ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

奥の院逃げ

 昨日と今日の二日分をまとめて。

※注:本日の記事より、画質優先のため一部png画像を使用します。とくに問題がないようであれば、今後はjpgとpngを併用しますので、あらかじめご了承下さい。


【7/17】
 エルブルズの岩穴の左下、ランドアーチン様を超えた先の地点で、黙々と狩り。
 グレーター(略)バンパイヤがたくさん出てくる地点なのだが、ここに人が集まると、やっぱりそれなりの欠乏状態にはなる。でも、狩り場荒らしみたいなのはいなかったし、それぞれの領分を守って時には譲り合って、なおかつ獲物は逃さないという狩りにはなった。
 ただ、相変わらずレベル23のグレーター(略)バンパイヤに対しては、回復タブを一匹に1個使わざるを得ない。攻撃が空振りしてばかりで、どうしても倒すのに時間がかかってしまうのだ。一度だけ、タブを使わずに倒すことに成功したが、それとて残りHPは1ケタだったというギリギリの戦い。
 どうあれレベルがひとつ違うだけで、段違いの苦戦を強いられることになってしまう。

 武器も壊れたので適度に切り上げ、バビ東でアイテムの整理といくばくかの生産。
 と、そういえばアニメ連動クエ第5弾が、このバビ東で受けられることを思い出した。そのクエを受理しに向かったのだが、内容というのが、

ローパー踊り?

 アニメ連動って、そこを連動するのか!
 その後少しのお遣いを経たあと、最終的には聖域でレベル24のローパーを相手にせねばならない模様。ま、これは最低限、レベルを上げてからだな。


【7/18】
 今日は同じ岩穴の奥でも、右上のほうに行ってみる。ここはKarinさんのアドバイスだ。
 なにせ左下に比べると、道中が短くてスゴい楽。これで出現するのが同じようなモンスターというのなら、コチラの方が断然良い。
 たどり着いてみると、先客が何組かいる模様。でも、こちらもグレーター(略)バンパイヤは大量に出現するし、3~4組程度ならそんなに取り合いにもならない。ここでじわじわと狩りを続ける。

 ところで、この場所は坂を登ったところにあり、なおかつ一部の通路は先が切り立った崖になっている。
 そして、その場所から何が見えるのかというと、

崖の上から

 まあ知ってる人も多いが、岩穴のスタート地点から向かって左側に進んだ通路を見下ろすことができる。当然ながら、下からでも視点を上に向ければ、崖のギリギリにいるキャラクターなら見えるわけだ。
 ちなみに、ターゲットを合わせることはできるが、そこから攻撃したりすることはできない。崖の上からスライムを挑発して、崖を登らせたりできれば面白かったかも、ねぇ。

 しかも、今日は偶然にも、

挑発する遠藤★ 戦う遠藤★

 下の通路に遠藤雅伸★さんが来てて、経験値稼ぎをしていた。なんかここからだと、ミニチュアフィギュアみたいで面白い。

 あと、昨日はレベル23のグレーター(略)バンパイヤに手こずっていたが、今日はその打開策を見つけた。簡単な話、ヒートスラッシュタイフーン(意味はココ参照)をやれば、うまくいけば自分のHPをある程度残したまま、体力回復のタブレットのお世話にならずとも倒すことができる。
 ただし、ヒートスラッシュタイフーンは逆にMPの消耗が激しく、必然的に精神回復のタブレットの方を使わざるを得ない。まあでも、今はこっちの方が余りまくっているし、あと意外に片手剣(トルクフルブレード)の耐久度が減らないので、しばらくは両手斧よりもこっちの戦法を使っていこうかな。もちろん、失敗したら体力も精神もタブを使わざるを得ないんだけどさ。


 そんな感じで狩りを進めていたが、いかんせん今日はリアルで飲酒してきてからのプレイなので、途中で猛烈に眠くなってしまった。
 今日はレベル23まで、残り経験値を1/3ぐらいまでにはしたかったんだけど、眠気に負けて途中でリタイア。
 しかし、これから夏の暑さが本格化していくと、ますますもって熱帯夜に部屋に籠もってネトゲなんて、苦しくなる一方だな…。そんなバテバテの時期に経験値キャンペーンというのも、なかなか罪な企画だ(まあ本来は学生の夏休み合わせだろうけど)。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<岩穴観光案内 | HOME | 飛躍の刻>>

この記事のコメント

コメントの投稿













コメント非公開の場合はチェック

※業者避けの都合上、URLを含むコメントを受け付けない設定にしております。悪しからずご了承ください。

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。