ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

希望から失意、そして大逆転へ

【注意】
 今日の日記タイトルの元ネタがわかった人は、かなりのマニアですので気をつけましょう。


 で、昨日のアレがあったあと、じつは単身エピック12を進めるべく、神々の古戦場に行っていた。
 武器はビペンニス◆を+3に強化。オーブを付ける余裕はないけど、これで攻撃力だけなら初代エクスキューショナー◆にも引けを取らない。

 さて、今回経験したギルタブリルプリンセスの発生待ちだが、これがかなり厄介だった。図を作ってみたのだが、

ギルタブリルプリンセス発生場所

 マップ上で赤い線の部分が動ける範囲、赤いがギルタブリル系の発生場所を表す。
 緑色の部分に陣取ることが出来ればラクなのだが、ここに行こうとすると、の位置に沸いているギルタブリルのすべてを引っかけてしまう。のすべてが(恐らく)ギルタブリルプリンセスが発生する候補地なので、なら手前の4体のいずれかだけ狙っていればいいかもしれない。しかし、図の下の方には通常のザコとしてギルタブリル系がウヨウヨしているので、いつ巻き込んでしまうかわかったもんじゃない。
 なので、今回は最初に苦労してのギルタブリル系を全て倒し、の位置に陣取ったのだ。ていうか、ギルタブリル×2を相手にするのを2セット繰り返したので、ちとタブを消費しすぎたけど。

 で、まあ一度この位置に陣取ってしまえばあとはラクで、4つ並んだの位置に沸くギルタブリルは反応しない。一番近くにいる一体だけが反応するので、それを相手にしていけばいいのだ。
 ここのギルタブリル系が沸くのは、実測でだいたい3分間隔なので、それ以外は

朝の踊り

朝の踊りと

夕方の踊り

夕方の踊りと

夜の踊り

夜の踊りが堪能できるのだ
(いや堪能しても全然嬉しくないけど)

 で、そうこうしているうちに、

ギルタブリルプリンセス登場

 ギルタブリルプリンセス登場。あちこちで非常に沸きにくいという話を聞いてたけど、今回は1時間もかからずに沸いた。フォゴットンアーマーの例もあるしなぁ、これは運がいいと言うことだろう。
 ていうか、デカくて強いのみならず、火属性の耐性まで持ってやがるよコイツ!(100%ではないけど。50%くらい?)

手下召還

 しかも体力が少なくなると、ギルタブリル系×2を召還してくる。もうザコに攻撃するダメージも惜しいので、ひたすらプリンセスのみを叩き続け、なんとか討伐。宝箱を開いたのち、すかさず跳躍の書でその場を後にする。

 んでその後色々あって、

ガッツII獲得

 ガッツIIを獲得。
 …しかし、ガッツは使ってはいるものの、ぜんぜん鍛えてないんだよなぁ。只今絶賛プロヴォーグ鍛錬中だし、こっちに気が回るのはいつになることやら。


 そしてそして、昨日のロスト事件を受けて、エクスキューショナー◆を作ってくださった方が早くも二代目を作ってくださった。喜び勇んで受け取りに向かう。
 しかも、受け取ってみると

二代目エクスキューショナー◆

 ロストする前と同じ、+3まで鍛えてあった。
 あぁもう本当に有難いやら申し訳ないやら。・゚・(ノД`)・゚・。 今度は大事にします…。


 さらにその後、Karinさんから不死隊の盾◆をいただく。これは同じ名前の盾よりも、性能が格段にパワーアップしているのだ。もう本当に重ね重ねお世話になりっぱなしで、土下座を上回る土下寝をしたいくらい(だがそんなエモートはない)。
 何かでお返ししたいのだが、自分よりもずっと先に進んでる方々なのでアイテムではとうてい及ばないしなぁ…そう思いながら「何かお返ししたいんですがねぇ」と言ったところ、
 「面白記事で」
 「ネタSSはみんな期待してます」
 …マジですか。

 ならばということで、無い知恵を絞って懸命に考えた結果。


おもしろい画像

「おいよせよ~、お月様が見ているぜ?ウフフフー」


 …今日のところはコレで勘弁してください _| ̄|○


【解答】
 今日の日記タイトルの元ネタは、データイーストの1989年のゲーム『ミッドナイトレジスタンス』の、2面の曲名でした。
 …わかるわけねーよな、普通。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【番外編】BRAND NEW WORLD | HOME | 天国と地獄>>

この記事のコメント

コメントの投稿













コメント非公開の場合はチェック

※業者避けの都合上、URLを含むコメントを受け付けない設定にしております。悪しからずご了承ください。

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。