ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【番外編】HIGH ROLLER

 さて、赤いテンガロンハットがいただけたことで有名なVIAROSSO
 ゴンゾロッソのオンラインゲームのアカウントを持っていれば、課金ポイントをVIAROSSOを通じて別のゲームに持ち越せたり、ミニゲームに賭けてポイントを増やしたり出来るというサイトだ。

 ここについ数日前から、待望の新ゲーム「ポーカー」が実装された。

ポーカー

 今までは対戦アクションパズルゲーム「たころぉんらいん」しかなく、対戦専用ゲームなのに人がいなくて全然対戦できないので、ほとんど遊べた試しがなかったのだ。
 その点、このポーカーは一人用なので、いつでも気軽に遊べる、ということになる。


 で、今VIAROSSOでティッカーで流れるメッセージに、こんなのが。

ダブルアップへの甘い言葉

 現在「high&Low」が甘め設定中“!?”
 思わず“ビキィ”という「特攻の拓」なみの効果音が脳内にこだまするとこだった。ま、ともあれこのメッセージでは「甘め設定中…かも?」といったニュアンスで我々を誘っているわけだ。

 しかし、ハッキリ言っておくと、

全っ然、甘くねぇ。

 ていうか、じつは俺は元々メダルゲーム大好きな人なのだが、メダルゲームのポーカーのダブルアップより全然えげつない。


 遊んだ上での例をお見せしよう。
 このゲームのダブルアップ方法でもある「ハイ&ロー」は、簡単に言うと一枚目に出されたカードより次(二枚目)のカードは数が高いか低いか、を当てるというもの。一度成功すると、今度はその二枚目のカードと比較して三枚目のカードは高いか低いかを当て、その後も次々とカードの数字の高低を当てていくわけだ。
 よって、途中で「7」とか「8」みたいな中途半端な数字が出ると、ハイとローが確率でほぼイーブンになり苦しい。逆に言えば、「2」とか「3」、あるいは「Q」とか「K」が出たら、それはもう成功が保証されたようなもんである。

 ところが、この“甘め設定中!?”のダブルアップでは、

3の次に2

「3」の次に「2」が出る。
それも何度となく。

 もはや逆に確率も何も無視して「Low」を選んだ方が成功率が高いくらいだ。

 かといって、そうした決め打ちで「3」の次に「2」を引いたとする。
 常識で考えれば、「2」より低いカードはないから、「High」を選べば100%成功するパターンだ。
 ところが、VIAROSSOはそんなに甘くない。


3の次に2の次にJOKER

「2」の次は「ジョーカー」が出る。
ちなみに無条件で負け。


 いやね、「3」→「2」→「ジョーカー」という配牌がね、今日だけで2回あったのさ。普通じゃないだろ?
 まあ「2」の次は「ジョーカー」が100%出るから勝負しちゃいけないよ、というのが“甘め設定”だって言うんだったら、ある意味納得かもしれんけどね。


 とはいえ、じつはこんな事態にも遭遇している。

フォーカードからダブルアップ2回成功

 これ、なんとフォーカードが成立したうえ、ダブルアップに2回成功したのだ。
 100クレジットずつベットしていたので、単純に80倍になっていたのだ…この時点までは。ここで辞めておけばよかったんだけどね…。


 まあ、自分の体験談的には、VIAROSSOのポーカーはこんな感じだ。
 あとは煮るなり焼くなり、各人でご自由にお楽しみ下さい。

 …ま、そもそもVIAROSSOの1000クレジット=RoBの1000GP=100円なんだけどね。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

番外編 | コメント:3 | トラックバック:0 |

ストライプの誘惑

 水曜日はいろんな物が忘れた頃にやってくる。
 今日はといえば、

秘書クーパなりきりセット(ストライプ柄)

 これ、秘書クーパなりきりセット(ストライプ柄)。一部で色々あったようだが、こちらは無事に(?)ストライプ柄が振り込まれていた。それにしてもサーバ障害とかならまだしも、間違えてフツーの秘書クーパなりきりセットを振り込んだ挙げ句、来週回収するから売ったり譲ったりするな、ってのもねぇ…。
 このへんの完全にケアレスなミスが最近多い気がする。人災は極力防がないと、企業なら。

 閑話休題。さっそく装備してみると、

秘書クーパなりきり装着後

 こんな感じ。ストライプとはいえ、そんなに極端なストライプじゃないので一安心。つか、これなら全然ガチャの代用品になると思うし。
 他社作品を引き合いに出すと、『キングダムハーツ』に出てくるジャック・スケリントンは、スーツのストライプ柄に思いっきりモアレが発生してたからなぁ。アレはなんか気持ち悪かった。

 閑話休題。
 で、こういうのが手に入ったら、やっぱり様々なコーディネートを試してみたくなるのが人情というもの。
 ましてや、クーパなりきり系は一式を全部身につけてる人ばっかりなので、パーツを変えたらどんな形になるのか、一度自分でやってみたかったのだ。

 もはや止める者は誰もいない。さっそく人気のない反射池の沼地で着替えてみたところ、

HENTAI参上

うん、HENTAI。


 こういうの、前にもあったけど、どうして男は太腿が見えると途端にHENTAIっぽくなるのであろうか。
 まあ面白いことは面白いので、しばらくこの格好で行くと思います。すぐに飽きる予感もするけど。


 ちなみに、こういうタイトなおしゃれ装備ではよくあることなんだけど、

服ポリゴンの干渉

 やっぱり組み合わせによっては、衣服を貫通しちゃうんだよなぁ。残念。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

やるき~ でろ~

 やる気が出ることを祈願して、ウルク街道の水辺で亀を倒していた。

 亀はそこそこ固い敵ではあるものの、金属系のアイテムをよく落とすのと、今となっては自分ともそこそこレベルの差が開いてきたので、たまに気分転換に倒しに行ったりする。
 あと、ナラク採掘場にいる亀と違って、特殊技を喰らってもダメージだけで転倒しないんだよね。それだけでも、だいぶ気がラクだし。


 で、真の狙いはというと、

対ハードシェル

ハードシェル。

 コイツを倒すクエを請け負っていたので、いつかは倒さねばと思っていた。
 予想通りなかなかに固い敵だったが、ちょうど折良く同じハードシェルを狙う二人組の方がやって来たので、その方々と即席パーティーを組んで討伐。
 個人的にも久々のパワード相手だったので、わりにいっぱいいっぱいであった。SS撮れなかったし。

 ともあれ、討伐は無事に成功し、

取引相手の老人

称号許可証89巻

 こんなものをいただく。


 かくして、無事に

やる気満々

やる気が出ました。


 いやでも正味な話、最近は反射池の沼地で陰々鬱々と地味な狩りばかりの生活だったので、だいぶ心もすさみ気味だったのだ。
 今日は久々にパワードを相手にしたせいか、なんだか久しぶりにドキドキした気がする。

 あ~、まだまだ頑張らなきゃなぁ。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

【番外編】NGワードのお知らせ

 あー、URLを貼り付けられないようにしたからSPAMの心配ないと思ってたら、なんか今度はメアドを貼り付けるSPAMが来始めやがった。

 とてもウザイので、今後コメントにて「@」をNGワードとすることにしました。
 URLと並び、メアドも入力できなくなりますが、ご了承下さい。
 …まあ、別にそれで困る人がいるとも思えないけど。
番外編 | コメント:1 | トラックバック:0 |

答え合わせ

( ´Д`) <ぁ~~~~
( ´Д`) <抽選ハズれた~~~~~
( ´Д`) <ぁぁぁ~~~~

 そんなわけでこんばんわ、相撲に勝って勝負に負けたMIRROR/Gです。…あれ、逆だっけ? まあいいや。ともかく「マイケルフォウ!」、プレゼントはもらえませんでした。
 ていうか、もし今回も賞品は[シャドウマイケル済]の称号だとしたら、前回もらえた人は全員除外されそうだよなぁ…。


 で、前回記事のコメントにも書いたので、ここんとこの「マイケルフォウ!」の答え合わせでも。

【マイケルフォウ!07】
 ついでなので、第1回目にあたる「マイケルフォウ!07」の答えも。

●一匹目
ドルアーガの塔周辺地図

ドルアーガの塔周辺場所

 塔周辺と塔を結ぶ橋が壊れているけど、その塔側にいる。
 ヒントは「浮」「崩」「向」「結」「裏」と、『塔』というワードが出てこなかったのが厄介。自分は正直ヒントでわかったのではなく、たまたま見つけただけなので、実際には説き明かしたわけじゃない。

●二匹目
バビリム平原地図

バビリム平原場所

 素朴な祭壇のそばにある小高い山(?)の、にいる。
 ヒントも「素」「祭」「-2」と明快だったので、場所はすぐにわかった人も多いと思う。ただ、自分はずぅっと周りばかり見てたので、まさか上を見なきゃならんとはすぐには気づかなかった。


【マイケルフォウ!08】
 んで今回の答え。

●一匹目
ラジャフ地図

ラジャフ場所

 ラジャフのまだ建造中の橋、その先の中州にいる。
 ヒントは長いので割愛するけど、まあ前回・今回あわせて一番簡単なヒントだったので、これは見つけられた方も多いと思う。
 強いて言えば、前回の二匹目がバビリム平原-2にのみいて-1にはいなかったのと同じく、これもラジャフ-2にしかいなかったので、-1を捜して諦めた人もいるかもしれない。
 でもまあ、星海の管理人がヒントの中に出てきてるので、そこで気づいた人もいたかもしれないし。

●二匹目
ラジャフ街道地図

ラジャフ街道場所

 これが難航を極めた二匹目。
 まずヒントの「4つ」というのが、

4つ

コレのこと。

 エピック2で調べることになる“原石の岩”なんだけど、これがこんな石柱が4本突き出た姿だったことなんて、覚えてる人は相当少ないハズ。
 また、宿している「輝粒」というのが、

輝く粒

この一文。

 この説明文も、覚えてる人ってかなり少ないよなぁ…。
 そんなわけで、今回の二匹目に関しては、最近エピック2をやった人ほど気づきやすいということになる。先へ進んでいる人ほど、忘れているだろうし。
 加えて、場所がガケのかなり上方で相当近寄らないと見つからないこと、ラジャフ街道-1にはあって-2にはないことなどが、難易度の高騰に拍車を掛けたわけだ。いや自分も偶然見つけられたけど、もし気が向いてこっちに来なかったら、結局わからずじまいだったかもなぁ。


【TIPS】
 これまで何回か行われた「マイケルフォウ!」の、法則というか何というかが2つ。

[1]
捜索することになる場所は、「ラジャフ」~「バビリム西」の間であること。これは対象レベルをそんなに高く設定せず(レベル15くらい?)、敷居を下げてるのだと思う。「黒のオベリスク」「エルブルズの岩穴」「シッパル湖」「ドルアーガの塔」の各マップは、当然ながら対象外。
ただ、もちろん今後どうなるかは不明。バビリム東あたりは、いつ捜索範囲になってもおかしくないし。

[2]
前回・今回のシャドウウルフ捜索系は、必ずスキルが届かない位置にシャドウウルフがいること。たぶん普通に固定の敵を置いているだけだと思うので、プレイヤーが何かして位置がズレるようなことがあってはマズイわけだ。
逆に言うと、普通に足を踏み入れられるような場所には絶対いない、ということになる。もし今後もこういう捜索系があれば、ある程度捜すポイントが絞れるだろう。

 この2点に留意しつつ、次回以降の「マイケルフォウ!」に挑戦してみよう!
 …って、なんで最近の俺はドルマガ宣伝モードなんだろう…。どーせなら[ドルマガ宣伝部長]とかいう称号でもくれないかな。そしたらゲーム内でもウザがられるほどシャウトで宣伝するのに。そして苦情を受けて即アカウント剥奪


※オマケ
 余談だけど、マイケルの置物は

レベル13

レベル13でした。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

輝粒、輝粒って何だ!

 今週金曜日に届いた公式メールマガジン「ドルマガ」のクイズ企画「マイケルフォウ!」で、またも「フィールドのどこかにシャドウウルフを置いたのでSS撮って送ってみろ」的なお題が出された。
 前回それをクリアし、称号「シャドウマイケル済」を見事獲得した俺は、じゃあ今回もお相手してやろうじゃないの、とばかりに挑戦してみた。


マイケルフォウ!08出現ポイント1

 まあ一方は簡単だ。メールに書いてあったヒントが、ほぼそのまま正解みたいなもんだから。
 てかここ、いつになったら足を踏み入れることが出来るようになるんかねー。


 ところが、もう一方を見つけるのにもんのすごい苦労した。
 ヒントはえらく言葉少なく、しかもそのヒントに合致するような場所に、まったく心当たりがないのだ。
 要約すると、「4つの」何かが見える場所におり、かつその「4つ」は「輝粒」を宿しているとのこと。
 つまり、4つの輝く(あるいは光る)何かかと思い、ラジャフのクリスタルっぽいヤツの周辺とか、「輝粒」を麦だと仮定して、バビリム城門で麦畑周辺を徹底的に調べてみたりもした。だがいずれも空振り(そもそも麦畑の麦は、グラフィックの設定いかんでは表示されないし)。

 Wikiを見ながら、マップを思い出しながら、なにか4つ揃ったものはなかったっけとか記憶をたどりながら、「もしやアレのことを指してるのか?」とか余計な深読みをしながら、とにかくあっちこっちを彷徨う。
 だが、そのいずれも徒労に終わり、頭はすっかり疲労困憊。もしやそもそもシャドウウルフの置き忘れ? とか、そんなことまで疑い始める始末。

 …ところがそんな折、偶然にも

マイケルフォウ!08出現ポイント2

見つけタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


 いやー、こっちの方は超ムズイ。そして、言わせてもらえば超ズルイ。たしかに「4つ」「輝粒」だったけどさぁ…。
 しかも、仮にヒントで場所がわかったとて、シャドウウルフはわりと見つけるのに難儀する場所にいたし。俺もよく見つけられたもんだ。
 たしかにヒントどおり、

マイケルフォウ!08ヒント

 こんな言葉をかつて目にしてたんだよね、我々は。こんな細かい部分、いちいち覚えてないだけに、こっちの方はすっごく手間取ったわけだ。

 あと、前回もじつはそうだった(のかもしれない)んだけど、多層化したマップの片方だけに置くっての、やめてもらえないかなぁ…。だったら両方に置いてその旨あらかじめ注意しておくか、最初から多層化してないマップに置くとかしてもらわないと、片側調べて見つからなかったら諦めちゃう人も出るだろうし。


 そんなわけで、今回はプレゼントが抽選で10名に増えてるので、みんなも頑張って捜してみよう!

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ヨンゴー組

 あー、長いことかかったが、

レベル45に

 ようやくレベル45に。
 レベル43→44が2/21だから…約三週間か。つっても、アニメ連動で経験値+30%期間中なうえ、寵愛付けてる(経験値+100%)のに三週間、だもんなぁ。今日だって、最近ガチャでタブが大量に手に入ったので、それを食い散らかしながら頑張った結果だし。
 遊ぶ時間が全然取れなかったり、花粉がきつかったり、とか言い訳は山のように。

 ああ、とりあえずは装備品を一部新調しないと…。

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

インテリ入ってる

 まあまたガチャを回したり回さなかったりしたわけだが。
 すると、ガチャゴールドで青箱が当たり、中からこんな物が。

インテリメガネ

インテリメガネ。

 おお、これはけっこういい物じゃないのか?


 とりあえずかけてみると、

微笑みの貴公子?

 うーん、なんだかとっても微笑みの貴公子
 正直、俺にとってはテンガロンハットの方がいいかな? テンガロンハットと併用できれば一番いいんだろうけど、まあ今のところどちらも頭用のお洒落装備なので、どちらか一方しか装着できないし。


 ちなみに、バビ西でインテリメガネの市場価格を見てみたところ、15銀でも売れ残っているという…。
 んー、意外と人気ないのかコレ?

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

EXTRA PRESENT FOR ME

 ここ最近いただいたプレゼント。

 まず、先日ある事情により、

フェザームーブの古文書:第二章

フェザームーブの古文書:第二章を。

 元々転職直後から、いろんな方から「あげましょうか?」とは言われていたものの、やっぱ自分の手で取りたいなーという気があって、固辞し続けていたのだ。
 だけど最近はもう全然塔に行くヒマとか機会とかもなくなって、一方でレベルもどんどん上がり続ける。こうなると、フェザームーブIIがない方が逆に迷惑を掛けると思ったので、観念して有難く頂戴した。

 …しかし、ホントにスピードが大違いだな!
 これにさらに移動速度向上ポーションSP(移動速度が50%アップ)を使うと、まるで自転車に乗ってるかのように、高速で景色が過ぎてゆく。

フェザームーブII+移動速度向上ポーションSP

ステップの幅も、こんなに広くなるのだ。



 そして本日は、

少年エースセット

少年エースセットと

コンプティークセット

コンプティークセットを。

 先日の記事にも書いた、コミックス特典アイテムのセットだ(厳密には、これにプレミアムチケット1日分×3種がついてくる)。
 装備品の効果でいえば、「Ear cuff of 『COMPTIQ』」はなかなか。「Ring of 『ACE』」もいいんだけど、指にはもっと有用なアイテムを付けてるからね…。
 称号の方は、「強襲のエース」のほうがカッコイイかな。「ナンナ親衛隊」は、マンガ読んだ人じゃないと意味わからんだろうし。


 で、さらに今日はもうひとつのプレゼントが。

称号許可証131巻

こんなものが!

 これ、じつは公式メールマガジン「ドルマガ」に連載中の、クイズ企画「マイケルフォウ!」で当たった賞品なのだ。いやー、いつもはタブとかプレミアムチケットとかの既製品詰め合わせが賞品だったのに、今回まさか称号が来るとは思わなかった。
 しかも今回、これがもらえるのは正解者の中から抽選で5名だけ。
 ということは、

シャドウマイケル済

 この称号をつけてる人は、(今のところ)俺も含めて5人しかいないのか!
 まあカッコイイかどうかはさておき、レアなのは嬉しいところ。もしかしたら、今後の「マイケルフォウ!」でも配られるのかもしれないけどね。


 そんなんで、みんなもドルマガを取ってクイズに挑戦しよう!(お礼がてら宣伝してみた)

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。