ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

悪夢のクエスト

 ギルなりきりセットにおまけが付いてくるのが昨日までだったことをすっかり忘れてて、買いそびれたMIRROR/Gですこんばんは。
 そして、それと入れ替わるようにドルガチャの上位景品に期限∞のギルなりきりセットが登場。でもなー、10万円出しても手に入らなかったらイヤだしなー。


 それはそうと、今日からアニメとの連動クエストということで、ラジャフの村に「宿屋の主人」が登場する。宿屋の主人というと、アニメの表一話で大(?)活躍をした謎のキャラだ。
 で、やることといえばラジャフの村で主人に会い、話を聞いてからバビリム西の占い師に話しかける。いきなりワールドの端から端までのマラソンか…。やや気落ちするが、こんなものこの後の悪夢に比べればまだ序の口だった。

宿屋の主人 ハーサグの弟子

 左が宿屋の主人、右が占い師。占い師はハーサグの弟子だそう(ハーサグは『ザ ブルークリスタルロッド』で、ある意味攻略の鍵を握るキャラ)。

 で、占い師から「悪夢を解決するには夢の中に入るしかない」みたいなことを言われ、「夢冒険の護符」なるものを託される。これを使って、宿屋の主人の悪夢に入り込み、その原因を解決すればいい、という感じだ。
 早速準備を整えてから入ってみると…(以下ネタバレを含むので記事を折りたたむ)。

夢の塔1F

 夢の塔1F。まるっきり塔の中だ。
 …しかし、自分の姿に何か違和感を抱く。というより、名前を見ると、明らかに誰かと重なっている(よって名前部分はモザイク処理済み)。そう、ここは一見塔の中だが、いろいろな人が同時に入り乱れる、普通のフィールドと変わりない空間なのだ。
 で、目の前には「最高勇者」と言い張る宿屋の主人がいて、先にはアニメ表一話でさんざんおいしいところを持って行ったダークナイトがいる。

最高勇者 ダークナイト

 話を聞くと、どうやら塔の中にいるブラックナイトを倒して、「超重要機密・宿屋の帳簿」というクエアイテムを3個集めればいいらしい。
 ちなみに、クエストの名前が「隣り合わせの塔と青春」だったり、表に通じてそうな扉を調べても「おおっと」とか出たりするなど、なぜかウィザードリィネタが仕込まれていた(本当に脈絡が無くて意味がわからない)。


 …しかし、これが予想を遙かに超える高いハードルだと思い知ったのは、塔内をうろつくナイトを10体倒しても、1個もクエアイテムを落としてくれなかった時。
 とにかく出ない。しかも、ナイトの数や出現ポイントも限られている都合上、ナイトを倒しまくるのも案外難しい。なにせPCがそう広くもないフィールドに多数ひしめいているのだ。必然的に、ナイトの奪い合いになってしまう(ちなみにブラックナイトはかなり弱く、レベルも「???」としか表示されない)。
 中にはパーティーを組めば、クエアイテムが出てきたら全員に行き渡るはずなので、みんなで適当にパーティーを組もう、と呼びかけてる人もいた。だが、どうすればクエアイテムが出るのかがいまひとつつかめてない状態で、闇雲にパーティーを組むのも危険だろう。クエアイテムを集めないことには塔からは出られないし(もしかしたらクエを中断すれば出られるかもしれないけど)、自分は慎重に脱出方法を模索するのが先決だと考えつつ、単独で塔内をあちこちうろつき回った。

 ふと、ここであることに気づいた。
 ナイトの名前を注意深く見ていると、「ブラックナイト」以外にも敵がいるのだ。

ブラックナイトじゃない

 そう、一見ブラックナイトと見てしまう、「プラックナイト」「フラックナイト」という種類。そうか、アイテムを落とすのはブラックナイトだけで、名前に惑わされずブラックナイトだけを倒していけば、脱出の近道になるのか――我ながら目の付けどころがシャープだと言えよう。

 ところが。

 「プ」ラックナイトがクエアイテムを落としやがったorz

 ということは、ナイトの種類なんざじつは何の関係もなく、ただひたすらにクエアイテムを落とす確率が低い、というだけのことだった。なんだその工夫のまるでない内容は!
 結局、塔の奥にいたときにうまいぐあいにナイトが多数出現するポイントで一人きりになれたので、そこで徹底してナイトを倒しまくり、どうにかしてクエアイテムを3個集めることに成功した。

宿屋の帳簿


 それでダークナイトに話しかけて塔脱出のためのアイテムをもらい、ようやく脱出。占い師の目の前に出てきたので、話しかけたところラジャフ村の宿屋の主人に診断書を届けてほしい、とのこと。そして、そのクエの報酬が「イシターの慈愛(1日)」…。


 なんかもう、ひどいとしか言いようのないクエだった。
 クエアイテムの出し方もそうだし、アニメの表一話とからんだクエのハズなのに、なぜウィザードリィのネタが入っているのかという点もそうだけど、とにかく工夫が無い。スタッフは本当に面白いと思って、このクエを作ったのだろうか?
 ともかく時間がやたらかかって、ストレスがやたらたまって、それでいて報酬がまたそれか、という不満ばかりが蓄積するクエだった(ちなみにナイトからはは経験値も何も得られない)。
 それでも、公式サイト曰く「さらに、今後登場予定のクエストも連続して受けることにより、アニメに登場するアイテムが入手可能!」とのことなので、面白いかつまらないかはどうあれ、やり続けなくちゃならないんだよなぁ…。ふう。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Night and Day | HOME | 蛇への復讐>>

この記事のコメント

はじめまして。
ちょこちょこ拝見させていただいてたのですが、始めての書き込みになります。

今回のクエは確かに微妙でしたね。
クエアイテムをもっと出して、モンスターが多ければ少しはマシだったのでしょうけど…ちょっとセンスないと感じてしまいました。
報酬は、課金をあまりしていない私にはありがたかったのですが(苦笑)

また寄らせていただきます。
2008-04-17 Thu 14:25 | URL | 荒井 熊吉 #eQkOdXo.[ 編集]
一晩経ってから見ると、何もここまで怒らなくてもと思える日記でしたが(笑)。
ただ、準備不足で入って来ちゃったために、クエアイテムを手に入れられず塔から出られなくて困惑している人もいたようですので、ちょっとクエストとしては演出にばかりこだわりすぎ、基本が疎かになっちゃってるなぁ、という印象です。

ちなみに「イシターの慈愛」は自分も買ったことはなく、確かファンブックとか雑誌(ログイン)とかに付いてきたのを持ってるので、それでかぶっちゃったわけです(笑)。

またお越し下さいませ~。
2008-04-18 Fri 01:09 | URL | GIL #GMs.CvUw[ 編集]

コメントの投稿













コメント非公開の場合はチェック

※業者避けの都合上、URLを含むコメントを受け付けない設定にしております。悪しからずご了承ください。

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。