ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

助けて助けられて

 レベル16になってから、2回死んだ。
 死因はどっちも同じ。牛を倒そうとしたらついでに狼も引っかかってしまった、ということ。HP・MPが満タンなら、なんとか勝てないこともない。だが、自分の今のペースは牛×2→休憩→牛×2→休憩→…というものなので、2回目の牛の時にうっかり狼を拾ってしまうと、それでもうアウアウなわけだ。単純にこっちが喰らう攻撃数が倍になるうえ、牛に蹴飛ばされてダウンさせられるとその間無防備だしねぃ。
 そんな危険な目に会わないようにするには、プロボークで遠くから牛を引っ張って安全地帯まで連れてくることなのだが、それでも引っ張ってくる最中に不意に狼が湧き出てくることがよくあるんだ、これが。2回倒されたのも、どっちもそのケースだし。

 今日も今日とて、失った経験値をリカバーするためにひたすら牛を狩る。リアルでは洗濯したりしながらの狩りなので、パーティーを組むことができないのが難だが、個人的にはソロの方が身軽でいい。もちろん、パーティーでわいわいと狩るのも好きだが、やっぱりある程度まとまった時間がないと(=週末とかじゃないと)、心置きなく楽しむことができないし。
 で、周りを見てみると、同じようにソロで狩りをしてる人もよく見かける。何となくだけど、お互いの領域というかナワバリみたいなものが出来てくるので、それを侵さないように各自が慎重に動きつつ、粛々と狩りを進める。
 だが、そばにいたソロのドルイドの人が狼と蛇にからまれたとあらば、これは救い出さねばなるまい。必死に狼を挑発し、どうにか片付けてドルイドの人を護ることができた。お礼も言われていい気になった反面、あとで冷静に振り返ってみたら、あの人って狼の方を殴ってたような…ということは、俺は蛇の方をやっつけるべきだったんだな、あの場面は。ふぅ、人助けの道は中々に険しい。

 そして別の場所で牛を引っ張りつつ狩りをしてたところ…またやっちまった!
 今日も同じケースで、牛を引っ張る途中で狼までも引っ張ってしまった。あわててアイテムウィンドウを開き、薬と干し肉を交互に口にしながら先に牛を倒そうとするも、やはりキツイ。ううむ、これで3回目の死か…経験値が…!
 と思ったところで、自分の体を包む白い光と、狼を包む赤い光。なんと、偶然近くにいた方々が俺をヒールで回復してくれ、さらに狼を引き受けてくれたのだ!
 おかげで無事に切り抜けることができ、経験値も失わずに済んだ。ありがとうイシター様!ありがとうあの時の方々!


 …まあそもそも、そんな危険な狩り方さえしなければ、死の危機に瀕することもなかったんだけどさ。でも、そんな狩り方をしないと、とてもじゃないがソロでは経験値は稼げないし。
 ともあれ、やっぱり危機に瀕したときはお互い様、助け合わないとね。MMORPGはそれができるから面白いんだし。


※オマケ
 ずいぶん前に撮影した、死んだときのショット。

死(上から)


死(横から)

 死んでも目を開いてるのは、さすがに気持ち悪い。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<はじめての(?)岩穴 | HOME | Night and Day>>

この記事のコメント

コメントの投稿













コメント非公開の場合はチェック

※業者避けの都合上、URLを含むコメントを受け付けない設定にしております。悪しからずご了承ください。

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。