 ソロだとレベル21のハンババはまだ手が出せないが(倒せないことはないが消耗が激しいので、ムリして戦う必要はない)、ペアならそのへんの心配は無用。ひさびさに外周をぐるりとまわる形で狩り進める。

 ふと前を見ると、NPCの軽装兵(俺はなぜか軽率兵と呼んでる)ベライルの頭上に「」マークが浮かんでいる。ここ最近こっちに来てなかったので、気がつかなかった。マップ上だと、すでに請け負ってるクエ「淘汰せよ」のおかげで、アイコンが青色のままだしなぁ(クエ発生待ち状態だと本来なら金色になる)。
 どんなクエが発生するのか、話しかけてみると…

森の人食い花また発生

 あれ? こんなところでまた「森の人食い花」が発生した。
 前に記事に書いた時点では、「クリアしたクエ」欄に入っていたのに。これは結局、クエの変更前の名残りということなんだろうか。

 まあ、せっかく請け負うことができるんなら、あらためてマンイーターを狩ろうかな…。
 旅人さんと別れたあと、ひとりで行ってみたけど、案の定人がいたのと自分自身が猛烈に眠いこともあって、今日は早々に退散。また明日以降頑張ることにしよう。

【次回予告】
 マンイーターの息の根を止めるため、迷いの森に陣取るMIRROR/G。
 しかし、そこに運営の“定期メンテナンス”という魔の手が伸びる!
 果たしてMIRROR/Gは無事“大きな種子”を手に入れることができるのか!?
 次回!「迷宮入り目前(完結編)」お楽しみに!


※オマケ

スモーリオンズ

 居合わせた方も多かったけど、なんとスモーリオンが二匹同時に出現していた。
 そういや昨日、平原でハードワーカーが二体同時に出現していたのも見たし(もしかしたらギリギリの時間差で既出のが倒された直後に、新たなのが出現しただけかもしれんが)。運がいいのか悪いのか…。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Photogenic

SSコンテスト告知

 もー、何度も何度も告知が来るので、仕方なく応募することにした。
 …というのはウソで、もともとこういうネタに知恵を絞ることは好きなので、むしろ望むところである。
 ただ、今回は「エモーションを使用した面白いSS」というレギュレーションが決まっているので、普段このブログで晒しているような脳天気なSSでは応募できない。まあ、応募してもクリティカルヒットとかは確実に落とされるだろうけどな!

 で、知恵を絞った結果、ひとつネタは思いついた。ただ、それには自分一人ではムリで、他の方々の協力が必要となる。そして昨日、なんとか協力者は集められたので、いざ撮影…の前に、そのSSが確実に撮影できるのかどうか、自分一人で実験してみた。
 結果は…ダメだったorz
 何がダメなのかというと、SSというのは撮影者が常に中心にいるということ。このため、全員を入れようと遠くから撮影しても細部がわからないし、近接するとほとんど自分しか写らなくなってしまう。こりゃSSだから仕方ないけど、結局目論見は外れてしまったわけだ。
 あと、皮算用になるけど複数人で撮影したSSが入賞したとして、それで得られた賞品をどう分配するかだよなぁ。このへん注意事項には特に記載はないけど、どうなるんだろうか。

 それはともかく、その後一人用のネタを考え、本日それを撮影してきた。
 入賞するかどうかはわからんけど、とりあえず応募だけはしてみるつもり。ネタ師としては、ともかく参加あるのみ!


※オマケ

インベントリウィンドウの俺

 撮るだけ撮っておいて、ずっと出すのを忘れてたネタ。
 インベントリ(アイテム)ウィンドウ内の自分は、右クリックしながらマウス操作で横方向に回転できます。無論、倫理上タテ回転は不可能。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

牛の歩みなれど

 昨夜(と言うより今朝)無事にクリア条件を満たした、メイヤーのクエ。
 今日ログインした後、とりあえず荷物整理をしてから、その報酬をもらいに行く。

ポーションオブメイヤー

 こりゃいらねぇ('A`)
 性能的にはラットの干し肉のタブレット版? 譲渡不可(=個人商店で売ることも不可)なので、自分で使うか売るかしかないか…。


 今日は経験値稼ぎも兼ねて、なんとなくエルブルズの岩穴へ。
 移動しながら思い出したのだが、そういえばここに出現するパワードモンスターの中に、テインテッドプール以外にもクエのカギになってるのがいたなぁ、そういえば。
 移動しながら調べると、そいつは「フェイタルポイズン」という名で(ヘビ系のパワードらしい)、マップ中央にある湖の西側、突き当たりに出現するらしい。こいつを倒せば神官の遺骨が手に入り、Epicが先に進む模様。
 とりあえず様子だけ見に行き、誰かいるならまた右上方面で骨とか狩ってればいいかー、と思っていた。

 そしてやはりすでに先客はいた。まあ仕方ないか…と思いつつ、ちょっと戦いで体力を消耗したので休んでいたところ、先客の方から声を掛けられる。なんと、偶然にも自分のブログを読んでくださってた方だ。
 「クエが終わったら帰ります」とのことだったが、自分としては様子見のつもりだったので、お構いなくとお返事。ところが、それから少し経って、無事クエを終えたのか先客の方々が帰っていったので、ならばと自分が奥に張り付くことにする。

 …しかし、ここが案外キツイ。レベル18のヘビが3ヵ所でPOPするのだが、その間隔がかなり短めなのだ。座って回復しようにも、満タンになる前に新しいのがPOPする感じだし。
 そうこうしているうちに、居座って30分ちょい経過したところで、念願のフェイタルポイズン出現。

フェイタルポイズン

 レベル20だったのでもっと苦戦するかと思ったけど、そこは両手斧パワーで意外にも早く片付けられた。かくしてEpicを無事先に進めることが可能に。

フレッシュイーター祭り

 帰り道、なぜかフレッシュイーターの群れに遭遇。パワードだからレアな存在だとばかり思ってたけど…(この3体の手前でフレッシュイーターと戦ってる人もいたし)。

 でもって、Epicを進めてみる。

スモーリオンを倒してこい

 来たぜ!噂のスモーリオン討伐クエだ!
 まあこないだ出現していたのは見た(その時は珍しく誰からも相手にされてなかった)のと、後から出現するご家族のことは聞いているので、まあこれはおいおい挑戦しようかと。てか少なくともソロじゃムリだろうなぁ。


 その後、ラジャフ村でちょうど塔への登頂を終えて戻ってきた、旅人さんとシエーレさんに遭遇。
 この機会に、お互いが貯めていた生産用の素材を交換することに。自分にとっては必要のないものでも、他の人にとっては生産に使える大事な素材となる。このへん、やっぱり仲間がいるといろいろと心強い。
 旅人さんがだいぶブロンズを貯めていたらしいので、ならばとこちらもだいぶ貯めていた赤土を提供することに。トレードの結果、大量のブロンズが手に入ったので、これはパーッと生産で使ってしまわねばなるまい。そんなわけでバビ西へ。

 さて、どうせなので生産でたまる経験値の変化を見てみることにした。
 現在は装飾のレベル2。ここでブロンズリング◆の生産を100回繰り返してみることにする。
 その結果が以下の通り。

生産前

生産後

 ちなみに、内訳は成功が2/3、失敗が1/3くらい(正確な数をメモしそびれてしまった)。一応、失敗しても経験値は入るっぽいけど(自分が生産レベル2になったのが失敗したときだったので)、それでも全体の16%程度の伸びか…。
 レベル2ですらこんな上がりにくいんだから、上位のレベルに行ったらもっと上がりにくくなるんだろうなぁ。いやそれ以前に製作図が手に入るかどうかもアヤシイけどさ。


 その後も狩りなどしながら、まったりと週末の夜は更けてゆく。
 次の水曜日に一挙に4マップ拡張&レベル上限を36まで拡張っぽいけど、当面自分には関係なさそうだしなぁ。まあ今日はそこそこ経験値は稼げたので、てきとーに頑張りますか…。


※オマケ

鉄壁の護り

題:『鉄壁の護り』

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

待てば鼠の日和あり

 アニメの話はしないよ!
 GyaOジョッキーでリアルタイムで最終回見たけど、ここはネトゲのブログなのでアニメの話はしないよ!

 で、アニメが終わったらすかさずログイン。フレの方とアニメの感想を交わしつつ、経験値を稼ぎつつ、アイテムも集めつつ。
 それにしても、レベル21になった途端、経験値がグッと上がりにくくなった。そろそろザコも、倒すのに手間取るのばかりになってきたからなぁ。マントラップとか倒すのに時間かかるし、ましてやハンババだと運が悪けりゃあっという間に倒されてしまう。

 まあそれはそれとして。
 とりあえずこの辺でいいか、というぐらい戦い終わったのが、朝の5時過ぎ。夜も白々と明け始めているし、これはそろそろ寝なくちゃ…と思いつつ、ついでに生産の準備だけでもしておこうかと、バビリム西を目指す途中。

 …パワードネズミことバビリムトゥースが出現する場所に、誰もいない。
 もしかしたら、この機会を逃したらバビリムトゥースを狩ることなんか、もう二度とないんじゃなかろうか?
 そう思ってしまったのなら、もはやこれは待つしかあるまい。

ギルなりきり正座

 ひさびさの正座姿ショット。ちなみにギルなりきりの脚を装備して正座すると、ヒザの部分が妙なことになる。
 前にバビリムトゥースを待ったとき、自分で決めたボーダーラインを超えた10分後に出現したという、非常に悔いの残る結果になってしまった。明日は幸いにも休日だし、ここは体力と気力が続くかぎり居座ってみようではないか!
 ネズミが約3分間隔でPOPすることはわかったので、その3分の間なら、ある程度好きなことができる。歯を磨いたり、ネットの色々な作業をやったり。そして3分に一度、緊張するだけ緊張しては、普通のネズミが出現して落胆することを繰り返す。

 …出ない。3分の間にやれることはあらかたやり尽くしたし、こうなってはもう他にヒマをつぶす手段がない。
 そんなこんなで、居座ってからかれこれ1時間が経過しようとしていた。これで1時間という節目に出現してこなければ、もう寝ちゃおうか。それとも、こんなことぐらいで弱音を吐かずにPOPするまで居座り続けるべきか…。半分霞がかった頭でそんなことを考えていた、ちょうど1時間経過したとき。

対バビリムトゥース

 うおおおおおおお!!!!
 何という空気を読んだ出現。突然デカイ影が現れたのでビビったが、それでもあっさり屠ることに成功(レベル差を考えれば当たり前)。そして、ようやくメイヤーのクエがクリア可能になったのだ。長かった…!


 居座ってからきっちり1時間後に出現したという、出来過ぎにも程がある演出だったが、これでようやく肩の荷が下りた感じだ。
 前日の記事じゃないけど、物理的にクリア不可能になったクエがいつまでも残り続けてるのは、なんかスッキリしないからなぁ。そういう意味では、クリアにこぎ着けられて良かった。
 もはや誰を支援して、誰がアニメに出ようが構わないんだけどさ。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

迷宮入り目前

 最近は少しログインするものの、ほとんど何もやってない。
 これも仕事が忙しかったり、頭痛が痛かったり、ギタドラの新作が出たりしたせいだ。まあ一番大きな原因は、生産にちょこちょこ手を出したおかげで、レベル上げとも生産専念ともつかない中途半端な状態になってしまったことなんだけどさ。


 さて、じつは今、困ったことが起きている。
 先日の日記で、テインテッドプールを倒してクエを進めた、と書いた。
 これで発生するクエというのが、ラジャフ街道にいるボウケンのクエ第3弾だ。
 ところが、ここで受けたクエが、どうもおかしい。まあぶっちゃけて言ってしまうと、自分の受けたクエの内容がWikiに載っているものと違うのだ。

クエ「森の人食い花」

 具体的にはこの通り。話の流れは、ボウケンと自分とどちらが速く迷いの森まで行けるか、みたいな内容。成功条件が「合金製ペンダントの入手」と「森の案内人ムルシドに会う」ことになっており、実際に迷いの森に行くとムルシドに「!」マークが表示されていて、会話をしたらクエがクリア扱いになってしまった。しかもこの時、ムルシドに合金製ペンダントを渡しており、報酬として解毒剤×5ももらっている。
 ちなみにログの方も、
―――――――――――――――
2008/06/14 22:56:10 :解毒剤を5個手に入れました。
2008/06/14 22:56:11 :合金製ペンダントが1個消えました。
―――――――――――――――
 …こんな記録が残っているのだ。

 で、森のマップを見ると、奥の方でクエが発生している。行ってみると、こんなクエを引き受けることができた。

クエ「強運への道」

 これ、Wikiを見る限りではレベル23にならないと発生しないクエらしい。ちなみにこの時も今も、レベルはまだ21だ。しかも、こっちの成功条件にも「合金製ペンダントの入手」が入っている。ペンダントはさっきムルシドに渡してしまったため、手元にはない。しかも、バビ西のスフヤーン(合金製ペンダントをくれた人)、ボウケン、ムルシドの誰に話しかけても、もはやペンダントのペの字も出てこないのだ。


 まとめると、
●クエ「森の人喰い花」がマンイーターを倒す内容ではなかった
●必要なレベルを満たしてないのに、クエ「強運への道」が発生し、受理できた
●合金製ペンダントが消えてしまったため、クエ「強運への道」のクリア条件を満たせなくなった

 …結局コレってバグなのか、それとも解決の糸口に俺が気がついてないだけなのか。う~む、よくわからん。どなたか情報求む。


対マンイーター

 こないだ、張り切ってマンイーター倒したのになぁ。これもすっかり徒労に終わってしまった。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 |

文武不両道

 今日も素材を集めては合成し、集めては合成し。


生産レベル2

 とても地味に、生産レベルが2に上がる。あれ、公式だとやたら派手な演出の画像が載ってたんだけど、おっかしいなぁ~。
 ともあれ、これでアイテム欄がほんの少しだけ片付いた。晴れて皮を鞣すこともできるようになったし。


 生産も一段落したので、今日はエルブルズの岩穴に行ってみた。
 考えてみたら、岩穴でスケルトンを狩っていれば経験値も稼げ、アイテムとして骨(もちろん砕くための素材)も手に入るし、さらにクエ「死者に鎮魂を」もクリアできる。これは生産を始めたばかりの身にとって、結構おいしい話だ。
 奥にはエルブンバンパイヤ、グレーターエルブンバンパイヤもいる。ただ、グレーターはレベル21なので自分とどっこい、となるとあまり相手にしても一戦ごとに疲れ切ってしまい、効率は良くない。なので、坂の途中でレベル18の骨やレベル19のエルブンバンパイヤをしばし狩りつづける。

 …武器がへたってきたので切り上げたのだが、正直合成素材的に、あまりおいしくはなかった。アレかな、もっと集中的に骨を狩ることができる場所で稼いだ方がいいのかな。しかも経験値もあまりおいしくはなく、ほんのちょっとだけメーターが上がった程度。
 ううむ、経験値も生産素材も稼げる効率のよい狩りは、なかなか難しい。場所を変えた方がいいのかな…。


 さらに、本日もまたラジャフ平原でネズミ狩り。
 こっちはブロンズリングの材料を稼げるのは昨日書いたとおりだが、反面経験値は全く稼げない(当たり前)。しかも、ブロンズを100個集めたとしても、最大で25回しか合成できないからなぁ。レベル1のときはかなり助かったけど、レベル2になると、やはり生産の経験値もやや上がりにくくなってくる。

 ちなみに、今日は前にメンテ補償か何かでもらったまま使っていなかった、ハタリの道具袋を使ってみた。それで生産が失敗しにくくなったり、「謎の商人」からアイテムがもらえる(ちなみに今回は「移動速度向上ポーション」だった)ほか、個人商店を開くとこんな事になる。

派手な個人商店

 いや~、なんか正直、恥ずかしいわぁ。たしかに人目は引くんだけどさ。


 で、本日の感想。
 やっぱ文武両道はムリ。レベル上げと合成用素材の収集は、必ずしも一致しない。
 よく聞く「合成は金食い虫」という言葉も、つまりは合成素材は自分の手で集めるより、個人商店などから買った方が早い、ということなのかもしれない。レベル上げに専念して、そこで得た金を生産用素材に注ぎ込むのが、一番効率的なんだろうなぁ。
 生産はまだまだレベル3には遠い。う~む、いっそレベル上げに専念した方が良いのだろうか?

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おせいさん

 今日は生産について。時期的には昨日の話も混じってるけど、今日はほとんど何もしてないので、まあ気にしないように。


 こないだの大規模アップデートで生産という要素が盛り込まれたのだが、正直言って何をどうすれば生産できるようになるのかが、非常にわかりにくい。そのせいで、生産そのものにいまひとつ手を出しにくかったのだ(自分だけかもしれないけど)。
 なので、今回は自分が生産に至った手順を、順を追って書き記してみる。

【1】技能書の入手
 生産をするためには、それぞれの系統(刀工、鋳造など)の技能書(正確には「技能修得書」)というものが必要になる。これはとくにクエをこなす必要はなく、ただアイテム「○○技能修得書」を使うだけでいい。
 で、その技能書がどこで手に入るのかというと、。そのエニグマ宝箱の中身としてしか(今のところ)手に入らないのだ。よって、少なくとも塔のある程度高い階(8階以降?)まで昇れるレベルの人じゃないと、原則的に生産をすることすらできない。
 ただし、個人商店で技能書を売ってる人も多いので、そこから購入するのもいい。手っ取り早いし。
 自分の場合、ほかの技能書を求めて塔に挑んでいた人から、たまたま「装飾技能修得書」を譲ってもらった。ようし、俺は装飾の道に生きるぜ! …レシピが異様に少ないけどな!

【2】製作図の入手
 必要な技能を修得したら、あとは材料を揃えて…と言いたいところだが、その前に。
 ものを生産するにあたっては、必ず“製作図”というものが必要になる。これを使ってレシピを覚えさせることで、初めて生産に移行できるのだ(逆に言えば、いろんな材料を試して何ができるのかな? といった遊びかたはできない)
 しかし、これもまた気づきにくかった。まず、あちこちで「骨を砕く」と言われている生産の作業があるのだが、どうすれば骨を砕けるのかがなかなかわからなかった。技能を修得してから、アイテム欄の骨を選んでみても、特に何も起きるわけでもなし。いったいどうすれば、俺に骨を砕かせてくれるんだ!?
 …と、ここでようやく材料店に気づく。ラジャフ村にもバビ西にもあった、材料商人のいる店。ここは、生産が実装されてからようやく店として機能し始めたのだ。とはいえ、村ではまだ生産ができないこともあり、店はオープンしていない。それが、なかなかバビ西の材料店の存在に気がつかなかった理由なのだが。
 で、店を覗いてみると、たくさんの製作図が。その中に、「骨粉の製作図」というのもある。これを購入してレシピを覚え、晴れて骨が砕けるようになるのだ。…ていうか、製作図見ないと骨も粉砕できんのかお前は! と思ってしまったのは内緒だ。

【3】いざ、生産
 ようやく、材料さえあれば生産が行なえるところまで来た。
 生産そのものは、バビ西の東側にいる各生産系統の職人に話しかけることで実行できる。裏を返せば、今のところバビ西以外では生産できない。『FF11』とかだと、材料さえあればどこでも生産できたんだけどなぁ。あれはいい暇つぶしになったのに。
 で、生産(というか骨を粉砕)してみる。

骨を粉砕中

 何を生産するかを選んだら、あとは「生産」ボタンを押すだけでガンガン生産してくれる(失敗することもあるけど)。ワンクリックで勝手に生産してくれるのは、スピーディで良い。

 ちなみに、今のところ自分ができる生産というのが、骨粉とブロンズリングしかない。それもこれも、自分の生産レベルがまだ1だからだ。レベルはひたすら生産に成功することで上がるので、まずはできるアイテムが不要なものでも、作るだけ作ってしまわなければならない。
 骨粉はレベル1でも生産でき、しかも系統を問わず誰でも作れる。ブロンズリングは、同じく装飾のレベル1で生産できるもので、材料も「ブロンズ」「ブロンズリングの破片」だけで事足りる。
 …あれ? 「ブロンズリングの破片」って、どこかで見た文字だ。
 その記憶をたどり、あるクエを解いてみると…やっぱり、もらえるアイテムの選択肢のひとつに、ブロンズリングの破片が入っている。そのクエというのが、ラジャフ平原でネズミ肉を10個集めるあのクエだ。
 面白いのが、ネズミを倒すと落とすアイテムは、ブロンズが圧倒的に多い。そして、ネズミが絡んだクエをクリアするともらえるアイテムに、ブロンズリングの破片がある。つまりは、このクエをクリアすることでブロンズリングを生産するための材料がどちらも手に入るわけだ。
 生産が実装されて以来、既存のクエの報酬に生産の素材が入るようになったが、もしかして他のクエでもこういった「特定アイテムの生産に必要なアイテムが集められるクエ」ってのが、あるかもしれない。このへん、狙ってやってるのかな。


 …そんなわけで、昨日と今日はかなりの時間を、ラジャフ平原でのネズミ狩りに費やしてしまった。
 しかしなぁ、POP頻度が上がったからいいようなものの、やっぱりレベルが1ケタのPCに混じってネズミ狩りをするのは、やっぱり心苦しい。もちろん配慮はしてるつもりですよ、ええ。
 ともあれ、早いとこ装飾生産レベル2にならないと。「スウェード」と「アンダルサイトネックレス」の製作図を、ぎゅうぎゅうのアイテム欄から早く消し去りたい…!

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

縁も酣

 昼過ぎにログインしたり、途中で抜けてアニメ11話を見たりいろいろしたり。
 んで再度ログインして、森でちまちまソロで狩りをしていたところ、ちょうど森にバリアンさんがログイン。こちらがもうちょっとでレベル21ということもあり、レベル上げのお手伝いをしてもらう。
 …しかし、経験値はあとほんのちょっとのハズなんだけど、なかなかレベルアップしてくれない。結局、1時間くらいかかっちゃったのかな?
 ともあれ、

レベル21に(全身)

 恒例のレベルアップ写真。
 しかしレベル20到達が5/27だから、二週間以上か。ちょっとこりゃかかりすぎだなぁ。ともあれ、じわじわでも着実にレベルは上げていきたい。こないだみたいな凡ミスでの経験値減少なんて、バカらしいことこの上ないからなぁ。


 さて、レベルが上がって次に何をしようかと検討した結果、エルブルズの岩穴に行くことになった。
 というのも、森でレベルアップ中にマンイーターが出現したのを見たのだが、あいにくマンイーターを倒すクエがまだ発生していない。そのことをバリアンさんに話すと、どうやら岩穴に出現するパワードモンスター、テインテッドプールを倒すクエがまだ終わってないからじゃないか、とのこと。
 ただ今日は週末の日中(とはいえもう18時過ぎだったけど)。岩穴が混雑している可能性は十分にある。まあ、だけど混んでたら混んでたで、経験値稼ぎとかにシフトすればいいか。ともあれ、バリアンさんとは岩穴前で再合流することに。

 岩穴に入ると、やはりものすごい人だかり。
 入口付近にいる人々を尻目に、我々は奥へと向かう。テインテッドプールの出現場所は、マップ中央にある湖の東側。いつもだったら、だいたい誰か人がいるのだが…お、今日この時間に限って、誰もいないぞ! こいつはチャンス!

ダーティープールまみれ

 とりあえずムチャクチャな数のダーティープールを倒し、腰を落ち着ける。時折ダーティープールが沸くので、それをちまちまと倒しながら、テインテッドプールの出現を待つ。さて、何十分かかるか…
 …と思ってたらものの10分もしないうちに出現しやがった!
 あまりに突然なうえ、出現してすぐどつき倒されたのですっかり慌ててしまい、さらに意外にもカンタンに倒せたので、結局スクショを撮りそびれてしまった…ううむ。でも、これで一番ハードルが高いと思われていたクエが、ようやく先に進むことができるのだ。

証拠

 一応、証拠画像。まあ疑う人なんていないだろうけど。

 その後、バビ西で相次いでいろいろな方と遭遇。お話をしたり、なぜかいろいろなアイテムをもらったり。なんだか今日はいろいろなものをたくさんいただいてしまった…。おかげで外見も前に期間限定でやってたギルジル折衷装備にできたし、何よりついに生産に挑めるようになった(これに関しては後日)。
 そんな嬉しさを噛みしめつつ、夕食のためログアウト。


 夜に再度ログイン。
 とりあえずテインテッドプールのクエが終わったので、それでようやく発生したいくつかのクエを解くべく、あちこち走り回る。誇張表現じゃなく、ホントに走り回ることになるなぁ、これ。
 その途中、バビリム平原でネズミのパワードが沸く場所のそばを通ってみる。ここでネズミのパワードを倒すクエをこないだ請け負ってしまったので、いつかなんとかしなきゃならんのだ(つっても6/25)までにやればOKらしいけど)。
 なので、せっかく人がいないなら、と腰を落ち着けてみる。時折沸くレベル6ネズミを倒しつつ、ひたすら待つ。

 …しばらくすると、メイジの人が「PD待ちですか?」と話しかけてきた。目的は同じだったようなので、パーティーを組み、ふたたび待機。
 …しかし、出ない。本当に出ない。

ごろごろ

 あまりに出ずヒマなので、思わずごろごろ転がる二人(奥がメイジの人)。
 レベル6のネズミは再POPまでに2~3分もインターバルがあるので、待つのはかなり苦痛だ。ほとんど拷問に近い。
 もうかなりの時間待ったので、他のクエもあるし、22時半までに出なければ自分はあきらめます、と伝えて待つ。しかし待った甲斐もなく、時間切れにつきメイジの人に別れを告げ、再び走り出す。

 …約10分後。
 「今でましたよ」と、メイジの人からささやきが来る。マジか!
 …でも自分であきらめるボーダーラインを決めちゃったんだから、仕方がない。とりあえずおめでとうと伝え、再びクエに精を出す。
 まあ、こういうこともあるわな。また今度頑張ろう。
 その後クエを消化しつつ、いろいろやったのだが、それはまた後ほど。


 今日は色々なところで、縁というか人と人とのつながりを感じた。
 いやホント、レベル上げに付き合ってくれたりとか、こんなサボり気味な自分にみなさん色々とありがとうございます。たくさんの人から支えられているんだなぁ、とあらためて実感。
 もちろん、自分もいろいろな人を支えたり助けたりしているつもりではあるけど。だって、それが縁ってヤツだから。

 ちなみに、さっきのメイジの人とは約1時間後、迷いの森で偶然再会した。これもまた、縁だ。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

眠気には勝てない

 まあ今回はタイトルがそのままオチなんですが。

 毎週金曜日は毎度毎度ログインが遅く、今日も午前1時半をまわったあたりでログイン。先日の緊急メンテで森の中で落ちたので、そこからしばし狩りの続き。
 と、そこで旅人さんから狩りのお誘いが来る。1時間だけ、とのことで森でしばらく狩ることに。いったん村に戻り、武器を修理してから再び森へ。

 …しかし、眠い。
 狩りを始めて30分ほどで、自分も旅人さんも眠気に襲われてしまった。それでもなんとか狩り続けるが、道を往復して敵を求める単調さと、自分の場合はBGMに穏やかな曲を流したのが敗因だったか。
 せめて自分がレベル21に上がるまでは…と思ったが、あとちょっとというところで二人ともギブアップ。ちょうど3時になったので、森の入口まで戻ってお開きにする。お疲れ様でした。

 うーん、いつもだったら4~5時頃まで粘れるんだがなぁ。BGMをもうちょっと激しいのにすれば良かったかな。


※オマケ
 今回このままじゃオチないので、ちょっと下品なスクショを載せます。念のため折りたたんでおきますね。


眠気には勝てない…の続きを読む

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

The Least 900 sec

 なんでも、森のモンスターの沸かなさっぷりが、一夜にして手が入ったらしい。ということは、昨日の定期メンテナンスで前の状態に戻ったことが、そもそも間違いだったってことか…。
 しかし、本番サイトのどこをつついても、その記述が見あたらないのがなぁ。森で偶然会ったシエーレさんに話を聞くまで、本当の事かどうか確信が持てなかったから。そういう大事なことは、恥ずかしがらずにちゃんと表明してくれよ、もう。

 …と、呑気に森で狩りを続けていたところ。
 シャウトで「トラブルが発生した模様」という第一報が入る(このとき22時ちょい過ぎ)。なんでも岩穴で狩りをしてたら急にフリーズして、再度立ち上げてみたら死んで村に戻されていた、という。
 フレンド登録リストを開いてみると、たしかにさっきまで岩穴や塔にいた人がリストから消えている。これって、5月の大規模アップデート直後にもあったトラブルと同じ現象? 森は何ともないってとこまで同じだし。
 念のため、敵が来ない安全地帯のそばに移動し、そこで狩りを続けると…30分後、ようやく公式サイト更新、そしてゲーム内でもシステムメッセージが表示される。

キンコーン

 でもさ、こういう時って公式サイトよりも先にゲーム内で報告するのが先なんじゃない?
 まあともかく、15分後には緊急メンテナンスか。さてどうするか、時間ギリギリまで稼ぐのもアリかな…。

 と、その時。モンスターが一斉に消失した。
 何かと思ったら、どうやら安全な場所へ避難するための特別措置として、モンスターを消したらしい。シャウトでそれを依頼した人がいたのは見たので、それを即座に反映させたようだ。前回のトラブルの時は村にいたからわからないけど、同じような措置をしたのかな。
 ちなみに、ちょうどその時に戦ってた最中のマントラップは、消えたかと思ったらしっかり花の蜜を残していってくれた(笑)。

 さて、敵がいないんじゃ用済みかな…と思いきや、その後モンスターが普通にPOPしたし。
 この時、サーバーシャットダウンまで残り10分。となると、やることはひとつ!

それでも戦う

 残り時間はもうほとんどないが、ライバルがいないのをこれ幸いとばかりに、POPしたモンスターを狩りまくる。まあせいぜい数分だから、大した稼ぎにはならないんだけど…でも、せっかくの遊ぶ時間を台無しにされちゃったんだもんなぁ。せめてもの抵抗というか。
 ともあれ、そんな孤独な時間は数分で終わり、這々の体で安全な場所に戻り、ログアウト…しようと思ったら、先に向こうから落とされた。ともかく、15分のカウントダウンはこのようにして終了したのだ。


 ちなみに、さっきも少し書いたけど、フリーズした区域とそうでない区域が、前回のトラブルとおおむね同じなんだよなぁ。ということは、あれから状況は改善されてないってこと!?
 兎にも角にも、イベントとかよりも先に堅牢な環境を築いて下さい。それがユーザビリティってヤツです…。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

適敵適所

 本日は定期メンテナンス。またいろいろと変わったらしい。エルブルズの岩穴のモンスター出現間隔を調整したとか。

 で、早々とアニメ連動クエ第4弾がスタート。おいおい、まだ第3弾もロクに進めてないのに、それも期間限定だなんて…と思いつつ、バビ西へ。
 要約すると、3人の依頼者のうち誰かの依頼を受けてこい、とのこと。

アルタイル メイヤー ガルファ

 左から順に、アルタイル、メイヤー、ガルファの3人。
 彼らはそれぞれ何をしたいのかというと、アルタイルは「更なる交易の発展」、メイヤーは「市民の参政」、ガルファは「冒険者のための組合作り」、とのこと。そして、この段階では何をやらされるのかまでは教えてくれない。
 おそらく、もうWikiにはいろいろとまとまっているとは思う。だけど、今回はあえてノーヒントで、自分の直感に賭けてみたい。
 そして自分が選んだのは、メイヤー。理由はカンタン、やりたいことが一番冒険者向きじゃないからだ(このへんはマイナー好きの血が騒ぐ)。

 そして、肝心のメイヤーから依頼されたのが、「バビリム平原に出没するネズミのパワードモンスターを倒して、クエアイテムを取れ」というもの。…正直ハズレだったorz だって、よりによってパワードモンスターだもんなぁ。取り合い必至に決まってる。テインテッドプールすらまだ倒してないというのに。
 案の定、出没する場所に向かってみたが、すでに数人が張り付いている状態だった。まあいいや、これは折を見てじっくり取り組むことにしよう。


 その後、経験値を稼ぐべく、いつものように迷いの森に向かう。
 …ところが、どうも様子がおかしい。敵のPOP間隔が遅くなっている。先週の定期メンテナンスより前の状態に戻されたような感じだ。
 一応、自分としては先週のメンテ後~今週のメンテ前までのPOP間隔は、早すぎだと思っていた。ブログにも書いたが、ソロだと敵を2~3匹倒しても、休憩してHPを回復している間にその倒した敵が再POPするほどで、時間帯によってはアイテムを使わないと生きて帰れない状態であった。
 でも、かといってあまりにもPOPしないのもどうかと思う。実際、あちこちから「全然敵が沸かなくなった」と愚痴る声が聞こえてたし。結局、このマップは広場がほとんど無く、通路に立ちふさがるようにPOPする敵が多いから、POP間隔が早すぎてもダメなのだ。
 だから、通路のPOP箇所を減らして広場のPOP箇所を増やすとか、人が多い時間帯と少ない時間帯とでPOP間隔を変えるとか、そうでもしないかぎり問題解決には至らないと思う。それが今回のタイトル「適敵適所」の意図するところ。
 もちろん、こんなブログ風情でブツブツ言うにとどまらず、ちゃんと公式サイトから意見を言わなくちゃいかんのだけどね…。まあ、それはおいおい。


 そんな少ない敵をちびちびと狩っていたところ、マサキさんから「いい武器が手に入ったんですけど、いりませんか?」とのささやき。
 森で落ち合い、受け取ってみると、「トルクフルブレード」なる片手剣。ちょうど今使っている「マカイラ」のパワーアップ版といったような武器で、レベル20真っ盛りの自分にとってはうってつけの武器だ。良い武器を譲っていただき、感謝感激。

 …あと、本日はうっかりミスで一度倒されてしまった。
 原因はBGMを流しているWinampで勝手にシャッフルが入ってて、それを解除しようとゴチャゴチャやってる間にフンババに絡まれていたという…。以後気をつけます、ハイ。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

もう我慢できない

 先日、マエストロの研磨剤の効果が切れてしまったわけだが、それ以来耐久値(とくに武器)に敏感になってしまっている。
 さすがに約1ヶ月間、耐久値の心配をせずにズバズバ斬りまくっていたせいか、今さら耐久値という制約を架せられても、正直違和感がある。なにせ、森に入ってさあ経験値を稼ごうと思っても、ほんの小一時間もしないうちに武器の耐久値は1ケタになってしまうのだ。
 再びマエストロの研磨剤を使おうにも、30日間のはリアルマネーで1,800円だし、ドルガチャの景品ラインナップからはいつの間にか消えてしまった。こうなると、お金を使わずストレスを溜めないようにするには、これしかない。


レベル20両手斧

 …買っちゃった、レベル20両手斧

 いや、前から買おう買おうとは思っていたのだが、なかなか機会がなかっただけで。
 両手斧は攻撃力は最高値。敏捷性は下がってしまうし、盾も装備できないので“Block”ができなくなるが、それを補って有り余る威力の高さは、以前経験済み。加えて、両手武器のスキルにはスタン効果があるので(そのぶん消費MPが大きいけど)、盾が使えないのはそのへんでカバーだ。


 ところで、これを買う直前に武器屋でリストをざざっと見ていたのだが、その中で片手斧が意外と優秀っぽいことに気づいた。攻撃力・耐久値ともに片手剣を大きく上回るが、かわりに敏捷性ががくっと落ちてしまう。そのへんは両手斧に近いが、盾が使えるのが両手斧との違いだろう。
 ちなみに、今使っている片手剣は、攻撃力はそこそこ、耐久値は同レベル帯では一番低く、かわりに器用さがけっこう上昇する、というもの。片手斧とこの片手剣とでは、耐久値が20以上も違うのだ(20違うと、敵を5~10体余分に倒せる)。
 そして公式サイトを見ると、能力値の役割は以下の通りになっている。

 器用さ…物理攻撃時のクリティカル率に影響・「パリー」スキルに影響
 敏捷度…防御力に影響・「ドッジ」スキルの発生率に影響

 …現状、じつはクリティカルに助けられている部分が結構ある。クリティカルは単純に与えるダメージが2倍になり、スキルを使ったときに発生すると、3ケタのダメージを与えることもある。
 ということは、今使ってる片手剣はクリティカルが出やすく敵の攻撃も避けやすい。一方、片手斧や両手斧は防御力が下がったり、敵の攻撃を避けづらくなったりする、ということか。とはいえ、単純な攻撃力なら両手斧が一番だし、どれをどう使っていくのがベストなのか…。


 アレか、やっぱマエストロの研磨剤を買えってことか。
 そうすれば、少なくとも耐久値で悩むことはなくなるもんなぁ。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

村に帰るまでが冒険です

 昼過ぎにログインし、ちまちまとソロで狩り。リアルではいろいろやってるので、その間は誰かとPTを組むことが出来ず、ひたすらソロで進める。
 と、そのうちいつもの方々から、今晩塔に登らないか、とのお誘いを受ける。そろそろまた塔でやらなきゃならないことが増えてきたので、渡りに船とばかりに快諾。
 その時、たまたまみんな迷いの森-1にいたので、ついでに夕方までパーティーを組み、フンババの麻袋を集めたり経験値を稼ぐことに。
 道中、北東にあるキノコしかない浮島を見て馬鹿笑いしたり、いろいろなモンスターをスカウトのスキル「フォールシュート」で転ばせて遊んでみたり。

じたばた

 しかし、モンスターは転んでじたばたする様子はかわいいものの、顔は怖いままなのであった。


 夜に再度集合し、いつものシエーレさん、旅人さん、バリアンさんに、今回はマサキ・アンドーさんを加えて塔への登頂となる。よくよく考えてみたら、マサキさんと組むのは初めてだ。

ポーズの練習

 塔の1階で打ち合わせや練習に余念がない我々。
 え? なんの練習かって? それは大人になってからのお楽しみさ、ボーイ。

(以下、塔の10階までのネタバレを含むので折りたたみます)



村に帰るまでが冒険です…の続きを読む

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Midnight Fight

 大体いつも金曜日のログインは遅い。
 まあいろいろあって、いつも夜中の1時半以降に入ることになる。
 で、この時間は得てして知った人は誰もいない。なので、適当なBGMでも流しつつ、酒を呑みながらソロでちまちまと狩りをする。

 んで、今日も丑三つ時にログインし、そのまま森のマンイーターが出る区画に行ってみる。

マンイーターだらけ

 あらあら、刈り取る人がいないので生い茂り放題。
 じゃあ今日はここで腰を据えて狩りをすることにしよう。

 …で、2~3匹狩って思い出した。
 そういえばこないだ、度重なるメンテナンスの補償ということで、「イシターの慈愛」やら「ハーサグの知恵」やら「マエストロの研磨剤」やらをもらったんだった。
 どうせ効果も一日しかないヤツばかりだし、ここで使っちゃうか!


 というわけで、只今森のマンイーター区画で狩りの真っ最中。
 すなわちこの記事も生中継。
 気が済むか、倒されるか、花の蜜が15個たまるまでいようかな。


【4時33分追記】
 ねみー。

 一度、花の蜜が貯まったので村に戻ろうとしたのだが、人の少ない時間帯の森はとにかく危険だ。夥しい量の敵がいて、しかも再POPが早いから、数匹倒して休んでもその間にまた再POPしてくる。むぅ、帰り道がこんなにツラくなるとは…。

 ほんじゃ今から再度森に行って、寝落ちするまで頑張ってきます。


【6時28分追記】
 もうだめ、限界。

 村に戻ってからここに来るまで、途中30分以上かかってしまった…。POPするポイントが3ヵ所くらいある細い道で、しかも奥にレベル20のマントラップがいたので、ある程度HPを回復してからじゃないと攻撃には行けず、しかし座って回復してるとさっき倒したポイントから再POPし…を繰り返していたのだ。
 そこを切り抜けられたのも、後ろから別のパーティーが来たおかげだし。ともかく、今のPOP間隔だとソロではとてもじゃないけど安心して行動できない。人が少ない時間帯というのも、また考えものである。
 なので、やむなく敵が来ない場所でログアウト。しかし、思ったよりも経験値が増えなかったなぁ…。


※オマケ

敵弾

 敵が吐いてくる弾を、何となく撮影。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

需要と供給

 本日の定期メンテナンスでアップデートされた項目の中に、こんなものがあった。

森のPOP間隔変えました

 人の多さのわりにPOP間隔が長く、少ないモンスターの取り合い状態になってた状態の修正、ということだろう。アレかな、新マップ拡張でPCがどのように推移するかを見てから、POP間隔とかを調整してるのかな。いささか呑気だが、確実と言えば確実な調整法だ。
 なので、お遣いもそこそこに森へ行ってみる。


沸きすぎ

沸きすぎ。

 今日はマンイーターの出る区画が人が少なかったせいもあるけど、今度は過剰供給とも言える状態になってやがる。なんせ、いったん奥に入ったら、今度は出るために何体もザコを倒さねばならず、キツイというかめんどい。パーティーが2組いて、休み無く狩り続けられる感じの頻度かな。
 とはいえ、有難いと言えば有難い。ほぼ無駄なくレベル20マントラップを倒し続けることができ、経験値稼ぎにも張りが出てくるってものだ。

 …と思いきや。

武器の耐久値ピンチ

 忘れてた。
 ちょうど一ヶ月前のドルガチャで引いた「マエストロの研磨剤(30日)」の効果が、今日で切れていたのだ。
 まあでも、これがタイマー代わりになって、あんまり森に引き篭もりすぎるのを防ぐことになるのかな。今日もちょうどいい頃合いに武器の耐久値が1ケタになったので、そのまま村に帰って後始末をして、無事終了。


※オマケ
 ゲーム内のグラフィックが壁紙に使えないかどうか試してみようシリーズ。

壁紙(キノコ)

 オレンジ色の情熱的な壁紙。
 正体はマンイーターが出現する区画にある巨大キノコで、偶然カメラがキノコの中に入り込んだときにスクショを撮ったもの。キチンと夕陽の眩しい時間帯に撮影してます。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

翠緑脚

 今日は大したネタじゃないけど、眠いのでこれだけ。

翠緑脚

 エメラルドレッグを初めて倒してみた。

 しかし、こいつはパワードモンスターながら人気はほとんどない。クエにも絡まないし、貴重な装備も落とさないからだ。
 そもそもパワードが人気のある理由というのが、貴重な装備を落とす点であって、それ故に諸々のトラブルを起こす原因にもなっている。かくいう自分も、率直に言えばハードワーカーの落とす盾がほしいんだけど、それを自力で取るとなると、相変わらず厳しそうだ。
 そして、前にも書いたが厄介なことに、一部のクエにはパワードを倒すことがクリア条件となっているものがある。これが上記の“貴重な装備を落とすパワード”と重なると、なかなかクエがクリアできないという悲惨な事態を招くのだ。
 かくいう自分も、クエに関係のあるハードワーカーは早朝になってようやく倒すことができ、そして他のテインテッドプールとかは未だに手を付けられない状態。そんな状況にあるパワードがいる一方で、こんな誰も倒しに来ないようなパワードもいたりするわけだ。このへん、もっとうまく振り分けてほしいんだけどね…。


 あ、ちなみにこのエメラルドレッグ、自分の時は倒しても何も落としてくれなかった…。せっかく頑張ったのに、ご褒美が何もないのは、ちょっと虚しい。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。