ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Photogenic

SSコンテスト告知

 もー、何度も何度も告知が来るので、仕方なく応募することにした。
 …というのはウソで、もともとこういうネタに知恵を絞ることは好きなので、むしろ望むところである。
 ただ、今回は「エモーションを使用した面白いSS」というレギュレーションが決まっているので、普段このブログで晒しているような脳天気なSSでは応募できない。まあ、応募してもクリティカルヒットとかは確実に落とされるだろうけどな!

 で、知恵を絞った結果、ひとつネタは思いついた。ただ、それには自分一人ではムリで、他の方々の協力が必要となる。そして昨日、なんとか協力者は集められたので、いざ撮影…の前に、そのSSが確実に撮影できるのかどうか、自分一人で実験してみた。
 結果は…ダメだったorz
 何がダメなのかというと、SSというのは撮影者が常に中心にいるということ。このため、全員を入れようと遠くから撮影しても細部がわからないし、近接するとほとんど自分しか写らなくなってしまう。こりゃSSだから仕方ないけど、結局目論見は外れてしまったわけだ。
 あと、皮算用になるけど複数人で撮影したSSが入賞したとして、それで得られた賞品をどう分配するかだよなぁ。このへん注意事項には特に記載はないけど、どうなるんだろうか。

 それはともかく、その後一人用のネタを考え、本日それを撮影してきた。
 入賞するかどうかはわからんけど、とりあえず応募だけはしてみるつもり。ネタ師としては、ともかく参加あるのみ!


※オマケ

インベントリウィンドウの俺

 撮るだけ撮っておいて、ずっと出すのを忘れてたネタ。
 インベントリ(アイテム)ウィンドウ内の自分は、右クリックしながらマウス操作で横方向に回転できます。無論、倫理上タテ回転は不可能。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<迷宮入り目前(激闘編) | HOME | 牛の歩みなれど>>

この記事のコメント

コメントの投稿













コメント非公開の場合はチェック

※業者避けの都合上、URLを含むコメントを受け付けない設定にしております。悪しからずご了承ください。

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。