ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM Report

各地で痛々しく暗躍している、MIRROR/Gの『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM』プレイ日記。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

フランキー・マーティンを探せ!

 ログインする前にドルガチャに挑戦したが、相変わらずタブしか当たらない…(ほかにローパーの極太触手つきエモ巻物は当たったけど)。
 ムカついたのと、そろそろレベルアップ間際だったので、その大量のタブをヤケ食いしつつグレーター(略)バンパイヤを倒しまくる。その甲斐あって順調に経験値が貯まっていくが、あとちょっとのところで無念のタイムアップ。

 何のタイムアップなのかというと、今日は21時からイベントが行われるということだった(メールマガジンで告知があった)。
 いったんバビ西に戻り、荷物を整理した後、メールに書いてあった「バビリム西の入り口」で、いつもの面々と合流。
 やがて21をちょっと過ぎた頃、こんなシャウトが来る。
「バビリム輸送隊第3部隊隊長 フランキー・マーティン :あー、この中で輸送隊の手伝いをしに来てくれた者はここに来て「正座」をしてくれ~。
 とのことなので、

wktk

wktk
(↑フォントの関係で急きょ画像に差し替え)


 …しかし、正座したはいいものの、バビリム西の入口付近にその「バビリム輸送隊第3部隊隊長 フランキー・マーティン」の姿は見えない。
 結局、ここに正座をしてていいものか? フランキー・マーティンはどこにいる? 「ここ」ってどこよ? というシャウトが飛び交うが、いっこうにイベントが始まる兆しが見えない。
 と、そうこうしているうちに他のPCから「凱旋門跡スライム大量」というシャウトが入ってくる。なんと最初に正座をさせられてから15分放置されたうえ、異変を教えてくれたのは運営側じゃなくPCだ。うーん、なんというイベント。

大移動

 いっせいに移動する一同。
 そして現場に着いてみると…今回もスタンスライムとスタンスライム(大)。うーん、結局ここ最近のイベントとやることは同じってことか。

スタンスライム(大)と…?

 とはいえ、今回は事前告知があったせいか、参加人数はかなり多い。
 …あれ? なんか遠くにあるぞ?
 スタンスライム(大)を倒したのち、その「なんか」の方に向かってみると…

上半身が埋まった兵士
おとりになった兵士ィィィィィィィ!!!

 一見グロいが、じつは上半身が埋まっただけっぽい。

 その後もどんどん北上しつつ、さらにはラジャフ平原に舞台を移しながら、スタンスライムの大きいのと小さいのを倒し続ける。
 しかし、参加人数も多けりゃスライムも多いので、とにかく重い。重すぎて画面表示が追いつかないわ、思った方向に動けないわ、もうスライムを倒すどころじゃない。
 そうこうしているうちに、ようやくスライムは全滅。こないだも出てきた「任務後結婚するはずだった兵士」が消失し、約一時間(正座時間は除く)でイベントは終了した。
 …なんか、楽しかったは楽しかったけど、結局これまでのイベントとそう大差なかったからなぁ。メルマガで告知してたから、もっと大がかりでしっかりしたイベントを期待してたんだけど。
 そして肝心の「バビリム輸送隊第3部隊隊長 フランキー・マーティン」は、ついぞ最後まで姿を見ることは叶わなかった。最初に正座をさせた意味も、結局不明なままだったしなぁ。なんか、何かをやろうとしてトラブルが起きたというオチのような気が、すごくするのですが如何か。


 イベント終了後は解散し、再度岩穴に籠もって数十分。

レベル24に

 はい、ようやくレベル24になりました。
 レベル22→23が7/21だから…またも約二週間。すっかりこのペースが板に付いてきた…のか?
 ただ、今日のタブ食い散らかしプレーがやはり一番効率が良かったので、今後もこのパターンで頑張るしかないのかなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:ドルアーガの塔 the Recovery of BABYLIM - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【小ネタ】通るぜ(by 範馬勇次郎) | HOME | ローパーずくし>>

この記事のコメント

コメントの投稿













コメント非公開の場合はチェック

※業者避けの都合上、URLを含むコメントを受け付けない設定にしております。悪しからずご了承ください。

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。