ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

インタビュー・ウィズ・エヴゾーオ

 単刀直入、簡潔明瞭に。

レベル36に

 ようやくレベル36になり申した。
 レベル34→35が11/14だから…約二週間。ま、今回はそもそも平日はマトモにプレイが出来なかったし、仕方ないか。
 ちなみに、なんで今回こんなにSSが地味なのかというと、

ギリギリの戦い

 「早くしないと慈愛の効果が切れるぅ~~!」という猛烈なプレッシャーの中で戦っていたから、SS撮影にまで気が回らなかったのだ。つっても、SSのとおり慈愛の効果が切れた後で、しっかりレベルアップしたんだけどさ。

 あとは

コーラルイヤリング◆生産成功

 三度目の正直で、ようやくコーラルイヤリング◆の生産に成功。
 素材そのものはクエで手に入るので、もうしばらくそのクエを繰り返して、何個か作ってみるかな。


 そして、昨日の話。
 一部ブログなどで話題に上がっていた、謎の4枚組CD『ドルアーガの塔 バビロニアンキャッスルサーガ コレクション』。ふとフレンドリストを見ると、遠藤雅伸★本人が迷いの森にいたので、審判の荒野から脱出がてら跳躍の書で迷いの森に向かい、本人に向けてその話題を振ってみる。
 その内容がコレ↓

遠藤★語録

(チラ見で内容が知れるのも何なので、サムネはサイズ縮小。クリックしてご参照あれ)

 どんな内容になるのか、期待と不安に包まれつつも、とりあえず予約だけはしておくかな…。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

【番外編】BRAND NEW WORLD

出オチ

やあ!(出オチ)

 そんなわけで、本日のバージョンアップではグラフィックが細々と変わったって事で、そのへんを細々と書いてみる。

変更されたアイコンまとめ

 自分の持ってる中で目に付いたのは、こんな感じ。全体的に、いろんなものに転用されてた石版調のグラフィックが、タブレット以外は軒並み変わったのかな?
 左上は「攻撃の香木」なんだけど…急にボロっちくなったというか、単なる木くずにしか見えないというか。
 その右に並んだのが、「集中のタブレット」の無印→高級→最高級。いままでグラフィック上は何の区別もできなかったので、これはなるべくしてなった変化かな。
 下の段は、左二つが「力の依代」「加護の依代」、右二つが「帝国のオイル」「高級 帝国のオイル」。これも外見が変わったおかげで、ずいぶんわかりやすくなった。

 問題はコレ。

トルネコ?

 左は「イシターの慈愛」、これはわかる。
 右は「ハタリの宝箱」なんだが…ト、ト●ネコ!?

 あと、極めつけは

エモ

 そうか、エモーションってこういうのを見て覚えるんだ…。


 それとあと、新規作成するキャラの顔と髪型も男女3種類ずつ追加されているっぽい。ぽい、というのは女性の方の顔と髪型はほとんど覚えてないからなぁ。男性は自キャラを作るときに、さんざんああでもないこうでもないって見比べたから、だいたいおぼえてるけど。

 それで、追加された髪型というのが、

男ヘア11 男ヘア12 男ヘア13

おい真ん中(出オチ)

 まあ、もうキャラを作ってから半年以上経過している身としては、今さら髪型が追加されたところで、何にも意味はないけどね…。
 ただ、新しく追加された顔のうち、

男フェイス12

 男フェイス12は、ちょっといいなーと思った。タレ目だし。
 自分の今のキャラ顔(あらためて一番上の画像見ると、B'zの稲葉に似てないこともない…)は、数ある中でほとんどない“タレ目”だったから、というのが選んだ理由なので。なぜタレ目かって? それはTODのポスターとか見ればわかるよ。


 それともうひとつ。今回のアップデートで「ナラク採掘場のスタック箇所を修正しました」というのがあった。
 採掘場のスタック箇所というと、前に自分がハマって報告した場所のことかなーと思い、その場所に行ってみたところ…

スタック箇所修正

 …うん、たしかに修正…っちゃ修正、かな? 近づけないのは事実だし…

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

番外編 | コメント:4 | トラックバック:0 |

希望から失意、そして大逆転へ

【注意】
 今日の日記タイトルの元ネタがわかった人は、かなりのマニアですので気をつけましょう。


 で、昨日のアレがあったあと、じつは単身エピック12を進めるべく、神々の古戦場に行っていた。
 武器はビペンニス◆を+3に強化。オーブを付ける余裕はないけど、これで攻撃力だけなら初代エクスキューショナー◆にも引けを取らない。

 さて、今回経験したギルタブリルプリンセスの発生待ちだが、これがかなり厄介だった。図を作ってみたのだが、

ギルタブリルプリンセス発生場所

 マップ上で赤い線の部分が動ける範囲、赤いがギルタブリル系の発生場所を表す。
 緑色の部分に陣取ることが出来ればラクなのだが、ここに行こうとすると、の位置に沸いているギルタブリルのすべてを引っかけてしまう。のすべてが(恐らく)ギルタブリルプリンセスが発生する候補地なので、なら手前の4体のいずれかだけ狙っていればいいかもしれない。しかし、図の下の方には通常のザコとしてギルタブリル系がウヨウヨしているので、いつ巻き込んでしまうかわかったもんじゃない。
 なので、今回は最初に苦労してのギルタブリル系を全て倒し、の位置に陣取ったのだ。ていうか、ギルタブリル×2を相手にするのを2セット繰り返したので、ちとタブを消費しすぎたけど。

 で、まあ一度この位置に陣取ってしまえばあとはラクで、4つ並んだの位置に沸くギルタブリルは反応しない。一番近くにいる一体だけが反応するので、それを相手にしていけばいいのだ。
 ここのギルタブリル系が沸くのは、実測でだいたい3分間隔なので、それ以外は

朝の踊り

朝の踊りと

夕方の踊り

夕方の踊りと

夜の踊り

夜の踊りが堪能できるのだ
(いや堪能しても全然嬉しくないけど)

 で、そうこうしているうちに、

ギルタブリルプリンセス登場

 ギルタブリルプリンセス登場。あちこちで非常に沸きにくいという話を聞いてたけど、今回は1時間もかからずに沸いた。フォゴットンアーマーの例もあるしなぁ、これは運がいいと言うことだろう。
 ていうか、デカくて強いのみならず、火属性の耐性まで持ってやがるよコイツ!(100%ではないけど。50%くらい?)

手下召還

 しかも体力が少なくなると、ギルタブリル系×2を召還してくる。もうザコに攻撃するダメージも惜しいので、ひたすらプリンセスのみを叩き続け、なんとか討伐。宝箱を開いたのち、すかさず跳躍の書でその場を後にする。

 んでその後色々あって、

ガッツII獲得

 ガッツIIを獲得。
 …しかし、ガッツは使ってはいるものの、ぜんぜん鍛えてないんだよなぁ。只今絶賛プロヴォーグ鍛錬中だし、こっちに気が回るのはいつになることやら。


 そしてそして、昨日のロスト事件を受けて、エクスキューショナー◆を作ってくださった方が早くも二代目を作ってくださった。喜び勇んで受け取りに向かう。
 しかも、受け取ってみると

二代目エクスキューショナー◆

 ロストする前と同じ、+3まで鍛えてあった。
 あぁもう本当に有難いやら申し訳ないやら。・゚・(ノД`)・゚・。 今度は大事にします…。


 さらにその後、Karinさんから不死隊の盾◆をいただく。これは同じ名前の盾よりも、性能が格段にパワーアップしているのだ。もう本当に重ね重ねお世話になりっぱなしで、土下座を上回る土下寝をしたいくらい(だがそんなエモートはない)。
 何かでお返ししたいのだが、自分よりもずっと先に進んでる方々なのでアイテムではとうてい及ばないしなぁ…そう思いながら「何かお返ししたいんですがねぇ」と言ったところ、
 「面白記事で」
 「ネタSSはみんな期待してます」
 …マジですか。

 ならばということで、無い知恵を絞って懸命に考えた結果。


おもしろい画像

「おいよせよ~、お月様が見ているぜ?ウフフフー」


 …今日のところはコレで勘弁してください _| ̄|○


【解答】
 今日の日記タイトルの元ネタは、データイーストの1989年のゲーム『ミッドナイトレジスタンス』の、2面の曲名でした。
 …わかるわけねーよな、普通。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

天国と地獄

 ちょっとそろそろいい加減アレに片を付けようと思って、露店で色々大量に買いあさり、そして作業開始。

生産レベル6に

 ようやく生産レベル6になった。
 これで闇のオーブも生産できるようになり(もんのすごく長く倉庫に塩漬けにしといた製作図が、ようやく消費できた…)、レベル5以下のものも生産の成功率が少しは上がるはず。ていうか、こないだあわててコーラルイヤリング◆を作らなくても、今日まで待てばよかったなぁ…レッドムームーを倒すのも、わりとしんどいし。

 で、レッドムームーを倒しやすくするために、愛用のエクスキューショナー◆も鍛えなきゃなぁ、と思い、露店で力の印章を購入。何も考えずに+4、+5と強化して、

くつべらは きえました

( ゚д゚)

( ゚д゚ )

…消えたァ!?

 最初は何が起こったのかわからず。だが手元からはすでにエクスキューショナー◆は消え失せている。
 原因は何かというと、

帝国のオイル但し書き

 帝国のオイルが確実に成功するのは+5までだった、ということ。てっきり+6までだと勘違いしてたんだよなぁ…ああ _| ̄|○
 そしてまさにその瞬間に、偶然Karinさんから話しかけられる。エクスキューショナー◆はKarinさんのギルド仲間に作っていただいたので、たった今ロストした旨を話し、もう一度材料を集めて作ってもらうかも、とお願いする。幸い(?)、エクスキューショナーの刀身は今も倉庫に貯め続けているので、材料を揃えるのはそんなにハードルも高くなさそうだ。
 でもなぁ…人に頼んで作ってもらった物を、あっさりロストしてしまった自分の不注意さが憎たらしい。しかも+5まで強化した中には、旅人さんに作ってもらった力の印章も使ってたしなぁ…ああもうホント遣る瀬ねぇ。あと闇のオーブを作るまで仮に付けてた、風のオーブも吹っ飛んじゃったし _| ̄|○


 そんなショックに打ち拉がれながらも、せっかく生産レベルが6になったので、アレに挑戦。

闇のオーブ

 お、こっちは珍しく一発で成功した。
 そんじゃ二代目エクスキューショナー◆が出来た暁には、闇のオーブを付けておくか…。当面は、これまたマサキ・アンドーさんに以前いただいてた、ビペンニス◆で頑張ろう。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

俺様動静

 あー、またしばらく更新をサボり気味であった。
 まあ正直、リアルが忙しくて疲れ気味なので、ブログを書く気力が沸かなかっただけなんだけどさ。
 どのくらい疲れてたのかというと、「レッドムームーからクエアイテムを拾うクエを達成してコーラルイヤリングの破片をもらい、それでコーラルイヤリング◆の材料が揃ったので生産しようとバビリムに戻り、西の露店で安い銀製の鋳型を買って東に戻ってさあ生産しようと思ったら生産できず、よく見たら銀製の鋳型が6個必要だったのを4個しか買ってなかったので西に戻って同じ露店で2個買い足して東に戻り、さあ生産しようと思ったらまたも生産できず、よく見たら銀製の鋳型じゃなくて鉄製の鋳型を買ってた」という程度には疲れてたわけだ。

 でもって、この5日間、何をしていたのかというと、

たいいくすわり

 ねんがんの たいいくすわりを てにいれてたり(しかし、あまり考えなしにすっぴんで撮影したけど、足の部分とかヒデェな)、

ホワイトソード

 某氏にホワイトソードを持たせてもらったり(アレな人からアレなささやきが飛んでも困るので、所有者の名前は秘す)、

「離さないよ…」

 家政婦エッコにモーションをかけたり(エモーションでモーションをかけるとか、上手いこと言った俺!)、

 …とまあ、この程度にはアクティヴだったわけだ。


 実際には、

審判の荒野にて

 主戦場を「審判の荒野」に移していた。
 ここは火属性に耐性を持つ敵ばかりなので苦戦を予想してたが、旅人さんとのパーティーで戦ってみたところ、ムームー系ならなんとかなりそうなことがわかったので、ようやく採掘場を離れることができた、というわけだ。

ラビリンス入口

 あとついでに、ラビリンスも入口だけ見てみたり。奥の敵がさっそくレベル36だったので挑戦は断念したけど、一度入ったので今後はいつでも祝福された跳躍の書で行けることに。
 …つっても、ここも火属性に耐性を持つ敵がたくさんいるらしいけど、ねぇ。


 あ、ちなみに冒頭に書いたコーラルイヤリング◆の生産は、あえなく失敗 _| ̄|○
 やっぱり生産レベルをもうひとつ上げる必要がありそうだなぁ…。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

【小ネタ集】小ネタどころかピコネタ集

 しかしまぁ~なんですねぇ~
(↑「小ネタ集」と銘打つからには欠かせない挨拶。わからない人は「桂小枝」でググれ)
 とりあえずネタもないので、苦し紛れに四つばかり。


【エクスキューショナー◆を+3してみた】
 とりあえずエクスキューショナー◆を3段階強化し、+3に。威力もまずまずになった。
 しかし、+3にして光り輝かせたとはいえ、

光る靴べら

 …やっぱ靴べらだよなぁ。刀身も短いし、何より色が…。
 でも威力はけっこう高いんだけどね。オーブのエフェクトが付いたら、もっと剣っぽくなるかな?

【素材屋の店頭にあるモノ】
 このゲームに限らず、街中とかにある細々とした小道具が、けっこう好きだったりする。
 例えば昔で言えば『ベイグラントストーリー』なんてゲームがあったが、アレはマップの細かい部分までかなり描きこまれていて、箱庭の中を歩いているようで楽しかった記憶がある。
 このゲームで言えば、生産関連のNPCのそばにある様々な道具だとか、採掘場の大がかりな施設だとか。とくに採掘場は、あちこちにある足場に実際に昇れたりしたら、すごく楽しそうだったんだけどなぁ。まあバトルが悲しいことになりそうなので、ムリだろうけど。

 で、そんな街中にある素材屋。生産関連の素材を売っている店なのだが、バビリム西にある素材屋のカウンターの上に置かれているのが、コレ↓

かき氷?

なんだコレ

 なんか科学的な調合に使う素材なのかもしれないが、正直かき氷にしか見えん。でも、かき氷を板の上に直接置くわけもないし…。
 アレか、もしかしたらこれが大きくなったらスライムに…

【謎の商品・エニグマパック】
 ドルガチャも毎週のように景品の入れ替えが繰り返され、気がついたら知らない商品も結構並んでいる。
 その中のひとつが、7等「エニグマパック」。商品名からすると、恐らくエニグマで手に入るアイテムの詰め合わせのようだが…でもランクが7等だしなぁ。そんないいものは入っていないと思うのだが、果たして中身はなんなのだろうか。
 …そんなことを考えたりしながらガチャを回してみると、

エニグマパック?

当たりやがった。

 まあ7等が当たりやすいよう、あえてイシターゾーンを外して回してたんだけどさ(タブレット系はあればあったで重宝するし)。
 で、少しだけワクワクしながら中身を見てみると、

エニグマパック!

 …すっげぇ微妙。キャンドルはまだ使えなくもないにせよ、2個だけってのがなぁ…下手したら1フロアで終わっちゃうし。
 あと「高級癒しのタブレット」が10個だけ入ってたけど、エニグマでタブレット系って出たっけ?

【オチ】
 んで、ついさっき。性懲りもなくガチャを回していたところ、

フェザーブーツ(青)

4等フェザーブーツ(青)キター

 しかし、じつは公式サイトでこのアイテムを見たとき、最初こそ欲しいと思ったが、よくよく見てみると、どうにも男が装備するには不安な形状をしているのが気になった。
 まあ、もしかしたら男が装備すると形が変わるかもしれないしな…と思いつつ、アイテムボックスから取り出し、履いてみると。

フェザーブーツ(青)正面 フェザーブーツ(青)横

ほらやっぱり _| ̄|○

 前の恥ずかしいシューズよりはマシだけど、男キャラって太腿が見えるだけでずいぶんとかっこ悪い印象になるんだよね…だからギルなりきりの脚を今も愛用してるんだけど。
 他のお洒落装備とうまく組み合わせれば、案外良くなるのかな…? まあ当面は倉庫で塩漬けかなぁ。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

小ネタ | コメント:2 | トラックバック:0 |

妖刀ベラ

 厳密には今朝方に到達したんだけど、便宜上昨日の日付で、

レベル35に

 やああああああああっとレベル35に到達。
 レベル33→34が10/28なので、なんと二週間以上もかかってしまった。理由は色々あるけれど(相手が主に格下だったとかPDを求めてうろついてたとか死にすぎたとか)、まあ節目のレベル付近はレベルの割りに強い武器を用いることが出来ないので、そのせいもあるんだろう。

 で、レベル35となると、いよいよ以前に作ってもらった秘剣「エクスキューショナー◆」の出番だ。

エクスキューショナー◆

靴べら?

 なんかボーンブレードと比べて、格段に迫力に劣るような…。

 ちなみに、これ用に風のオーブをこさえて転倒効果3を出そうと奮闘したんだけど、今回は全然出なかった…オーブの依代を20個近く消費したところで、手持ちの資金(ギルダの方)がなくなってオーブが外せなくなって、ここでようやく理性を働かせてストップ。まあマイナスの効果じゃないし、いいか…。
 自分の生産レベルも、もう少し頑張れば6に到達し、闇のオーブが生産できるようになるので、闇のオーブを作るまでは現状で踏みとどまっておかねば。リアルマネーはなるべく無闇に注ぎ込みたくないのでな…。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夜明けのユー(フレイト東岸)

 昨日の日記を書いたのち、ダラダラとネットラジオを聞いたり動画を見たりしていたところ、ふと気がつけば朝の5時
 普通の人なら「ヤバイ、もういい加減寝なきゃ!」と思うのだが、俺は違う。
 「お、今なら狩り場空いてそうじゃん!レッツゴー!」となるわけだ(※注:健康のため、遊びすぎには注意しましょう)。

 こう思ったのにも理由はあって、先日ようやくエピック10をクリアしたわけだが、となると次はエピック11。しかし、今回のターゲットとなる「エンリッチドダチュラ」は、レベル30用両手剣“ソリッドブレード”を落とすこともあって、狙ってる人を見なかったことがない。非常に競争が激しいパワードモンスターなのだ。
 だが、さすがにこんな早朝ともなれば、あるいは…と一縷の望みを託して、ユーフレイト東岸に急行した。

エピック11の依頼内容

 東岸の石碑近くのこの人から、エピを受ける。
 出現場所に行ってみると、目論見通り先客はおらず。かくして、孤独な時間との戦いが今火蓋を切ったのだ!

 …で、出現場所にはダチュラとユーフレイトファングがいる。この地域で抽選POPとのことなので(ハードワーカーのようなものだろう)、しばらくは両方とも狩っていたのだが…。
 さっきの依頼主が言っていた、「ダチュラを倒していればそのうち姿を現すでしょう」というセリフが、だんだん気になっていた。というのも、しばらく粘ってわかったのだが、ダチュラを倒せばダチュラが沸き、ユーフレイトファングを倒せばユーフレイトファングが沸く。つまり、エンリッチドダチュラを出現させるには、ユーフレイトファングを倒していてはダメなのでは?…そんな考えがふと脳裏をよぎった。
 その後はダチュラ一本に絞り、しばらく粘ってみると…

エンリッチドダチュラ出現

沸いた。

 時計を見ると朝6時、およそ1時間でやっと沸いたことになる。もしや、ユーフレイトファングを倒さずに最初からダチュラだけを相手にしていたら、もっと早く沸いたのかも…?
 まあ、それはそれとして、

対エンリッチドダチュラ

 とりあえずバトル。なんか他のパワードに比べれば細いからか、攻撃が当たったときの効果とかがやたらと巨大なのが気になる。
 で、相手がレベル30と言うこともあって、さほど苦もなく討伐に成功。ちなみに、件の“ソリッドブレード”は落としませんでした。世の中そんなもの。

 でもって、戻って報酬を受領。10銀という太っ腹な報酬だったので、

ねんがんの100銀になったぞ!

ねんがんの 100銀に なったぞ!

 レベル30に上がったときは、たぶん50銀も持ってなかったと思う。やっぱり東岸に渡ると、だいぶ変わるってことかな~。ちなみにこの100銀は即倉庫に入れた。レベル40あたりで大出費があると、かねがね聞いているので…オソロシヤー


 それから寝て起きて昼過ぎ、これまた旅人さんにエピック12の蠍姫を倒しに行かないかと持ちかけられる。とりあえず様子だけでも見に行こうかと、古戦場で合流。
 …しかし、古戦場で受けた依頼が「巡回兵のムジャーンから話を聞け」というもの。だが、今までそんなNPCを見たことないし、マップを見ても蠍姫が沸くという場所の付近にNPCがいるようにも見えない。
 もしかしたら現地に何かあるのかも…と、古戦場の右下に当たる部分へと急ぐ。すると、そこには

無残なムジャーン

 ムジャーンが無残に倒れてた(※注:シャレ)。
 とりあえず、これでクエそのものは発生したのだが、予想通り対象となるギルタブリルプリンセスの沸く場所には、すでに先客が。しかも、どうやらなかなか現れないらしい。
 今日は夜から予定があったので、前のパーティーが出るまで待つとかいうことは出来ない。ので、その周囲のギルタブリルを倒しつつ、だいたいの様子をうかがった。

 ちなみに、この場所というのが

裏風景その1

裏風景その2

 古戦場の石碑がある場所から遠くに見える地点なんだよね。こちら側からは、丁度裏の風景が見られる。
 そういや迷いの森にも、川を挟んで両岸から互いの様子が遠くに見える場所があったなぁ。あれは個人的に結構好きな場所だった。残念ながら、こっちは対岸の様子までは見えないけど。

 と、まあ結局エピック12は進められず。
 こっちも様子を見つつ、もしかしたら早朝にでも突撃するかも。
 …なかなか出現しないらしいけどね、ギルタブリルプリンセス

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Walkin' Blues

 またしても前回の記事から時間が空いたが、まあひとえに経験値稼ぎしかしてないので、書いたところで何も面白くないから省いたわけなので。御容赦。
 なお、道中たびたび辻バフをいただきましたが、たまに休憩中にネットを見てて、ゲームに戻ってみたらたっくさんバフが付いていたりしたこともあり、お礼も言えないままになってしまっておりました。この機会を借りて、バフをくださった皆様、どうもありがとうございました。プラス、反応がない場合は何かゲーム以外のことをしていると思ってください。お礼の心はいつでも変わりませんので、御勘弁。


 さて、今日はたまには都にでも行ってみようと、バビリムへ。いや実際なにも予定はなかったんだけど、ナラクって“都”じゃないからなー。同じ街なら、バビリムで露店でも冷やかしてた方がよっぽど楽しいし。
 そうこうしていると、旅人さんとバッタリ遭遇。用事があるとのことなので、別れてしばらくダラダラしていると、旅人さんから「古戦場に行くんですが、どうですか?」とのお誘い。どのみちやることもなかったので、そのまま付き添って古戦場へ。
 旅人さんは古戦場で、ロストアーマーを倒して素材稼ぎをしようと考えていたとのこと。だったら、自分が先日粘ってついぞ出現しなかった、クエ対象のフォゴットンアーマーを倒しに行かないか、と提案してみる。いつ湧き出るかはわからないけど、基本的にPOPするまでロストアーマーを倒しまくる必要があるので、お互いにメリットがあるだろうし。
 途中、骨の軍団に苦労しつつ、どうにか発生する場所へ。

 とりあえず先客はいなかった。
 まずはすでにいる5体を片付け、いつ達せられるともしれない目的に向けて、戦いを始める…と思いきや、

対フォゴットンアーマー

もう出た。

 到着してものの5分くらい? 拍子抜けするほどの早さ。気絶攻撃での気絶時間がやや長かったので、ちょっと苦労したが、

ヘブン状態!

 遠慮無く倒してクエアイテムを回収させていただいた(ちょっとヘブン状態な表情だが気にするな)。こないだ一時間半も粘ったの、一体何だったんだろうなぁ…。


 その後もしばらく鎧を倒し続け(素材回収も目的だったので)、またフォゴットンアーマーが沸いたのを機に、この場を離脱することに。
 さてその後どうしよう、ということになったが、ここまででまだ自分のエピックが10の途中まで(具体的にはエルダードゥスマジをこれから倒すところ)という話をしていたので、じゃあせっかくだからエルダードゥスマジを倒しに運命の樹へ行こう、ということに。
 ただ、自分は運命の樹までの跳躍の書を持っていたのだが、旅人さんは持っていなかった。しかもこのアイテム、譲渡できないし。
 そこで出た結論が、「じゃあ歩いて行こう!」

 かくして、

ロードムービー前編
ロードムービー後編

 こんな感じの長旅を敢行することに(ホントは一枚の画像にまとめたんだけど、fc2ブログの制約でアップできなかったので、やむなく2分割)。
 途中、マサキ・アンドーさんとお会いしたり、迷いの森で旅人さんが回線落ちをしたりと、いろいろあったのだが、そんなロードムービーの果て

運命の樹に到着

 ようやく運命の樹に到着。
 画像でも自分が喋ってるが、ホントに長かった。結局、1時間くらいかかったのかな?
 楽しかったけど、こりゃ疲れるわ。ほどほどにしとかなきゃ…。

 で、現地へ向かってPOP場所近くの安全地帯に陣取り、約10分。

エルダードゥスマジ登場

 はい、沸き出ました。てか、こっちも沸くのは早かったのかも。
 35だからレベルはひとつ上。となると、こっちの攻撃もちと当たりにくくなるだろう。ま、そこは旅人さんのアシストを得て、なんとかするしかあるまい。いざ勝負!

倒されたり

転ばされたり、

倒したり

転ばしたり、
(てか風のオーブの転倒効果が通じるとは思ってなかったのでビックリ)


ようやく討伐

 激闘の末、なんとか倒した。てか疲れた…終わったの、午後8時近かったし。もちろんプレイ中は食事抜きだし。
 ともかく、これで課題となっていたパワードモンスターの絡むクエが、また整理された。こんな調子で、もうちょっと頑張っていきたいなぁ。とくにエピックは転職にも関係することだし。


 …ちなみに、この後またも徒歩で移動を繰り返し、ドルアーガの塔周辺まで来たところで、エルダードゥスマジ討伐の依頼主である聖域のジジイに話しかけるのを忘れてたことに気づいた _| ̄|○
 さすがにもう徒歩で戻る気力もなかったので、素直に跳躍の書で往復したよ…。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

まわるまわるよ15~17階をまわる

 本日は前々から約束していた、塔頂の日。
 ただし、今回は残念ながらギルドメンバーは全員揃わず。ギルドからは自分と旅人さん、シエーレさんが参加。
 そして、今回はゲストとして

ゲスト2氏

 JUGEMU氏アグチュイ氏が参加。自分らよりはるかに経験豊富で手練れの両氏だ。
 この5人で、今回は15~17階の周回にチャレンジすることとなった。

 …で、前述の両氏からレクチャーを受けつつ、15~17階をぐるぐると周回し続けたのだが。
 忙しくてSS撮影とかムリ。ゼッタイ。
 そもそもSS撮影の瞬間は1秒ほど画面が止まってしまうのだが、1秒で状況が変わることなんかしょっちゅうだし。逆に言えば、撮影できるほど余裕のある状況は、得てして絵的に面白いことも少ないし。
 ともかく、以前完膚無きまで叩きのめされた15階をはじめ、他の各階のコツを教わりつつ先へ進む。

対ミラーナイト

 16階には、ミラーナイトが登場。ミラーナイトって、個人的に『ドルアーガの塔』の敵の中では一番好きなんだよね。自キャラの「MIRROR」も、このミラーナイトから取ったわけだし。
 しかし、実物のミラーナイトを目にすると…何このハタ坊。他のナイト系と走るモーションは同じで、動きが速いためにそのモーションを早回しにしてるのだが、どうやってもギャグにしか見えない。ああ、動画でアップしたいところだけどなぁ…この衝撃は実際に16階に行って、その目で見てほしい。

 さらに、そういやこんなキャンペーンもやってたっけ、とすっかり忘れていたのだが、

対ギャンブルナイト

 ギャンブルナイトが登場。
 デザインがミラーナイトと完全に同じなので、これはゴールデンミラー(『イシターの復活』に出てくる金色のミラーナイト)か?
 なんか流れで倒しちゃったので、強いのか弱いのかもいまいちわからず。あと、倒すと宝箱を落とし、その中には力の印章 最下級と加護の印章 最下級が入っているようだ。なのでみんな、ギャンブルナイトと戦いながらダイスを振ってたりしてたし。


 そんなこんなで、7周ほどして本日は終了。
 各人がダイスを振り、自分が獲得したのは

ねんがんの きょうかレザーを

 製作図:強化レザー。個人的には一番欲しかったものなので、これは素直に嬉しい。ほかにも価値のあるものが出たみたいだけど、今の自分にはこれが必要だったのだ。

記念写真

 そんなこんなで、いっぱいいっぱいで大変ご迷惑をお掛けしながらも楽しい塔頂でした。ゲストの両氏他皆様には感謝感激。
 宜しければ、またお付き合い願います。


 ちなみにその後、強化レザーの製作図を使ってレシピを覚え、倉庫に塩漬けして置いた約2000枚のレザーを一気に加工してみた。

レザー2000枚消費の成果

 …う~ん、約1/3ってとこ? ハタリの宝箱も使って、成功率を高くしてたんだけど、それでもわりと失敗は多かったしなぁ。それでも今までに比べれば、大きな進歩だ。
 じゃああとレザーを4000枚かっさばけば、晴れて生産レベル6ですね!?

  _| ̄|○

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

処刑してでも うばいとる

 現在愛用しているボーンブレード◆だが、その強さももはや限界に近い。
 一応、強化の伸びしろはまだ少しあるものの、どのみちレベル35になれば、そろそろその役目も終えそうだ(もちろん塔内ではまだ存分に役立つだろうけど)。
 で、レベル35以降の武器に関しても、ちょっと前から着々と準備は進めていた。狙う武器は、片手刀「エクスキューショナー◆」。刀シリーズは器用さが少しプラスされるのが特徴で、これも多分に漏れず器用さが+6される。今使っているボーンブレードの、正当後継にふさわしい武器だ。

 しかし、この武器を生産するには、刀工レベルが6以上必要となる。しかも、今までの生産の経験上、生産物に必要な生産レベルと同レベルの人が生産しても、失敗する確率はかなり高い(実際オーブで何度か失敗したし…)。
 そこで、以前ちょっとお願いをしていたのが、Karinさんと同じギルドにいるという方。刀工レベルが8とのことなので、今日素材を全てお渡しして、代わりに生産していただくことにした。

 …で、結果。

ねんがんのエクスキューショナーを

ねんがんの エクスキューショナーを(略)

 どうにか作っていただいた。
 今度は逆に、この武器を早く活用できるよう、さっさとレベルを上げなくちゃなぁ。あとこの武器も強化しなくちゃならないし、また風のオーブを自分で作って、転倒頻度3が出るまで頑張らなきゃならないし…。まだまだやることは多いなぁ。


【私信】
 ちなみに、あの時お会いしましたのは、2ndキャラです>作っていただいた方。
 2ndは塔周辺を根城としており、3rdがラジャフに常駐中ですので、今回は2ndの出番と相成りました。1stキャラ(つまりいつものMIRROR/G)は…そのうちお会いできればいいですねぇ。
 ともあれ、ありがとうございました。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

パワードランナー

 最近は各地のパワードモンスターを求めて走り回っている。
 前にも書いたけど、とにかくクエは減らせるものならとことん消化して、減らしていきたい。そして、クエのうち繰り返しのないものの多くは、パワードモンスターを倒すことが条件となっているわけだ。
 だけど、同時にパワードは貴重なアイテムを落とすことも多く、そうなるとパワードを狙う人が多い。行ってみたら先約がいることなんかしょっちゅうで、場所によっては順番待ちが出来たりとかしてるしなぁ。そうなると、よほどの事情がないかぎり(エピックを進める必要があるとか)、なんか萎えてしまうのだ。

 今日は昼過ぎあたりに、ユーフレイト東岸でパワードが沸く場所を軽く巡ってみる。すると、

ハイエンドローズ登場

 とある場所に、すでにハイエンドローズが沸いていた。
 見ると、近くでずっとユーフレイトローズを狩り続けている人がいて、その人はハイエンドローズには目もくれていない。なので、せっかくだからとハイエンドローズのお相手を買って出ることに。

対ハイエンドローズ

 なんかちびっこい花も湧き出てきたが、各種タブをかじりつつ無事にハイエンドローズを討伐。これでクエは一つ片付いたっと。

 で、ここが片付いたとなると、ユーフレイト東岸でもう一箇所のクエ関連のパワードが沸く場所にも行ってみる価値はある。
 行くと、やはりライバルは誰もいない。そこでしばらく熊を狩っていると、やがて

デスリークロー登場

 デスリークローが登場。そんなに苦労せずに沸いたのがやや拍子抜けだったけど、ともかくクエ達成のために、お命頂戴!

対デスリークロー

 そうそう、こいつもたしかちびっこいクマ(パピークロー)を召還するんだよな。でも特殊な攻撃を使うでもなし、放っておいてデスリークローを倒すのに集中すればいいか。…そう思いつつ、順調にデスリークローのHPを減らしていき、いよいよそれも残りあと僅かとなったとき。


このあと、とんでもない事態が!!

※一応ネタバレになるので、折りたたんでおきます。



パワードランナー…の続きを読む

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

赤のラプソディー

 えー、厳密には昨日の話。
 旅人さんが時間が空いたということもあって、例の場所に行ってみた。
 それは、

審判の荒野へ

審判の荒野だ。

 ここはレベルでいえば33からの敵が出現するので、すでにレベル34になったキャラにしてみれば、ここで稼いだ方がいいだろう。
 しかし、ソルジャーにとってはここは鬼門とも言える場所。その理由は、

火属性耐性100%

 敵が軒並み火属性の攻撃に対し、100%の耐性を持っているのだ。
 これはつまり、火属性の攻撃では一切ダメージを与えられないということ(気絶などの付随効果は打ち消されない)。そして、ソルの片手武器スキルは、ほとんどが火属性だったりする。現状このレベルで丁度いい両手武器は、なかなか手に入らない状況だし、そうなると誰かとパーティーを組まないことには、ここではマトモに戦うことすら出来ない。

 そんなわけで旅人さんと組んでいったのだが、なにせ二人してここでマトモに戦うのは初めてだったので、

囲まれる

 いきなり敵のど真ん中に突っ込み、囲まれてしまう。危なかった…。

 そして、このマップにはクエの対象となる敵がいくつかいる。
 そのほとんどはレベル34以上の敵が対象なのだが、ナラク側にはレベル33の敵しかいない。だが、とあるクエだけはレベル33のファイアサーペントが対象となっているので、

ファイアサーペントを倒す

 その辺を重点的に倒してみたり。
 まあ時間があまりなかったので、中途半端な数を残してお開きとなったのだが、また今度来ればクエも達成できるだろう。


※オマケ

驚異の5ケタダメージ

クリティカルヒットで驚異の5ケタダメージ達成!?

※注:本当の5ケタダメージ表示がどんなものか知りたい方は、ランドアーチン様に突っ込んでみよう!

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。