ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

需要と供給

 さて、前回の記事で「コミック連動クエで得た報酬2銀を、装備以外のことに費やしてしまった」ということを書いたけど、じつは別段なんて事はない。もう少しで生産レベルが上がりそうだったので、この際素材を買ってでも上げてしまおう、と考えたのだ。

 生産の経験値を稼ぐためのレシピといえば、まあだいたい皮か骨に行き着く。骨は砕いた後の骨粉でさらに研磨剤ができるし、皮は骨より生産レベルが高いのでより経験値が出られる、という各々のメリットがある。
 その皮と骨、どちらもユーフレイト東岸で敵を倒せば、6個ずつ入手できるのだ。一度に手に入る個数はマップごとに変わるらしく、例えば聖域で蛇を狩ったときに手に入る皮は、確か4個ずつだったはず。ラジャフ街道あたりだと、1個ずつしか手に入らないので、必然的に素材稼ぎには向かないわけだ。
 とはいえ、真正面から素材を稼ごうとすると、やはりそれなりに時間はかかる(経験値や金も得られるけど)。となると、個人商店で売っている人から買うのが一番手っ取り早い。

 で、どうやら今の骨や皮の相場は、1個11銅あたりがボーダーのようだ。
 これらが1個10銅で売られていれば、まず間違いなくすぐに売り切れる(一度タッチの差で他の人に買われてしまったこともあるし)。一方、1個12銅だと、わりと売れ残るのが現状のようだ。
 とはいえ、1個11銅で買うのがいいのかどうかは、何とも言えない。探せば10銅で売ってる人もいるだろうし、探してる間に1個11銅のを買い占められる可能性だってある。そして品薄になれば、1個12銅だって購入の候補にはなり得る。
 まあ、そのへんは需要と供給で市場が形成されるもので、しばらく経てばまた相場が変わるかもしれない。結局はこまめに個人商店を見て回り、できるだけ安値で買い占めるのが、地道だけど一番なんだろうなぁ。


 それはさておき。
 報酬の2銀で皮や骨を買っては生産を続けたところ、

生産レベル5に

 ようやく生産レベルが5になった。長かったなぁ…(こっちにはあんまり本腰を入れてなかったというのもあるけど)。
 あらかじめ、みなさんからいただいていた装飾のレベル5の製作図を倉庫から取り出し、さっそくレシピを覚える。注目はやはり光のオーブか? もうすでに光のオーブの原石は20個以上あるし、いっそ今すぐ作ってみるのも悪くない。
 早速試してみよう、と思い、そのレシピを確認したところ…

光のオーブ素材

 うぇぇぇぇぇ、風のオーブまでと比べて、使う素材の数が増えてやがる。
 具体的には原石が10個、鋳型が5個、研磨剤が10個、それまでより余分にかかるようだ。鋳型は店売りだから買えば済むし、研磨剤は余りまくっているので全然問題ないのだが、原石はなぁ…こっちはなるべく店売りのを買うのは控えたい。かなりバカにならないお値段なので…。

 そんなわけで、光のオーブ作成は当分先の話になりそうだ。
 しょーがない、また地道に皮と骨でちまちまと生産するか…。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【番外編】ヘンなSSの撮り方 | HOME | 怪しいアレを探せ!>>

この記事のコメント

コメントの投稿













コメント非公開の場合はチェック

※業者避けの都合上、URLを含むコメントを受け付けない設定にしております。悪しからずご了承ください。

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。