ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

邂逅 KAI-KOH

 厳密には昨日の話。
 レベルが上がったばかりなので、疲れが出たのか経験値稼ぎをする気にも微妙になれず。そもそもナラク南部もわりと人が一杯いるからなー。

 そんなんで、久々に街にでも繰り出そうかと思い、南西へ向かうことに。ナラク採掘場を抜けて神々の古戦場に出て、そういやアーマー系のパワードが出る場所って空いてるかなーと思い、行ってみたら空いてなかったので、スタックワープして東岸→バビリムに行こうかと思っていたところ。
「こんばんわー。古戦場とは珍しいですね」
 Karinさんに話しかけられた。フレンドリストを見ると、偶然にも同じく古戦場にいた。
 ちょっと見せたい物がある、とのことだったので、ちょうどスタックワープも完了したので、石碑で待つことに。すると、

少女鉄仮面伝説

少女鉄仮面伝説キター

 なんでも、ドルガチャでウトゥなりきりセットを当てたそうで、パーツ個別ではなくいきなり全部を入手してしまったとのこと。ラッキーだなぁ、こっちは相変わらず外れまくってるけど。
 さらに、つい先日出たばかりの電撃オンラインゲームズ・コラボVol.2の付属アイテムも見せてもらう。

DOGテンガロンハット

 頭用装備とは聞いてたけど、これはいいなぁ。なんとなくもっと萌え萌えしたものを想像してたけど、これだったら普通に被れる。
 しかし「電撃オンラインゲームズ」の略なんだろうけど、DOGといったら俺的にはデスティニーオブギルガメスのことですよ!いや俺的どころかバビロニアンキャッスルサーガ的にも!わからない人はウチの研究室でも見れ!

 で、その帽子を貸してもらえたので、それを被りつつ、なぜか

WEDNESDAY NIGHT FEVER

こ ん な 流 れ に。

 おいおい、もうフィーバーかよ、まだ週末には早すぎるぜ?

 さらについでに、Karinさんもバビリムに戻るとのことで、ひっさびさにパーティーを組む。てか、いつ以来だ?東岸に上陸したばかりの頃以来?
 もっとも、目的は街へ戻るだけなので、そんな戦いというほどの戦いもなく。フェザーIIいいなぁとか、そんな感じの短い冒険。
 まあ、そんなに広い世界でもないのだから、たまにはこんな邂逅もいいよね。


 ――で、明けて本日。

結局買っちゃった

結局買っちゃった。1,500円ナリ。

 怪しさを出すために、あえて足元に蜘蛛の巣が残るようにしてみたり。
 さっきも書いたけど、これはなかなかいいデザインじゃなかろうか。ハロウィン時期にカボチャを模した装備、ってのはよくある話だけど、単に頭の上にカボチャを載せるだけなのが多いし。その点、これはデザインもいいなぁ。しかも、いわゆるバラエティセット(慈愛・知恵・道具袋の各3日間ぶん)もついてくるし、これは個人的にはいい買い物。
 ただ、

かりあげー

 これ被ると、後ろ髪が強制的に短くなるんだよな…。久々に見た、自キャラのうなじ。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

あの娘ぼくが実際に日記書いた時間書いたらどんな顔するだろう

(↑タイトルにネタを入れ忘れてたので、一日遅れで仕込んでみた。)

 はい、今回は何のひねりもなく

レベル34に

 レベル34に到達。
 レベル32→33が10/18なので、10日間か。まあまずまずかな。今回はチートポーションを使わなかったし。
 しかし今回は地味な作業だった…。レッドプールや亀は相手にしたくなかったので、ひたすらナラク付近のクモと牛だけ狩り続けてたし。なんにも変わったことはしなかったので、一人で時間が止まったような気分になってた。
 そして今日も、レベルが上がりそうだからどうせなら上げてから落ちようと思ってたところ、なかなかしつこく上がらなくてなぁ…。結局、かなり夜更かししてしまった。嗚呼、まだ週の真ん中だというのに。

 明日以降も、まだ採掘場かな。北の方は、敵が真っ赤なので恐くて行けません。


※オマケ

胸を貫く

 胸を極太レーザーで貫かれた体で。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ファッションリーダー

 週末。とくればドルガチャ(←いい加減この発想は危険だ)。
 まあそんなに熱くならなきゃいいさ、と思いつつ、今週も回していくが、またしても大したいい物は出ない。一番アレだったのは、金色の箱が出てきたのに中身が5等(帝国のオイル)だったことかな。これはちと酷いフェイントだなぁ。
 そして、最後の1回に望みを託してガチャを回すと…

ウトゥなりきりガントレット

 おお、ウトゥなりきりガントレットか。これはいい感じだ。
 じつは前にもカーヤなりきりガントレットを当ててはいた。しかし、これが装備しても非常にパッとしない。色が地味なせいだと思うんだけど。
 だが、ウトゥはそもそも鉄っぽい甲冑に全身を包んだキャラなので、個人的にはどの部位が出てもいい感じだと思ってた。ま、今回も当たったのが腕だってのが、ちょっと引っかかったけど。

 さっそく身につけてみると、

ロボットダンス1 ロボットダンス2 ロボットダンス3

こ ん な 感 じ。

 ポージングには「ロボットダンス」のエモを使用。ロボットダンスって、見た目が地味だわエモが一通り終わるまでが長いわ、なんか数あるエモの中でも一番使いにくい気がする。…こうして腕装備を見せる以外は。


 ちなみに、現在身につけてるお洒落装備の内訳は、

●頭…カイなりきりティアラ
●胴…悪魔ウィング(紺)
●腕…ウトゥなりきりガントレット
●腰…ジルなりきりフォールド
●脚…ギルなりきりブーツ

 こんな感じで、節操がないわりには意外とバランスよくまとまってると思うのだが、いかがか。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ドロップアウト

 今日も今日とて、のんきにナラク採掘場で狩りに勤しんでいた時のこと。
 牛を挑発で引っ張って、橋の近くまで連れてきたところ、

?

 …あれ? なんか自分の立ってる位置がおかしい。
 とはいえ、倒してしまわねばこっちが倒される。懸命に攻撃を続け、どうにか牛を倒し、さて宝箱を開けようとしたところ…

!

動けない。

 なんと、このゲームを始めて初の地形ハマリに遭遇した。
 まいったなー、どうやっても動けない。こうなったら「スタック対応」コマンドを使うしかないか、今までワープにしか使ったことのないアレを…と考えていたところ、何かの拍子でスルッと抜けてしまった。しかも、かなりヘンなルートで。

次元の裂け目

 地図でいうと、場所はこの辺。ちょうどナラク側の地形と採掘場を結ぶ橋、そのナラク側の西側になる。

このあたり

 地形のラインに沿って移動すると、このあたりでボコッと地形から足を踏み外してしまう感じだ(ちょっと地形をグリグリするような感じで移動すると、さらに致命的)。
 あとで運営にも不具合報告は出すけど、このあたりで狩りをする皆様方はぜひ気をつけられたし。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ゲームは1日1時間?

 最近はだいたいにおいて、ナラクから採掘場に出てすぐのところで、ソロで狩りを続ける毎日。
 だってねぇ、夜遅くに帰宅して23時くらいからログインしても、手の空いたレベルの近い知り合いが誰もいないことなんか、しょっちゅうだしさ。しかもそんなに長くプレイできるわけでもないから、人を集めてパーティープレイってのも思うようにいかない。

 加えて、ターゲットとなる敵がレベル33の牛とクモなのだが、これがソロだとなかなかにキツイ。レベルは同じなのだが、牛は恐怖の蹴り飛ばし攻撃があるし(攻撃力が高いうえ長々と気絶させられる)、クモは火属性への耐性が少しあるので、ソルジャーだとスキルで思ったようなダメージが与えられないわけだ。
 そんなソロソルに欠かせないのが、

体力活性化中

体力活性化ポーション。

 前にもその効能は書いたが、最大HPが25%アップというのはレベルが上がれば上がるほど美味しい。強くなるにつれて効果も増していくアイテムって、珍しいよなぁ。
 しかし、これは課金アイテムなので(いま使ってるのはリアルガチャの残りだけど)、ムダ遣いはしたくない。1回使うと、効果は60分間続くので、つまりはこれで最大HPが上がっている間だけ遊べば、きっかり1時間で遊び終えられるわけだ。なるほど、これは忙しい現代人にとって、いいキッチンタイマーなのかもしれん。

 …だが、ここはナラクへの入口のすぐそば。もちろん人の出入りは激しい。
 そして人の出入りが激しいが故に、

ブレッシングボディII中

辻バフをよくいただく。

 とくにドルイドのブレッシングボディ系統は、対象の最大HPを上げる効果を持つ。体力活性化ポーション同様、より死ににくくなるわけだ。
 辻バフは大変有難い。さらにブログを見て下さってると声を掛けていただいたり、応援されたりするのも、とても有難い。たまによそ見をしている間に辻バフをいただいたりして(安全地帯に座ってる間はヒマなので、ネットを見たりこのブログの仕込みをやってたりしている)、感謝も述べられず大変申し訳ない思いもしたりする。そのくらい有難いのだ。
 有難いけど、そのぶんキッチンタイマーがジリリリリと音を鳴らすのも、先に延びることになる。

ブレッシングボディI中

 こうして、今日もまた午前1時頃までついついプレイしてしまうわけだ。
 「ゲームは1日1時間」って、難しいねぇ。…いや、意志が弱いとかそういうツッコミはナシの方向で。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

A Hard Day's Night

 やや日にちが空いてしまったが。
 この間何をやっていたのかというと、

死後硬直

死後硬直を堪能してみたり、


キモイ山羊

ナラクの崖下に生えてる山羊を発見したり
(しかもなぜか2匹重なっている)


オッサンを斬る

オッサンに迷惑を掛けてみたり

 とまあ、このような忙しい日々を送っていたわけだ(いや忙しかったのは事実だけど)。
 あと、崖下の山羊は距離が届かず話しかけられなかった。無念。


 で、こうした忙しい日々の結果、

レベル33に

 レベル33になった。
 レベル31→32が10/11なので、ほぼ一週間。まあ俺にしては(あと忙しかった割りには)悪くない。

 今回大きな助けになったのが、10/8に届いた「ドルマガ特別号」
 課金したことのある人にのみ届けられたというこのメルマガで、「最高級癒しのタブレット×10」「最高級集中のタブレット×10」「経験値チートポーション×2」「ナーガルの寛容」がもらえたのだ。
 実際、経験値チートポーションは両方とも使ったし、ナーガルの寛容も一番上の画像のあと役に立ったし。実に有難かった。…有難かったぶん、一度こういうものをタダで配布しちゃうと、クセになっちゃうんじゃないかなーとか思ったりするんだけど。まあいいけどさ、別に俺は運営側じゃないし。

 そんなんで、今後はナラクを拠点にしつつ、付近のレベル33の牛やクモを狩る感じ、かな。


P.S.
 ナラクの手前で挨拶してくれた某K氏へ私信。挨拶を返そうにもスタックワープ待機中で動けず、ささやき返そうにも気の利いた顔文字が見つからずで、返事をするタイミングを逸してしまいました。
 申し訳ないッ( `Д´)ゞ (←ようやく見つけた)

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ギャワー ※拍手の設定について

 えー、この場を借りましてお詫びを。
 つい先程、ふとブログの拍手管理機能を見たところ、夏頃に何人かの方が拍手でコメントをくださってることに、今頃気づきました。

大変申し訳ございませんでした。

 拍手コメントを返すにも、すでに時期が遅れてしまったので、今回はこの場にてお礼を述べさせていただきます。
 コメントをいただき、ありがとうございました。


 さて、それを踏まえて、当ブログの拍手設定を変更いたします。
 具体的には、「拍手でコメントはつけない」「いままでいただいた拍手コメントは一般公開しない」の2点です。もちろん通常のコメント欄は今までどおり使用できますし、また管理人にのみ見える形でのコメントも可能ですので、他の方々にも見えるコメントにしたくない場合は、その機能(「コメント非公開」のチェックボックスにチェックを入れる)をご活用下さい。

 今後とも当ブログを宜しくお願いいたします。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 |

愛剣のつくりかた

 今日は書くこともさしてないので、今使ってる武器の話でも。
 現在愛用している武器は、「ボーンブレード◆」だったりする。この武器自体はレベル25から装備できるもので、基本性能の点で言ったらレベル30以上が装備できる武器の方が、当然強い。
 しかし、この武器はすでにかなり強化してある。

愛剣

 なぜにここまで強化してるのかというと、まずひとつは風のオーブ転倒頻度3をつけることに成功したこと。これはやはり要素としては大きい。他の方の苦労している話を聞くと、じゃあ新しい武器でも転倒頻度3をつけよう、とはなかなかいかなさそうだしなぁ。
 それと、もうひとつはやはりシエーレさんに作ってもらった、というのがある。ちょっとキビしいお願いだったけど、生産に一発で成功したこともあって、愛着のある武器なのだ。さらに、自分で作った風のオーブをエンチャントし、旅人さんに作ってもらった力の印章で強化をしたので、やっぱりみんなの力を合わせたというか、思い入れが違う。
 そんなわけで、レベル32になってもなお、レベル25武器を使い続けているわけだ。まあエクスキューショナー◆かブレイジングブレードでも手に入れば、そちらの方が攻撃力では上回るんだけど…正直、どっちもまだ見込みナシだしなぁ。


 で、それとは別の話。
 ふと手持ちアイテムを見てみると、光のオーブ原石が27個もあった。現在ハタリの宝箱を使用していることもあるので、光のオーブ製作に取りかかってみようと思い立った。
 足りない原石を店で買い、鉄製の鋳型を露店で安く買って、いざ。

光のオーブ

 生産は問題なく成功。さすが俺!

 で、これをエンチャントする武器は、マサキさんからいただいた片手斧「ヘビーアックス」に決めてある。
 これは前述の剣を強化するまで併用していた武器で、いただいた時点ですでに一段階強化してあり、おかげで攻撃力が62もあった。そのかわり、オーブは何も付けていないので、変わった効果は期待できない。
 そこで、できたてホヤホヤのこの光のオーブをエンチャントしてみたわけだが、

紆余曲折

 これが失敗するする。
 とりあえず欲しい効果は「攻撃時の自己回復」なのだが、これが全然来ない。「耐光の加護」とか「魔法クリティカル率を向上」って、自分には不要だからなぁ。
 そして、今までのエンチャントでは無かったほど失敗が続出。オーブの依り代を5個ぐらい身代わりで消費するも、それでも思ったような効果は付かない。神具の杖の出費とて、かなりバカにならないし。
 結局、

妥協

 「瞬間的なダメージ」の効果が大きい方で妥協した。ていうか、そもそも光のオーブにはあまり執着がないので、そんなに意固地になって付けたり外したりを繰り返すほどでもないしね…。嗚呼、早く闇のオーブが生産できるようになりたい。そのためには強化レザーか強化スエードを作れるようになりたいなぁ…てか、貯まりに貯まったレザーがインベントリを圧迫して大変です。

完成

 そんなこんなで、光のエフェクト付きの片手斧が完成。
 …なんか以前のバージョンの強化エフェクトに似てるね。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

転倒虫のサンバ

 夕方頃ログインし、東岸で軽く牙集めなど。
 そこで旅人さんから、夜から狩りでも、というお誘いを受ける。なので、夕食後に合流し、狩りをすべく一路ナラク採掘場へ。

採掘場

 採掘場は何度か行ったことがあるものの、今まではどうしても誰かに連れられてぎこちない狩り、という経験ばかりだった。今はレベル32になったので、多少気をつければ自力であちこち行くこともできる。
 前には目に入らなかった鉱物も、今は移動しながらSSを撮れるぐらいの余裕はあるし。

 で、今回の目標はレベル32のクモと牛。
 クモ狩りと言えば、迷いの森。牛と言えば、バビリム城門。あの辺で試行錯誤、四苦八苦しながら経験値を稼いでいたのが、まるで遠い昔のように感じる。つっても、まだ半年も経ってないんだけどさ。レベルに至っては、まだあの頃の2倍にもなってないし。
 しかし、今の俺にはあの頃にはなかった切り札があるのだ。それは、転倒攻撃。

クモ返し

牛返し

 特に牛なんかは、昔さんざん転ばされたイヤな記憶があるので、逆襲とばかりにここでは転ばせまくったのだ。まあ、そのぶん今も変わらず転ばされたけどね。

 そうこうしているうちに、シエーレさんもログインしたので、お誘いしてトリオを組んでみる。
 ちょっと奥に行くと、レベル33のクモがいるので、これを狩れば3人のレベル的にも丁度いいだろう。そう思って狩り続けてると、

対マインプレデター

パワード出現。

 しまった、完全に油断してたわい。しかも相手はレベル35なので、自分の攻撃がまず当たらない。とはいえ、こちらも3人揃っているので、じりじりと相手を追い詰め、ついには倒すことが出来た。ああ危なかった。
 しかも、じつはこの敵、レベル33以降で受けられるクエの討伐対象となっていたようだ。今の自分は、もちろんそのクエが受けられず。あぁ勿体ないことをした…。

 ちなみに、マインプレデターのそばにいるお供が、コレ。

転倒虫

 なんつー安易なネーミングだ…(と、ブログのタイトルや内容のあちこちにネタを仕込んでる自分が言えた義理じゃないけど)。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

かたづけちゃうおじさん

 今日は昼過ぎにログインして、まずはこっちを片付ける。

レベル32に

 ようやくレベル32に(撮影のタイミングを誤って、すごく地味なSSになってしまった…)。
 レベル30→31が9/23(しかも特訓の成果で僅か二日でレベルアップ)だから、今回は二週間どころか、三週間近くもかかってしまった。まあ忙しかったせいもあるけどさ。
 このレベルなら、パーティーを組めたらナラクの近くで牛やクモを狩るという選択肢も出てくる。ソロだと相変わらず古戦場になりそうだけど。とりあえず当面の目標は、塔の17階に行けるレベル34かな?


 夕食を挟んで、夜に再度ログイン。
 夜は何をするのかというと、先日わざわざキンコンテロップまで流して宣伝していた、コミック連動クエストの続きを片付けに行く。
 とりあえずラジャフで最初のクエと同じ人に話しかけると、バビリム西にいる地質学者ワードフに話しかけろ、と言われる。
 そこで言われるがままバビ西に行き、マップを頼りにその地質学者ワードフとやらに会ってみると、

目が見えない

 エロゲの主人公みたいだなオイ。
 まあともかく、その後またも言われるがままにバビ東の家政婦に会ってみると、エルブルズの岩穴で入口から見て左手方向にある岩盤から、雷光石とやらを削ってこいとのこと。なので、先日花火を打ち上げに行ったばかりではあるが、またしても岩穴へ。

 岩穴に入り、とりあえずマップを広げてみる…も、なんと件の岩盤がマップに表示されてない。いつもだったら、この手のクエストの目的となるものは、マップ上にピンクなどの色つきの印として表示されているのだが…そうしたヒントがないので、とりあえず左手をひたすら見ながら奥へと進んでいく。
 すると、

いた!

 あった。
 また何というか、すっごく取って付けたような岩盤だ。
 そして、あの場所は良く覚えている。だいたい3ヶ月ほど前に、よく経験値を稼いでいた場所だ。さすがに当時と違って道中は楽勝で、ほとんど足止めを喰らうこともなく目的地に到着。なつかしいなぁ、かつてここから邪神様を見下ろしたなんてこともあったなぁ…。

 でもって、指令を完了して1銀、祝福された跳躍の書×3、そして称号「バビリム国調査団員」をいただいた。称号をもらえる話は聞いてたけど、それ以外の1銀祝福された跳躍の書×3も、けっこう嬉しい。


 さて、ついでにもうひとつ、溜めたままのクエを消化しに行こうと思い立った。
 今度は運命の樹まで飛び、レベル29のユグドラサーペントからクエアイテムを20個回収する、というもの。…でも、これがまたやることが単調なうえに、繰り返し可能なクエなんだよなぁ。正直、奥の方にしか沸かない敵を20体倒すクエは、あんまり繰り返す気にならない。奥の方が別のマップに繋がってるとかならまだしも、運命の樹は(今のところ)行き止まりだからなぁ。

 とりあえずクエアイテムは20個獲得したので、クエをクリアしてから、依頼を破棄。これで現在抱えているクエは13個ほどになった。…まだまだクエは山積みだし、レベルも先は長いし。あー、まだまだこれからこれから。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

古戦場の龍に捧げる歌

 ちょっと前から、放置しっぱなしだったアニメ連動クエ第7弾「スレイヤー」をクリアしようとしていた。
 まあクエ名で言うよりも、ウシュムガルルを倒して、称号“竜殺し”がもらえるクエだと言った方がわかりやすいだろう。

 じつは、ウシュムガルルが沸く地点のそばで、ここ最近ずっと経験値稼ぎをしていた。
 あるとき、他のパーティーがPOP地点のザコを倒したところ、ウシュムガルルが出現。そのパーティーはウシュムガルルに目も暮れず、他のモンスターを相手に経験値を稼いでいた。カーソルを合わせてみると、レベルは30。今の自分よりもひとつ低いので、これならソロでも何とかなるかと思い、戦いを挑む。
 …しかし、戦いは敗北に終わった。ブレスに対してHP回復が間に合わなかったのだ。
 その後も、周辺で経験値を稼いでいたところ、レベル44の方に「PDが沸くのってここですか?」と尋ねられたり、昨日は一人で孤独にウシュムガルルのPOPを待っていたところ、シエーレさんがわざわざ駆けつけてくれ、30分ではあるが狩りに付き合ってくれたりした(結果的にウシュムガルルは沸かなかったけど)。
 昨日は戻るのもおっくうだったので、近くの安全地帯でログアウト。

 そして今日ログインし、しばらくモンスターを倒していると、

ウシュムガルルPOP

 ウシュムガルルが沸いた。しかし、こないだのレベル44の方も思わず言ってたけど、ちっちぇえなぁ。
 まあともあれ、戦おう。ラジオクエの報酬「デュール製薬の遅盾薬」を、今こそ使うとき!

対ウシュムガルル

 ウシュムガルルは体は小さいながらも、攻撃力はなかなかのもの。遅盾薬で防御力はそこそこ上げたが、それでも戦いは長丁場になる。
 ていうか、ブレスでけっこうなダメージ(平常時で90くらい)を受けるんだけど、これをクリティカルで喰らう可能性もあるから、本来はソロでなんか挑むべきじゃないんだけどね。ただ、そうそうクリティカルなんか出ないだろという淡い期待と楽観的思い込みが、無謀なチャレンジの原動力なんだけどさ。「勇気」か「無謀」かって言われたら、間違いなく後者だけど、まあリスクは全部自分に跳ね返ってくるんだし、いいじゃん。

墜落

 そんなことを考えながら、タブをかじりつつ持久戦に競り勝つ。
 しかし倒したときの墜落っぷりは、なかなか痛そうだ。
 で、クエアイテムも手に入ったので、古戦場の石碑そばにいる威勢だけはいいNPCに話しかければ、称号の巻物がもらえる。

ダブルでポーズ

 んなわけで、晴れて“竜殺し”の称号をいただいた。
 でも、個人的にはどちらかと言えば、称号をもらえたことよりもクエがひとつ減ったことのほうが嬉しかったり。だってさぁ、繰り返せるクエが貯まる一方だったし、それを破棄するとマップ上でまたNPCのアイコンが金色に戻っちゃうしさぁ。だから今は一度クリアしたらおしまいのクエを、どんどん減らしていきたいんだよね。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

打ち上げ花火、先に見るか?あとで見るか?

 本日のアップデート後、こんな記事が出ていた。

―――――――――――――――
10月10日(塔の日)にみんなで花火を打ち上げよう!
本日10月8日のメンテナンス時に全アカウントのアイテムボックスに
「遠藤雅伸★特製花火砲」を1つお振込みいたしました。
これを来る10月10日(塔の日)午後10時10分10秒に一斉に打ち上げたいと思います!
当日はゲーム内でカウントダウンを行いますのでお楽しみに!

(一部略)
―――――――――――――――

 …だが、今週末は忙しく、その時間はどう考えても家にいることはできない。
 なので、いっそのこと今日一人で打ち上げてしまおう。


 ということで、やってきたのはエルブルズの岩穴。なぜかというと、ここはつねに中が暗いので、花火を見るのにうってつけだからだ。
 しかも、わざわざ(なぜか)ランドアーチン様の目の前で花火をあげてみようと思った。ほら、なんかプレミアムな感じがするじゃない。なんとなく。

遠藤雅伸★特製花火砲

 奥に到着し(レベル的に道中のモンスターはザコ同然なのだが、とにかく数が多くて疲れた…)、アイテムボックスから件の花火砲を取り出してみる。
 待つことしばし、ようやく奥にランドアーチン様の姿も見えたので、満を持して花火を打ち上げてみる。いざ!


激しくネタバレなので記事を折りたたみます。閲覧注意!)

打ち上げ花火、先に見るか?あとで見るか?…の続きを読む

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

初挑戦そして初蹂躙

 ちと更新が一日遅れになっちゃったけど。
 土曜日はギルドの面々が全員レベル30以上になったということで、都合で来られないTAKAさんを除く4人で14階の宝箱周回、そして15階のクオックスに挑戦、という試練に挑んできた。

 途中は省略しつつ、14階に到着。

ゴースト

 見ると、目の前をふよふよとドルイドゴーストが漂っている。
 ここの宝箱の出し方が、一部を端折って書くととにかくレッドスライムを集める、ということ。そのためにはゴーストは邪魔なので、誰か一人がゴーストを受け持ち、そのスキに残りの面々で各所からレッドスライムを引き連れてくる、という戦法を採ることになった。
 その結果、

スライムまみれ

 このようにレッドスライムまみれに。
 すぐ死んでしまうのは仕方ないが、どうにか宝箱を出すことには成功した。
 あと、特定のプレイヤーキャラを追ってきたモンスターは、そのプレイヤーキャラが死ぬと、地上のようにズリズリと元のテリトリーに移動していくのではなく、その場で瞬間移動するらしい。よって、一度死んだらしばらくそのまま待機し、引き連れてきたモンスターが消えてから復活して戻れば、二次被害を防げるというわけだ。

 ともあれ、無事に宝箱を出すことには成功。でも中身はハズレだったorz
 で、初回は15階に行ってクオックスを見る、という目的もあるので、敵をかいくぐりつつ扉へ向かう。

15階へ

 これが14階にある扉のデザイン。否が応でも期待が高まるではないか。

 そして、いざ15階に足を踏み入れてみると、

対クレイズドクオックス

 待っていたのは怒濤の暴力的攻撃。つーか、うっかり横移動してナイト2体を引っ張っちゃったのは俺何だよなぁ。まあどのみちかないっこない相手だけど。

蹂躙後

 かくして、見事なまでに蹂躙された我々。クオックスは通路を奥に奥にと進んでいくのであった。

死屍累々

 そして残されたのが死屍累々。
 でもこの状態で今後のプランを語り合ったりするのが、ちょっと面白かった。


 その後、一週目に時間がかかってしまったこともあり、もう一週だけしてとりあえずは終了。
 だいたいコツはわかったので、また次に登頂するときは、時間の許すかぎり周回を重ねてみたいところだ。
 …あ、当然ながら二周目もハズレばっかりですわよ? まったくもう(´・ω・`)

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

【番外編】そのメルマガを見よ

 このゲームでひそかに発行されているメールマガジン「ドルマガ」。
 2週間に一度というゆったりペースで発行される、まあじつにメルマガらしいメルマガだ。
 だが、たまにイベントの告知があったりして、なかなか油断できない。そういやあのフランキー・マーティンの時も、思った以上に人が詰めかけたから、けっこう読んでる人も多いんだなぁ、と驚いた。

 で、9/26に発行されたメルマガを、今さらながらじっくり読んでみると、こんな文が。

☆━━━━━━━━━【 バビリム秋の大感謝祭 】━━━━━━━━━☆

いつものドルマガとは少し違うと感じた方もおられるでしょう!
そんな貴方は実に鋭い! 運がいい!!
なんとなんと!
今号のみ「 癒しのタブレット 」「 集中のタブレット 」各10個分のシリアルを
送付いたします♪



 …マジか! 最近のはわりと流し読みしてたので、気がつくのがずいぶん遅れてしまった。
 あわててシリアル番号をコピペして、無事にタブを獲得。こういうサービスをたびたびやってくれるんなら、メルマガもかなり登録者が増えるんじゃなかろうか。
 ちなみに、シリアル番号の有効期間は10月10日までらしいので、メルマガを取っててまだタブと引き替えていない方は、お早めに。


 そして、それとは全然別に、ゴンゾロッソがオープンさせた謎のサイト「VIAROSSO」
 どうやらネトゲのポイント(このゲームで言えばガインポイント)をロッソコイン(RC)とやらに変換し、ミニゲームに挑戦して上手くいけば増え、それをまたネトゲのポイントに変換できるらしい。いわばネトゲのポイントを使ったカジノみたいなもんか。
 試しに登録してみたけど、今のところゲームが一つしか無く、しかもガインポイントも余っているわけでもないので、正直なところ手を出しあぐねている状況だ。

 で、ここでもメルマガを配信している。
 だいたいの内容はミニゲームのコツとかばかりなのだが、本日の昼過ぎに配信されたメルマガが、なぜか「ジウスドラの悩み」というイベントの告知のようなものだったのだ。まさかこっちでもRoBについて触れるとは予想外。
 ちなみに、そのイベントの実施日は、明日の18時らしい。その時間に塔周辺のジウスドラのところに行けば、何かあるのかも…?

 …どう考えてもサラリーマンには無理な時間だ _| ̄|○
 この時間でいったいどのくらいの人が集まるんだろうか? …誰かレポ書いてくれないかなぁ。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。