ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

the Mind of IKRA

Mind of IKRA

 先週いくら丼を注文したのだが、そのプレゼントである「いくらのきもち」が、ようやく届いた。
 装備箇所が防御力とかに関係のない指で、しかも片手に1個ずつ計2個同時に装備でき、なおかつ1個装備につき最大MPが+30、という凄まじいドーピングアイテムだ。

 もっとも、マジックユーザーであるメイジやドルイドならまだしも、果たしてソルジャーにとってもこのアイテムが有用なのか? という点については、些か懐疑的でもあった。事実、今までも戦闘で使うスキルは「プロヴォーグ」と「ヒートスラッシュ1」ぐらいなので、そうそうMPに困るという事態はなかったのだ(ちなみに「ヒートスラッシュ1」のランク5と「ヒートスラッシュ2」のランク1は、攻撃力がほぼ同等でMPが倍違うので、「~2」はほとんど使っていない)。

 そこで、実際に「いくらのきもち」を装着し、ならばと「ヒートスラッシュ2」も併用してみる。
 すると、「ヒートスラッシュ」の1と2を交互に繰り出していると、通常攻撃→ヒートスラッシュよりも攻撃間隔がやや短くなることに気づいた。これは些細なことだが、けっこう使えるかもしれない。例えば敵に囲まれたとき、精神回復剤をガブ飲みしながら「ヒートスラッシュ」の1と2を交互に繰り返しているだけでも、意外と打開策になるかもだ。
 そうだ、この「ヒートスラッシュ」1と2を交互に繰り出すのを、ヒートスラッシュタイフーンと名付けよう! みんながそう呼ぶかどうかは知らないが、俺だけは呼ぶぞ! …心の中だけで!

 ただ、いずれにせよこのアイテムが、宅配範囲が関東近郊のみの店で出前を取らなければ手に入らないというのは、いかがなもんだろうか。いくらタイアップとはいえ、アイテムの有用度を考えると、これじゃ運営が一番忌み嫌うところのRMTを推奨するようなもんだけどなぁ。キャンペーン終了後にドルガチャに紛れるとかなら、まだ救いもあるかもしれないけど。
 アイテムとしての有用度はわかったが、結局「いくらのきもち」とやらは、今もってわからないままだ。


※オマケ

橋の上の妖精さん

 迷いの森にある橋の欄干の上に、妖精さんが!?
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<森でモテモテ | HOME | 紫の領域>>

この記事のコメント

コメントの投稿













コメント非公開の場合はチェック

※業者避けの都合上、URLを含むコメントを受け付けない設定にしております。悪しからずご了承ください。

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。