ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

城門はおおにぎわい

 何となく体調も戻りつつある感じ。
 とりあえずログインすると、ひさびさに旅人さんに会う。なんかここ最近はちょっとタイミングが悪くて、合わずじまいだった感じだ。
 せっかくだからということで、二人でレベル14級のモンスターでも狩ることに。

 今の「バビリム城門」というマップは、とにかく人が多い。
 というのも、レベル12のウィートイーターからレベル15のワイルドブルまでのモンスターがいるので、丁度いま一番多いと思われるユーザー層にとっては、絶好の狩り場になるからだ。つまり、ちょっと前までラジャフ平原で狩りをしていた人々が、そのままスライドして城門で狩りをすることになる。そりゃ混むわけだ。
 そして、この混雑に負けないくらい、今日からモンスターの再POPの間隔が早くなった。
 4月から、毎週水曜日の朝10時~夕方16時は定期メンテナンスになったらしいのだが、そのメンテで「バビリム城門、黒のオベリスクのモンスターの再出現時間を調整」という修正が入った。この再出現時間の調整こそが、倒した数分後にはすぐ復活するという驚異のスピードアップということなのだろう。

 再POPが早くなったことで、とにかくバトルもサクサクと進む。
 だが、それに負けないくらい人も多く(夜9時頃ともなればそりゃ多いに決まってる)、狩り場は微妙に飽和状態。仕方なく、最初はバビリム西のすぐ近くにある丘の上(闘技場みたいなところ)にはじまり、だんだんと北上していくことに。

スケアクロウ狩り

 まあ、こんな感じで。しかし、なんかすごい骨格してるな俺。
 その後も北上を続け、ついにはハードワーカークエを依頼してくる麦農家のいるエリアまで足を伸ばしてみた。
 …しかし、こっちは城門の他のフィールドとは異なり、再POPが全然遅い。なので、再度南に戻り、またもスケアクロウを倒しながら時間が進む。


 やがて自分の武器が壊れ、ちょうど時間も11時頃になったので、旅人さんはログアウト。
 自分もほんの少しだけ稼いでから落ちる。
 少人数で狩りというのも、小回りが利くしなかなか楽しい。今度はもうちょっと時間をたっぷり取ってやりたいなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<レベル15はまだまだ先 | HOME | 顛末>>

この記事のコメント

 コメント、遅くなりました。
モンスターがたくさんわいていましたが、
PTでしたので、とてもよかったと思います。
 次の日は早かったので、お先に失礼しましたが・・また今度ご一緒させてください。
2008-04-12 Sat 07:17 | URL | 旅人 #rmaNT44I[ 編集]
あれだけPOPが多い&早いと、場所取りも面倒ですねぇ。
戦ってる最終にほかのアクティブ系が攻めてこないか、そのへんにまで注意するのがけっこう面倒だったり。
2008-04-13 Sun 05:22 | URL | GIL #GMs.CvUw[ 編集]

コメントの投稿













コメント非公開の場合はチェック

※業者避けの都合上、URLを含むコメントを受け付けない設定にしております。悪しからずご了承ください。

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。