ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ドッペルの罠、魔石の罠

 先日、約束したことがあった。
 知人であるBeckyさんがレベル20に到達し、いよいよギルドを立ち上げるとのこと。
 以前、自分らのギルドを立ち上げるべく塔に登ったとき、結果として旅人さんが獲得したメダル一枚分の魔石が余っていたので、それをメダルに換えて提供し、さらに自分の経験とソルジャーとしてのスキルを活かし協力してみよう、という話を持ちかけたのだ。
 ただ、今日はログインが遅くなるのがわかっていたので、少しでもタイミングが悪ければ、今日の協力の話はナシになってしまう。さて、結果どうなることやら…?


 ログインしたところ、Beckyさんらはちょうど塔に登ってる最中。
 もしかして、もうパートナーを見つけて挑んでるのかな? と思い、ささやいてみたところ、そのクエに挑むのはこれからなので、協力してほしいとのこと。もちろん快諾。よし、まずこっちはOKだ。
 そしてリストを見たところ、旅人さんもまだログイン中だった。こちらも無事間にあったので、約束通り魔石をメダルに換えて、それをいただく。

努力のメダル

 いただいたのは“努力”。絆の団旗の交換には、努力のメダルが2枚、友情のメダルが2枚、勝利のメダルが1枚、それぞれ必要になる。なので、仮に間違えて変換しちゃってもフォローがきくように、勝利のメダル以外をお願いしたのだ。
 旅人さんとはここでお別れ。これで条件は寸分の狂いもなく揃ったわけだ。


 急いで塔に向かってみると…パーティーは自分含めて5人。それまで聞いてた話から、てっきり4人パーティーになるものだと思っていたのだが、これだと自分の持ってきた努力のメダルは必要なさそう。
 ともあれ、塔に入って9Fを目指す。

 9Fでは、ほかにドッペルゲンガー!?を倒すクエも同時にこなすとのこと。ドッペルゲンガー!?なら、こないだ倒した実績があるので、とりあえずは9Fの左下、カギのある区画へと向かう。
 …ところが、そこにいたのはドッペルゲンガー!?じゃなかった。ごく普通のメイジゴーストがいるのみ。周囲を見回しても、それらしき姿は見えない。結局、敵に取り囲まれてしまい、やむなく一度仕切り直すことに。
 しかし、ジウスドラの話では「駄菓子屋の店主と同じ姿をしている」というのは確定事項。となると、他のメイジゴースト出現エリアがあやしい。他にもそういう場所があったか、いまひとつ思い出せないのだが、ともあれあちこち巡ってみる。

 途中、何度も取り囲まれてピンチな状況が続いたが、ついにここで見つけた。

こんなところにドッペルが

 場所はマップの右下。そういや、ここも扉の前にメイジゴーストがうろついてるような気がしてた。
 全力でドッペルゲンガー!?に挑み、どうにか倒すことに成功する。そうか、ドッペルゲンガー!?の出現場所は一定じゃなかったのか…。まったく、油断も隙もない。

 その後は、前に魔石を稼いだときと同じパターンで、入口近くでドルイドを引っ張ってはちまちまと倒す。
 倒しつつも、Beckyさんが作る新たなギルド名を、みんなで考えたり(自分も首を突っ込む)。何せギルドの名前は一生ものだからなぁ。まあ自分は基本的にふざけた意見しか言ってないけど。
 そんな雑談とドルイド討伐を経て、約1時間半後。ようやく魔石が10個揃った。これでついにギルド結成に手が届いた感じだ。歓喜と安堵に包まれ、塔を降りる。

 ところが、ここでハプニング発生。
 9Fでは一人を入口近くにずっと留めて置いたのだが、そのキャラだけ、魔石が1個足りない。どうやら、あまりに離れた場所でドルイドを倒すと、その時入手できるはずの魔石が手に入らないようなのだ。うーん、これは仕様なのかバグなのか。
 だが、それも事前に用意していた努力のメダルで、問題なくカバーすることができた。まさに備えあれば憂い無し、藪からスティック。
 かくして、その足でバビリム東へと向かい、自分のメダルと合わせて無事に「絆の団旗」と交換。そして、めでたくギルド結成と相成ったわけだ。自分のお手伝いも、かなり頼りなさげだったけど、どうにか実を結べたようで、満足。余っていたメダルも、役立てることができたしね。


 その後は、エピック8を進めるべく、聖域のニャルガに会いに行く。
 ニャルガのいる場所は、聖域と運命の樹の間、レベル26のハンババに囲まれた奥の方。正直言って、現状(レベル25)はおろか、同レベルでもパーティーを組まなきゃ大変なのは目に見えている。
 だが、ニャルガに話しかけるだけなら、非常にラクな方法がある。それは、

跳躍の書で運命の樹の石碑へワープ

運命の樹を出て、目の前にいるニャルガに話しかける
(動きすぎるとハンババに気づかれそうなので注意)

スタックワープで脱出

 …と、これだけの話。エピック8はバトルがないので、これで山場は超えたわけだ。
 ただ、聖域からバビリム西に戻るのが非常に面倒臭いね…。まあでも、2銀ももらえるらしいからガマンガマン。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<粘り腰 | HOME | スタートライン>>

この記事のコメント

その節は色々とお世話になりましたー
おかげさまで無事ギルド設営と相成りました

また今度遊んでやって下さいね!
2008-08-23 Sat 10:59 | URL | Becky #AEr8pIk.[ 編集]
どうもお疲れ様でした-
決まらないギルド名に横から口出しするのが、いろいろな意味で楽しかったですw

今度はこちらのギルドともいっしょに何かやりたいですねぇ
何かご用命(塔とか)の際は、お気軽にどうぞ~
2008-08-24 Sun 04:49 | URL | GIL #GMs.CvUw[ 編集]

コメントの投稿













コメント非公開の場合はチェック

※業者避けの都合上、URLを含むコメントを受け付けない設定にしております。悪しからずご了承ください。

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。