ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

目を見ちゃいけません!

 昨日がどれぐらい眠かったのかというのは、うっかり記事のタイトルを付け忘れたところにそれが現れている。
 てか他のブログだと、タイトル付け忘れたら警告されたりするところもあるんだけど、fc2はOKなのね。


 昼過ぎにログイン。昨日はバビ西で落ちたので、クエをクリアするならこのまま村に戻ればいい。
 でも、エルブルズの岩穴でスケルトンを倒して骨を集めるクエを請け負っており、骨も半分くらいは集まっていたので、いっそのことクエクリアに必要な分だけ集めてみよう、と決定。よってそのまま岩穴へ。

 …岩穴でばったりシエーレさん、旅人さんと出会う(フレンドリストで岩穴にいたのはわかってたけど、もっと奥にいるものだと思ってた)。急きょ3人でパーティーを組むことにし、とっとと自分の骨を集めた後、経験値を稼ぎに3人で奥の方へ。
 とはいえ、さすが土曜の昼間、どこに行っても人だらけ。マップで言うところの右上に行っても左上に行っても、人が多くてとても稼ぎにはならない。ならばと下の方へ向かう。そう、以前連れてってもらい、ランドアーチン様遠巻きに眺めたあの場所だ。

 そこに向かう最中、とある情報がもたらされる。
 あの触れただけで昇天確実というランドアーチン様、なんでもアクティブではないらしい。まあイメージだけでしか決めてないけど、いかにもアクティブそうだからなぁ、ランドアーチン様
 しかし、それを実験するには、掛け値無しに死を覚悟する必要がある。もしその情報がガセだったら…もう目も当てられない結果になるわけだ。だけど、この先にもマップがある以上、どこかのタイミングで横をすり抜けなきゃ先には進めないしなぁ。とりあえず、各自跳躍の書(or帰還の書)を手に握りしめて、先へ進む。

対ランドアーチン1

 しかし、この道がランドアーチン様だけだったらまだいいのだが、それ以外にもたくさんモンスターはいるのである。
 とりあえずランドアーチン様の機嫌を損ねないよう、慎重に慎重に近づきながら一匹ずつモンスターを引き剥がし、遠くまで引き連れてきてからタコ殴り。この繰り返しで、遅いながらも掃除は順調に進む。

対ランドアーチン2

 それでも沸いてくる敵達。しつっこいなぁ…と、掃除していたところ、なんか遠くにいたはずのランドアーチン様が、もうかなり近くまで接近してきている! いかん、ここで絡まれたら昇天確実!
 あわててバンパイヤを速攻で片付け、やがてゆっくりと近づいてくるランドアーチン様を尻目に、全員壁に張り付いて息を潜める――

対ランドアーチン3
ビ キ ィ ! !

 すごい睨みを利かせながらも、ランドアーチン様は何事もなくそばを通り過ぎていった。あわてて奥に走り抜ける一行。思わず息を止めてたというシエーレさん、生きた心地がしなかったという旅人さん。かくいう自分も、口から心臓が飛び出そうな思いでランドアーチン様の動きを見守っていた。ああ恐かった…でもこの緊張感、さすがランドアーチン様といったところか。

 その後、謎の石碑などを見つつ奥に進み、最奥部に到達。

謎の像

 何かのネタバレになるといけないので、暗くて見づらい画像をチョイスしてみたが、最奥部には何やら像がある。
 この像は果たして何のためにあるのか、その正体は――それがわかるのは、たぶん相当先の話なのだろう。
 んで軽く狩りをし(レベル22のグレーターエルブンバンパイヤが出現し、それを狩りに来てる人もたくさんいた)、そろそろ夕食時だったので戻って解散することに。

 あ、もちろん帰り道でも、

対ランドアーチン4
ビ キ ィ ! !

 どーでもいいけど、時々動きを止めたりピクッとしたりするのは勘弁してくださいランドアーチン様。そのたびに脳内で効果音が鳴ります。マジで心臓に悪い…。


 その後いろいろやってから落ち、夜に再度ログイン。
 ここでKarinさんにお誘いを受け、迷いの森のフンババクエを手伝ってもらうことに。しかし、さすが土曜の(略)、POPするモンスターの奪い合いという状況に。
 2時間ほど狩りをして、クエアイテムも半分ほどたまる。パーティーが隅々に注意を払いつつ、誰かがフンババを見つけたらみんなでそれを叩きに行く、という戦法は面白かったなぁ。フォーメーションを切り替えつつ(実際にはそんなもんないんだけど)、状況に応じて柔軟に自分の立ち位置を変えていくというのは、頭を使うので非常に楽しい。塔の中なんかは、とくに頭を使っていかないと太刀打ちできないし。それが塔の楽しさの秘密、かな。
 …ただ、自分がパーティーの一員としてお役に立てたかどうかは、果てしなく微妙だけど。もっとソルジャーとして腕を磨かなくちゃなぁ、とは常々思う。

 あと、この過程でソロでは到底行けない、迷いの森(聖域)に行ってみた。

聖域でやる気を見せる

 入口でやる気を見せる俺。
 しかし、すでに主立った場所にはPCが張り付いていて、とてもじゃないけど稼ぎは無理そうだったので早々に退場。無念。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<翠緑脚 | HOME | タイトルなし>>

この記事のコメント

コメントの投稿













コメント非公開の場合はチェック

※業者避けの都合上、URLを含むコメントを受け付けない設定にしております。悪しからずご了承ください。

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。