ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

怪しいアレを探せ!

 夕方頃にログインし、一人でおっかなびっくり神々の古戦場に行ったり行かなかったりしてると、シエーレさんより「パーティー組んだけどソルがいないので、来ませんか?」とのおさそい。
 ホイホイついて行ってみると、レベル20台は自分だけ。あとはシエーレさん含めレベル30台。その面々で、行き先は神々の古戦場を通り越して、ナラク採掘場まで。

対レッドプール

 レッドプールに対して必死にプロヴォーグをかますの図。
 ていうか、スカウトが2人いたので、今回の自分の役回りは、完全に盾。もとより敵のレベルが高いので攻撃は当たらないわ、レッドプールは炎属性に耐性があるのでスキルは通じないわ(ヒートボディの効果そのものは与えられるけど)、もうバトルに突入したらひたすらプロヴォーグをするしかないのだ。
 神々の古戦場ですらおっかなびっくりだったので、ここではもう開き直ってなすがままといった感じ。練達の方々に必死に拙いフォローをして、約1時間半のパーティーは終了。
 …ああ、まだまだ腕を磨かなくちゃな _| ̄|○


 そして20時。なんか毎週末、この時間に集まってるような気もするが、ギルドの面々でまた塔に登る約束をしていたのだ。
 第一の目的は、前回のエピック9完了ツアーに参加できなかったTAKAさんを、13階まで連れて行くこと。これは予習した甲斐があって、ぴったり1時間でミッションコンプリート。
 そして第二の目的は…(以下、ネタバレに繋がるので折りたたむ)


 塔に登る第二の目的とは、コミック連動クエ第一弾がらみ。
 塔の中で“動く宝箱”を見つけてこい、という依頼があったので、そいつを探さねばならないのだ。

みんなで3階

 そのために、みんなでひさびさに1階から登る。みんなで1階から、というのもずいぶん久しぶりだよなぁ。とくに最近塔に来てない人にとっては、1階の倒れてるNPCすら見るのも初めてだったみたいだし。
 で、意外にもTAKAさんがまだやってなかった3階の魔素クエなどもついでにこなしつつ、

怪しい宝箱

 こんな感じで“動く宝箱”を見つけてみた。一応トリミングしてあるので、場所のネタバレとまではなってはいないかと。
 しかし、凶悪な顔してるなぁ。名に反して、まったくもって身じろぎひとつしてなかったけど。


 目的を達成したので、全員でバビリム西まで報告に戻って、パーティーは解散。
 自分はついでにラジャフ村まで戻って、とっかかりの依頼者から報酬をもらうことにした。
 で、その報酬というのが、

報酬二者択一

 この二者択一。
 うーん、これはどうしたものか…としばし悩んだが、現在「帰還の書」を2個持ったまま全然使っていないことと、レベル30に達した人が装備の購入などで金策に大変そうなのを見ているので、2銀のほうにした。

 といっても、その2銀は装備以外のことに消えてしまったんだけどね…(その話は次回の記事で!)
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<需要と供給 | HOME | ころばし屋>>

この記事のコメント

コメントの投稿













コメント非公開の場合はチェック

※業者避けの都合上、URLを含むコメントを受け付けない設定にしております。悪しからずご了承ください。

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。